2019年08月12日

がっこうぐらし! 邦画DVD

がっこうぐらし! 邦画DVD 2018年公開

 前知識なしで観始めました。中学校ものかと思ってずっと見ていましたが、高校でした。13分経過したあたりでいきなりゾンビ映画に変化しました。ゾンビに噛まれたらゾンビに変えられてしまう。
 話題になった邦画「カメラを止めるな」を思いだし、ゾンビ映画の撮影風景が思い浮かび、映像に感情移入することはできませんでした。それよりも、最近あったアニメ制作会社ビル放火事件と重なるような映像で驚きました。学校の倉庫にどういうわけか、大量のガソリンが保管してありました。多数の焼死体の映像が流れました。なにかのめぐりあわせかと、そちらのほうで不気味な気分になりました。

 5人の若い女性が中心になった映画です。
 観始めてしばらくして、学校で寝泊まりしているから「学校暮らし」なのかと合点がいきました。なぜかというと生徒たちがゾンビになってしまって、5人のまだ人間である女性たちが、学校から出ることができなくなったから。
 とっぴすぎて、自分はついていけない映画でした。撮影風景を想像してしまうので、怖くありません。いきなり、飛び出してくることは予測できます。
 「ころんでもへこたれない」とか「あきらめない」が心情の柱です。
 映画のなかの脅威は燃え尽きましたが、見ているほうは不完全燃焼でした。  

Posted by 熊太郎 at 05:43Comments(0)TrackBack(0)DVD・映画