2019年08月25日

そらのレストラン 邦画DVD

そらのレストラン 邦画DVD 2019年公開

 たとえば、アジア各国の人たちが映画鑑賞者の対象で(とくに韓国の方)、北海道への観光客誘致が目的の映画ではなかろうかと思った次第です。
 出だしは、沖縄を舞台にした「カフーを待ちわびて」に似ている。UFO話は、ドラマ「北の国から」の原田美枝子先生を思い出します。
 冒頭付近からしばらくかなり長い間、正直、おもしろくありません。山場みたいなシーンがありますが、既視感があります。
 北海道の雄大で美しい映像に頼りすぎではなかろうか。
 料理は、サラダごはんのようなものばかり。叱られるかもしれませんが、量が少ない。太らないための健康食です。おいしいものをおなかいっぱい食べたい。たまの観光旅行なら、たらふく、腹がちぎれるほど食べたい。
 動きのあるサングラスの男の人(有名シェフ)はつまらない。
 チーズ職人が突然椅子から崩れ落ちるのは違和感が大きい。不自然。
 ギャグバラエティ映画ではない。
 美しくて、おだやかな、動植物の自然探訪(たんぼう)物語です。おとぎ話でもあります。  

2019年08月24日

世界の果てまでイッテQ! DVD

世界の果てまでイッテQ! DVD Vol.1と2

 テレビ番組ですが、観たことがありません。DVDで観てみることにしました。

「鳥人まつり 2007年 メキシコトトナカ族 宮川大輔」
 やらせ疑惑の報道がありましたが、テレビ番組というものは、加工してあると思って見ています。目的に沿って(視聴率をとる。広告料を得る)、テーマを決めて、企画して、台本をつくって、撮影して、目的に沿うように内容を加工する。見る方は、その前提で見る。
 旅番組かと思っていました。タレントさんが体を張って、無理だと思われることに挑戦する番組でした。
 高さ35mの鉄棒にのぼって、くるくるまわりながらさかさの体制でおりてきます。儀式です。最初はどうなるのかと思いましたが、できました。すごいなあ。楽しめました。

「世界一癒される場所ってどこ 南米ガイアナ協同共和国 カイチェールの滝 手越さんと小学生の男の子」
 過酷です。標高1500mの場所は暑いそうです。小型プロペラ機で空を横切って、細いカヌーをこいで川を進んで、絶景の滝に着いて、ロープで岸壁にぶらさがる。
 怖い思いをするのが、この番組の趣旨なのか。

「人食いザメでワサビがおろせるか 出川哲朗さんと黒川智花さん オーストラリア」
 サメをいじめているように見えました。なんだかへんな企画。おもしろいのだろうか。

「世界一暑いところにいたら24時間でどれだけやせられるか 森三中 サハラ砂漠 チュニジア」
 ラクダとともに砂漠を歩きます。大島美幸さん81.1kg 村上知子さん63.9kg 黒沢かずこさん65.5kg やせたというより、体内の水分が少なくなっただけのような。
 砂漠の朝方、涼しい時に出てきた生き物たち、フェネックとかがかわいかった。

「珍獣ハンター イモトアヤコさん対インドネシアコモド島のコモドドラゴン(恐竜みたい)」
 オーディションシーン(たぶんあらかじめ勝者が決まっている)からおもしろかった。イモトさんが若い。21才。別人みたい。
 全体をとおしてですが、笑いをとる番組でもないみたい。世界の風景美を楽しむ番組でもない。旅番組でもない。バラエティか。

「24時間で何か国旅行できるの? 西ヨーロッパ」 ベッキーさん
 そんな無茶なと思いながら観始めました。オランダ→ベルギー→スイス→スペイン→フランス→モナコ(国だと思っていませんでした)→イタリア。各地で、観光、食事、お土産体験をします。
 最初のオランダ、チーズがらみがおもしろかった。木靴が良かった。あとは、とにかく忙しい。2007年当時に広く流通していたデジカメがなつかしかった。

「世界で一番盛り上がる祭りは何祭り イギリスグロスター チーズ祭り」 宮川大輔さん
 斜面からの転落の勢いあり。ころがり落ちていきます。ケガします。(ねんざされました)
 チャンピョンになる条件は、「あたまがおかしいこと」、笑いました。
 最初にころがるチーズの位置は関係ないようです。チーズを捕まえる競技ではありませんでした。1レースごとに1位の人がチャンピョンでした。宮川さんの2位はたいしたものです。35度の斜面、180メートルを12秒でくだれればチャンピョンだそうです。

「恐怖のバンジージャンプランキング ニュージーランド」 イモトさん
 最初は、オークランドのスカイタワーの上からジャンプです。タワーは328mの高さ、スカイイウォーク(歩く)のが、192mの高さ、そのあたりから降りる。
 5位が、ハーバーブリッジ、橋げたの下から40mです。現地スタッフが日本語で「とびます」がおかしかった。イモトさんはすごい。見事でした。
 4位が、スカイスクリーマー(遊園地の乗り物みたい)、3位が、レッジバンジー、クィーンズタウン、だんだんマンネリ化してきました。宇宙飛行士を職とする人だったらなんともないんだろうなあとか、イモトさんもだんだん慣れてくるんじゃなかろうかとか。ところが、イモトさんは何回体験しても慣れないようです。されど、割り切りとふんぎりがいい。2位のチェア(椅子と一緒に落ちていく)は、スタートがかかってから2時間30分後にようやく飛び降りたそうです。すばらしい。
 1位がカワラウバンジー、頭が水面に着きます。なんだか、ニワトリ料理みたい。

「世界最大級の灯籠流し(とうろうながし) タイ」 オセロ松島尚美
 精霊流しとか灯籠流しは川や海ですが、タイの場合は、空へ浮かびあがっていきます。
 ハチの巣からろうそくをつくり、別途、紙すきをして神をつくり、手作業で、空にうかぶ灯籠を5000個つくって飛ばします。
 午後9時の暗い空に大量の灯籠があがっていきました。

*DVDを2枚見ましたが、自分には合いませんでした。のんびりした旅先の風景映像を観たいので、これ以上見るのはもういいかなあという気分です。  

2019年08月23日

出川充電バイク 奈良県十津川村から熊野古道

出川充電バイク 奈良県十津川村から熊野古道、熊野三山、和歌山県那智の滝がゴール テレビ放送


 山の中の田舎です。あいにくの雨です。ゲストは、狩野英孝さんです。神社の息子です。
 BGMのミュージックがナイスです。もう、記憶から消えていた歌が流れ始めて、ちょっぴり郷愁にひたれます。
 充電量が0%に近くなったときの「やばいよ、やばいよ」の表示もおもしろい。
 全体的に暗い雰囲気のつくりに見えるのですが、通りすがりの人たちの笑顔が明るい。こどもたちも可愛い。
 92才のおばあさんがよかった。お元気です。
 狩野英孝さんの神社のお参りのしかたもわかりやすかった。
 温泉「つぼ湯」はかなり熱そうでした。

(次回へ続く)

 爆笑しました。
 那智勝浦町の地元民の大歓迎がすごい。ゲストの言葉にもありますが、素朴でいい町でした。平和です。
 まぐろ屋食堂の大将が、「まずかったらお金はいりません」がカッコイイー。まずいわけがありません。おいしそうー。
 スイカヘルメットの兄と妹、お母さんの部分がおもしろ楽しかった。「少女」を「少年」と間違えたところが笑えました。
 ゲストのスピードワゴン小沢一敬さんによる飴「那智黒」を紹介するコマーシャルは昭和50年代によくテレビで観ました。なつかしい。東京人間の出川さんが全然知らなかったところも番組的にはおもしろい。
 冒頭の川湯温泉は本当に川原にある温泉でした。
 新宮市でのご家庭で、迷惑そうだった奥さんが、スピードワゴン小沢さんの相方井戸田潤さんのファンで、電話で彼と話がつながって、ハンバーグギャグをやったとたん表情が豹変して奥さんに受けたのが愉快でした。
 ロケは2月中旬の寒い頃だったようです。太平洋の海原の色がきれい。
 出川哲朗さんの人柄(まじめ)と景色シーンがいい番組です。  

2019年08月22日

サムライマラソン 邦画DVD

サムライマラソン 邦画DVD 2019年公開

 映画を観終わったあとの爽快感がありません。
 最初から最後まで暗い雰囲気が続きます。せつなさがただよいます。
 ゲーム画面を見ているようでした。物語をつくりそこねたのではないか。役者の味わいも出ていません。
 史実に基づいて、とある藩の「遠足(とおあし、マラソン。15里ですので、60キロぐらい)」大会を描く。日本マラソン発祥の出来事だそうです。だから、最後のシーンに違和感があります。大河ドラマいだてんのイメージもあります。オリンピックのコマーシャルだったのか。
 黒船来航開国話を背景にして、隠密(スパイ)の話と、江戸に出たい雪姫の話、足の速い足軽の貧しい生活を送る家族の話などが同時進行していきます。
 日本刀はあのように振り回せないし、拳銃のシーンはいらなかったのではないか。鉄砲玉は、撃っても、あんなに簡単には当たりません。
 突然の刃傷沙汰(にんじょうざた)、首切りシーンはむごい。殺し合いが続きます。BGMの音楽で、感情を引っ張っています。
 黄金色に輝く農地の風景は美しかった。  

2019年08月15日

おしん 少女時代 DVD1巻~4巻

おしん 少女時代 DVD1巻~4巻 1983年 昭和58年

 有名なドラマですが、放映時間中は、働いていたので見たことはありません。いまさらですが、初めて見ます。

第1巻
 「おしん」という名前の人だと思っていたら違っていました。「しん」でした。田倉しん(たのくら・しん)83才から映像はスタートします。山形県最上川上流にある寒村の生まれ育ちを回顧します。
 嫁姑のごたごたした力争いがあるようです。スーパー田倉の躍進の影に地元商店街の閉店不満もあるようです。さらに、大規模スーパーマーケットの進出がからんでいるようです。
 あれやこれやで、田倉家は、ドラマのなかの現代である昭和58年も明治33年の昔も大所帯です。
 ちょっと予想とは違っていました。最初は、満6歳の子ども時代だけで、子役さんだけの登場だと思っていました。ドラマのなかで、昭和58年と明治40年がいったりきたりします。
 銀山温泉のさらに山奥にある故郷を訪れます。雪に埋もれて、ボロボロのあばら家になっている家がおしんの生まれ育った家です。
 昭和58年の電話機はダイヤル式で黒電話です。
 内容が、理屈っぽい。
 明治時代のほうは、貧乏なのに子だくさんです。子どもは労働力の時代です。描かれている奉公は、今の時代から見れば、児童虐待だし、人間扱いされていないし、学校教育の権利を奪っています。半世紀ぐらい前は、読み書きができない人は表立ってはわかりませんでしたが、そこそこいた記憶です。
 おしんの気持ちの強い反発が涙につながります。
 ドラマなので、話をつくってあると思うのですが、学校に行きたいというおしんの希望はかなえてあげたい
 おしんの父親役の伊東四朗さんが若い。娘を売りに出したので憎まれ役、悪者役です。
 山形名物の「こけし」が83歳のおしんが家出をしたときの伏線になります。
 このドラマが放映されてから30年以上が経過しました。地域によりけりですが、三世代家族、四世代家族は減りました。おじいさん、おばあさんとの触れ合いがないままおとなになる人も増えました。高齢者が増えた今、高齢者サービスの提供をする若い人たちが老人とのふれあい不足で、うまく仕事をやれない部分もあるのだろうと観ながら思ったりしたのでした。

 調べた単語などとして、「むつこい:山形弁でかわいそう」、「口入れ屋:奉公人のあっせん業」、「ごしゃがれる:方言。しかられる」、「めらし:女、おなご」、(このあと肝心なところで方言のセリフが出るのですが、聴いていて意味をとれませんでした。方言使用は逆効果ではないか)、「もっけでがんす:ありがとうございます」、「じょっさねなっし:なんてことない、簡単」、「ぼんぼ:あかんぼう」、「ほんてん:どうして、なぜ」、「大根飯:だいこんめし。米と大根を同量ずついれて炊く」

 あんなに奉公人をいじめたら、奉公人がメンタル病になってしまう。病気になった奉公人はどうなったのだろう。違約金支払って実家へ戻しなのでしょう。

第2巻
 数え7歳で奉公先のあかちゃんを背中におぶって小学校へ登校です。奉公先のあかちゃんの母親がどうして乳飲み子のめんどうをみないのかが不思議でした。それでも、理解ある教師のおかげで登校できて良かったと思いつつ、教室であかちゃんのめんどうをみることは無理ではないかと心配していたら予想どおり他の児童から迷惑だと抗議がありました。
 奉公先の材木店奉公人女性おつねさんが厳しい。ただ、彼女自身もそう教育されたのでしょう。
 おしんは、よく働きます。かぞえ7歳とは思えません。気も強い。ドラマ北の国からの黒板蛍ちゃんのイメージでいましたが、ぜんぜん違います。
 おしんを突き放す人がいれば、拾う人がいます。男優先、女は卑下、長男優先、次男以下は追い出し、いろいろと不平等な社会制度です。
 せんべつに祖母からもらった50銭銀貨はいずれもめるもとになると思っていましたが、予想どおりそうなりました。ただし、おしんが奉公先を勝手に出てしまうことは予想できませんでした。人から人へと渡り歩きながら成長するロードムービー方式だろうか。
 おしんを助けた中村雅俊さんは憲兵に撃ち殺されてしまいました。
 古いものの考え方から脱却することは大変です。いくら反対してもがんこに拒否されますが、たいていは、やがて、新しい考え方に変わって、古い考え方は過去のことになります。時勢にはだれもさからえません。
 ドラマとしては、悪役をどう描くのか(父親、おつねさん)で、内容が引き締まります。

第3巻
 つくり話なのでおおげさなところもあります。誇張のため、観る人によって、好き嫌いの評価が分かれるような気がします。
 時代錯誤的な部分、児童虐待とおもえるほどのいたぶり、あまりにも悲惨で目をそむけたくなるシーンもあります。
 昔の人は教育に関心が薄かった。目の前の日銭をどれだけ稼げるかが主目的の日々を送っていた。いちにもににも、「カネ・カネ・カネ」です。こどもを上級の学校へ通わせることはむだなこと、とくに女子の教育には反対だった。
 ブラジル移民の話が出ます。移民すれば幸せに暮らせると主張する伊東四朗さんはこの当時よくこの役を引き受けたと思います。移民は過酷だったと思います。船でブラジルに行くまでにおおぜいが亡くなったと本で読んだことがあります。役柄とはいえ役者個人のイメージが悪く思われるのではないかと心配になります。このあと出てくる米問屋の自分の娘を甘やかすばか夫婦の役者さんも好演です。
 米問屋のおかみさんのセリフ、「(おしんを)いたわってやれ」の温情に胸が熱くなります。
 おしんは、まっすぐな性格設定で気持ちがいい。
 「こけし」が伏線です。身代わりこけし。こけしを母ちゃんだと思え。

 おしん役の子役さんは上手です。

 昔の食生活がよくわかります。

第4巻
 最底辺の生活を体験したおしんが、奉公先で、最上級クラスの生活を体験します。おしんにとっては、驚きの連続です。身分差別があります。教育を受けることの不平等があります。男女差別があります。奉公先の同い年の跡取り娘と学力競争です。
 おしんのど根性には感心しました。
 対立する相手との共生があり、そこには、仕返しという言葉や行為はありません。
 少女時代全体を通して、昔は確かにあったけれど、今の日本人に欠けている心持ちが表現されていたと感じました。なにもかもがマニュアル化されてしまいました。
 むかしむかしは、「あきらめるしかない生活」がありました。

*少女時代だけを見終わったところですが、理屈で物語を考える訓練になる作品だと受けとめました。登場人物のみなさんが、自分の思っていることをしっかり話されます。現実にはなかなかそういうことはありません。

(その後)
 イラン人女性が書いた本を読みました。おしんは、イランでも放映されていた人気ドラマで、子どもの頃におしんを観て、ふき替えなので、日本人がアラビア語をしゃっべいて、日本人はアラビア語をしゃべれると誤解していたそうです。また、アニメの「みつばちハッチ」を見て、日本のハチはしゃべるんだと思っていたそうです。  

2019年08月13日

太川・蛭子の路線バスの旅 日光東照宮~会津若松

太川・蛭子の路線バスの旅 日光東照宮~会津若松 TV2019年7月25日放映分

 ゲストは村上佳菜子さんです。やばそうなメンバー構成です。途中いつものようにいろいろとトラブルがありましたが、たどり着けて良かった。
 過酷です。いったんやめた企画ですが、視聴者の関心が高い番組なので復活したのでしょう。3泊4日から1泊2日に短くして、途中、タクシー利用も可能にして、以前よりは条件的に楽になりましたが、基本的に「歩く旅」がつきまとうのは、路線バスが衰退化している昨今の事情によりしかたがありません。
 車だったら20分で行けるところに、路線バスを乗り換えたり、歩いたり、バスが来るのを待ち続けたりして、何時間もかけて向かって行く。今読んでいる本「モモ」ミヒャエル・エンデの児童文学で提唱されている「人間の心をやすらかに保つためのスローライフ」に通じるものがあります。
 判断に迷う時は、太川さんが判断するのですが、やはり、番組的に挑戦ルートを選択することになります。そうすると、歩く区間が増えます。村上さんはスポーツ選手ですから大丈夫ですが、71歳の蛭子さんにはつらい。番組の途中で、「だから辞めたいと言ったのに辞めさせてくれない」と嘆きます。
 120kmを1泊2日、12本の路線バスに乗車して制覇しました。お疲れさまでした。車で走れば時速60kmだと2時間で着きます。
 バスが山間部や農村地帯を横切るように道路を走って行くわけですが、風景を見ながら、日本中どこへ行っても似たような風景が広がっているという、どこを切っても金太郎あめの模様がでてくることを思い浮かべます。効率化していくと、さいごは同じ地点にたどり着きます。そして、いなかは人口が減って、高齢化が進んでいます。都会では、テクノロジーが進化し続けていますが、いなかでは時がどこかで止まったままです。さきほどの児童文学「モモ」のことが頭に浮かびます。小説では、人間はむだな時間を削減していくたびに、人間らしさを失っていくという警告がありました。