2015年01月14日

フォルトゥナの瞳 百田尚樹

フォルトゥナの瞳 百田尚樹(ひゃくたなおき) 新潮社

 出足が良かっただけに、惜しい。結末まできて、うーん。どうかなあ。
 この作家さんの文章は早読みができるので、5時間ぐらい、1日で読みました。読ませる興味を呼び起こす力は強い。
 他人の死期がわかる。(書中の表現では、他人の死の予兆が見える)昔、社会福祉の仕事をながらくしていた頃、クライアントの寿命が読めるようになったことがあります。読み始めでは、そのことを思い出しました。書中では、病院、医師の類似の話が登場します。
 以下、読書の経過です。
 主人公木山慎一郎28歳。4歳の頃、自宅火災で両親と妹を失い施設で育つ。中卒後、定時制高校に通いながら働き、今は、高級車のコーティングの仕事をしている。舞台は神奈川県川崎市、横浜市周辺です。以前何度か訪れたことがあるので、身近でした。
 はじまりで、就職口がなかなか見つからない木山をとおして、現代の世相がかかえる課題を扱っており、いい本にあたったかなと思わせてくれました。遠藤社長のセリフ、学歴で車は磨けないがよかった。
 読み進めるワクワク感があります。自分の好みの物語世界です。
 このあと同様の事例を並べて、そのあとどうもっていくのか。身近な人の死につなぎ、最後は亡くした家族の話もしくは、主人公自身の話につなげるというのはどうだろうか。
 予知能力をもった者は、自分が死に神に思えてくるだろう。仏教の世界。巡り合わせ、「縁」。
 その能力を活用して、富豪になってゆくのか。
 その能力は、人を殺める(あやめる)ことにも使えるようになるだろう。
 出し抜かれたような展開になったが、洋画ゴーストが頭に浮かんだ。
 展開を予測できなくなってきた。
 話題が恋愛に流れたのはどうか。理屈っぽくなってきて、素材の魅力が低下してきました。
 後半に向かって、不気味さは、増してきました。情に流されるのか。流れはその方向へ向かっている。読み手も主人公と一緒に迷うし悩む。外を出歩かずに、ふとんにもぐってひきこもっていた方がいい。 
 本格派の小説ではない。アイデア伸ばしの虚構想像。女性像に固定観念があります。女性が女神になってしまっています。
 疑問が残った部分として、指輪が戻った理由(なんとなくはわかる)、とある人の死因が不明。
 自分の考えとしては、「運命」というものは、途中経過で何がどう変化しようと、迎える結末は変わらないと悟っています。
 ラストシーンで、自発的にこうする人はいない。何かの縛りがほしい。


この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
幼い頃に家族を火事で失い天涯孤独の身となった木山慎一郎は友人も恋人もなく、自動車塗装工として黙々と働くだけの日々を送っていた。だが突然「他人の死の運命」を視る力を手に入れ...
「フォルトゥナの瞳」百田尚樹【粋な提案】at 2016年01月26日 12:55
この記事へのコメント
2日ほどで読み終えてしまうほど、一気に読破してしまいました。
面白い展開と予想できない内容でした。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
Posted by 藍色 at 2016年01月26日 13:05
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい