2016年01月31日

きのうの影踏み 辻村深月

きのうの影踏み 辻村深月 角川書店

 ホラー(恐怖小説)の短編集です。13本もあります。長いもので20ページぐらい、短いものはほんの数ページです。ゆっくり、時間をかけて読むのがいい。恐怖を味わうのです。
 掲載された雑誌が、「メフィスト」、「Mei(冥)」、怪談実話系などです。いずれも読んだことはありません。そういう本があるんだ。
 さて、小説は、都市伝説が連続します。怖い。

「十円参り」女子3人の三角関係のなれの果て。消滅させる行為は殺人のようでもある。不気味です。
「手紙の主」前の話と関連があるようにとれる。消えた人物からの手紙だろう。
「丘の上」作者自身が出産したのか、赤ちゃんネタが続きます。
「殺したもの」作品群は、商品です。洗練された(推敲すいこう・見直しが繰り返された)特上の商品です。
「スイッチ」、「私の町の占い師」、「やみあかご」、「だまだまマーク」、「マルとバツ」、「噂地図」、ここまで読んで、ばけものは、そばにいるし、そばにいても、かまわないじゃないかという悟りに達しました。
そして、最後の作品「七つのカップ」には、しみじみしました。同作者の作品「ツナグ」を思い出しました。交通事故死した小学生の娘の霊に会いたい母親です。

 中高生女子を対象とした文章、文体です。先週読んだ同作者の「朝が来る」は大人向けのものでした。作者は、器用です。

 わからなかった言葉として、「メシュガー:スウェーデンの音楽バンド、ギターに特徴があるらしい」、「攫われる:さらわれる(単に漢字を読めなかった)」
 気に入った表現として、「目に見える範囲の世界にしか創造力の及ばない子ども時代」


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
子どもの頃、流行っていたおまじないは、嫌いな人、消したい人の名前を書いた紙を十円玉と一緒に十日間続けて賽銭箱に投げ込むことだった。ある日、子どもたちは消えた子どもについて...
「きのうの影踏み」辻村深月【粋な提案】at 2017年11月03日 11:20
この記事へのコメント
楽しく読みました。
ホラーにしても幻想にしても読みやすかったです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
Posted by 藍色 at 2017年11月03日 11:22
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 

過去記事