アクア・トトぎふ 世界淡水魚園水族館

 高速道路を運転中、年に数回、東海北陸自動車道の川島パーキングエリアで休憩をとります。ここに水族館があることを知っていましたが、今回初めて中へ入って見学をしました。
 なかなかいい。力がこもった充実の淡水魚水族館でした。
 外国の巨大魚は、人間を食べそうなぐらいのど迫力がありました。
 見学者は、若いカップルやちいさなこどもさん連れのファミリーが多い。若い人を見ると自分も若返るような気分になる年齢になりました。











  

Posted by 熊太郎 at 08:03Comments(0)TrackBack(0)岐阜県
紅葉 岐阜県多治見市 永保寺

複数の知人から観光地ではないけれど紅葉が美しい寺があると教えてもらいました。
中央道多治見インターをおりてまもなくでした。
駐車場は踏み切りに向かって左右にあります。右側の駐車場の方が空いている確率が高い。
拝観料はいりませんし、特段のおみやげ屋もありません。

紅葉が大変美しいところでした。
別の知人が、紅葉は有名地に行かなくてもどこにでもあるよとつぶやきました。
山々を抜けていく中央道でもカラフルな木々の葉がフロントガラスいっぱいに広がっていました。



ことに、池に移った周囲の光景がきれいです。
肉眼で見るとそうでもないのですが、カメラで撮影するとくっきりと見えます。






お寺のシンボル(象徴)ともいうべき、おおいちょうです。
樹齢700年ぐらいなので、鎌倉時代後期に植えられたものでしょう。


















帰路は竜泉寺というところにあった入浴施設に立ち寄りました。
若い男女のデートスポットにもなっているようで面白く思いました。
入浴後、首・肩・背中・腰・足をもんでもらい疲れがとれました。
しばらくは泊まりの旅行へ行けそうもないので、観光地1か所+日帰り温泉を楽しむつもりです。  

Posted by 熊太郎 at 19:20Comments(0)TrackBack(0)岐阜県
寝覚の床(ねざめのとこ)

浦島太郎さんが、ここで玉手箱を開けたという伝説があります。
大きな亀が、ときおり水面にぷかーと浮かんできて、首を出してくれたらいいのになあ。



ここまで、来る途中に、国道19号線から見えた山々です。木曽の御嶽山(おんたけさん)方向です。
夏の光線で、空気中まで、ピカピカに光っています。



木曽川沿いに「読書発電所」という建物を見かけました。どくしょとは読まないのでしょう。(調べたらヨミカキハツデンショでした。おどろきました。)  

Posted by 熊太郎 at 19:45Comments(0)TrackBack(0)岐阜県

2010年07月19日

野麦峠

野麦峠

北アルプス乗鞍岳の山麓(さんろく)にて、いつものように道を間違えて車で迷っていました。道路わきの小さなスペースに車を止めたところ、そこが野麦峠であることがわかりました。



昔、映画で「ああ野麦峠」というものがありました。
おんぶされた病気になったという設定の女優さんが「飛騨(岐阜県高山市)が見える」と言った場面しか覚えていません。






悲しくて苦しいことばかりではなかったと思うのです。
楽しいことやうれしかったことだってあったと思うのです。
女工さんたちはこの峠をみんなで合唱しながらはしゃぎつつ歩いたと信じたい。
そうでなければ、人生はやりきれない。  

Posted by 熊太郎 at 21:56Comments(0)TrackBack(0)岐阜県

2010年06月21日

ビッグバンドジャズ

ビッグバンドジャズ

豪雨の日曜日でした。
野外音楽堂で、午後0時から午後4時まで、ビッグバンドジャズを聴きました。
場所は、岐阜県にある花フェスタ記念公園です。
建物の壁が無いので、横から雨粒の細かいしぶきが顔をなでていきます。
時おり雷鳴も響いていました。

























映画”スウィングガールズ”は何度も繰り返し見ました。
ビッグバンドジャズのCDも買って何度も聴きました。
その後、スウィングガールズのメンバーによるジャズ演奏のCDも買いました。
そして、がっかりしました。演奏がかなり下手だったからです。
やっぱり、役者さんは演奏家ではなかったのです。  

Posted by 熊太郎 at 23:21Comments(0)TrackBack(0)岐阜県

2010年06月13日

フラダンス

フラダンス

岐阜県にある日本昭和村で見ました。
同行の妻が映画「フラガールズ」を思い出すねと話しかけてきました。
低迷する炭坑産業地(福島県)を復興させるために炭鉱労働者の娘たちがダンサーになる物語でした。常磐ハワイアンセンターがモデルでした。



まだ小学生だった頃、栃木県の山奥に住んでいたことがあります。
冬休み前になると、クラスメートたちが「ハワイアンセンターに行く」とはしゃいでいました。
わたしは貧しい暮らしをしていたので、そこへ行けるわけもなく、行きたいという気持ちもなく、そもそもハワイアンセンターなるものが、なんなのかがわかりませんでした。  

Posted by 熊太郎 at 22:18Comments(0)TrackBack(0)岐阜県
過去記事