2019年12月08日

旅バラ 太川&蛭子 鉄道VS路線バス 青森八甲田山

旅バラ 太川陽介&蛭子能収 鉄道チームVS路線バスチーム 盛岡~青森八甲田山ロープウェイ乗り場 テレビ番組

 青森県の八甲田山ロープウェイには2回行ったことがあるので、現地の車での山登りの道は知っています。そんなこともあって、最初に聞いたときは、鉄道チームの勝利確実だと思いましたが、チェックポイントを通過しなければならないということや、鉄道チームは、鉄道、タクシー1万円、徒歩が移動手段で、八甲田山を徒歩で登るのは相当の時間がかかると思い、路線バスチームが勝つと予想しました。
 意外な結末でした。太川陽介さんのチーム(蛭子さん、南明奈アッキーナさん)は、運もよく、なにより、太川さんがミラクル連発で、スムーズな乗り継ぎが続き圧勝の雰囲気でした。対して、鉄道チーム(スギちゃんがかなりのブレーキ的存在でした。鉄道マニアタレント司会者村井美樹さん、元AKB西野未姫さん、対立がきつく、三人仲間割れの雰囲気)だったのに、結局、タクシーが功を奏して、山道を歩くことなくゴールされました。びっくりしました。勝負事はやってみないとわかりません。
 競争形式にして、スリルもあって、いい企画アイデアだと思いました。ただし、蛭子さんが歩くことを嫌がって、この番組は、次回12月25日で最終回になるそうです。蛭子さんはもう72歳ぐらいですから休ませてあげたい。蛭子さんに変わるユニークな人を代わりの相方にして、この対決方式で、太川さんががんばってほしい。
 以下は、おもしろかった蛭子さんのコメントです。
① 「とりあえず(バスに)乗ってしまう。あとは、どうなるか、知らん」
② とんかつは、タレをつけたあと、皿の上に置いておく。(あとで食べる)
③ (バスの乗り換えが、太川さんが一所懸命なおかげで順調です)「なんとなく、うまくいっているだけ。(番組としては)おもしろくない」
④ (旅館に予約の電話を入れて)「相手がオレの名前を言っていたけど(最初に自分で名のったことを忘れている)」
⑤ (海鮮が苦手で嫌い)「(かつ丼のかわりにいくら丼をいやいや食べている)これを煮てもらったほうがいい」
⑥ (太川さんが負けたことを残念がっている)「真剣だったのか」蛭子さんはギャラがもらえて、とにかくロケが終わりを迎えられれば、特段ゴールできなくてもいいやと思っているときが見受けられます。人間の本音が出ていておもしろい。

 太川さんの気持ちの強さがすごかった。途中、バスの中で、ヘッドランプをつけて、拡大レンズをとおして地図をじっと見る姿に圧倒されました。
  

2019年12月07日

出川充電バイクの旅 しまなみ海道広島県尾道~愛媛県今治城

出川哲朗充電バイクの旅 しまなみ海道広島県尾道~愛媛県今治城 テレビ番組

関東地区2019年7月13日放送分

 ゲストは、たんぽぽの川村エミコさんです。免許取り立てで、この番組のために取得したそうです。
 尾道の風景は、現地に行ったことがあるので記憶が残っています。
 番組は、台湾ラーメン、レモン鍋を食べて、お寺さんを見学して、地元の人たちとふれあって、宿泊してと順調に進んでいます。
 どこに行っても見物の人たちが多い。NHKの「鶴瓶の家族に乾杯」も見ているですが、鶴瓶さんは、こどもにとっては近づきにくいのか、鶴瓶さんのほうから子どもさんに近づいていくのですが、出川さんのほうは、こどものほうに安心感があるのか、こどものほうから出川さんのほうに、やばいよやばいよとか、でがわー、とか言いながら近づいていきます。

(次週へ)

 見落としてしまいました。  

2019年12月06日

しくじり先生 名作漫画のしくじりから学ぼう キン肉マン

しくじり先生 麒麟 川島明 名作漫画のしくじりから学ぼう キン肉マン テレビ番組

 深夜放送の「旅猿」を見たいと思い立ち、テレビの外付けハードディスクを購入してきてセットしていたところ、「しくじり先生」も放映されていることに気づいて、録画して視聴しました。

 「キン肉マン」というマンガの内容に不具合があるという紹介から始まって、こどもたちを楽しませたいという目標のために、きちんとやらなくていいという手法に落ち着くまでの創作者の温かい気持ちが伝わってきました。読んだことはありません。こんど読んでみます。

① 15巻で、「ジェロニモ」だったキャラクターが、17巻で、「アパッチ」というキャラクターに変化している
② 擬音の表示が、「スパーンのスに半濁点の゜が付けてあって、本来は存在しない文字になっている。よって、読めない」
③ キャラクターの顔が途中で変わる。
④ 720あるキャラクターのうちの700は、読者からの募集によるもの。

 以上のような笑い話が続きました。

 変なところが記憶に残る。それが、いい思い出になります。過去の失敗が未来においては笑い話になるようなものです。
  

2019年12月04日

M-1ぐらんぷり2005 DVD

M-1ぐらんぷり2005 DVD

 優勝はブラックマヨネーズ

「笑い飯」 西田幸治 哲夫 633点
 うまい。おもしろかった。知らない人に声をかけられたから始まって、最後は、最初のシーンに戻って、ズボンのファスナーの話で落とします。小学校の下駄箱で靴を隠された話を、「ないな、ないな」の連発で、しゃべくりバトルみたいに仕上げていきます。勢いがあって、活気にあふれていました。

「アジアン」 馬場園梓 隅田美保 564点
 女性の上位進出者が少ないので、女性の参加はいいことだと思います。
 体形の話から名前の話、早口言葉(すもう力士のしこ名)。リラックスできて軽くおもしろかった。

「南海キャンディーズ」 山里亮太 山崎静代 552点
 出演前に、「優勝したら結婚します」と冗談だと思いますが、宣言があります。優勝しなくて良かった。点数はそれほどよくありませんでした。しずちゃんが、子ども番組で歌を歌いたいから始まります。幼稚園でのいじめです。歯みがき上手だなの対象者が98歳というところがおもしろかった。お通夜みたいな終わりかたでした。

「チュートリアル」 徳井義実 福田充徳 622点
 点数はそこそこ良かったのですが、自分には合わない内容で、笑えませんでした。バーベキューに行きたい福田君です。ものを串焼きにする順番、ピーマン、玉ねぎ、エリンギ、トウモロコシ、鳥肉のパターンを延々と繰り返す内容でした。

「ブラックマヨネーズ」 小杉竜一 吉田敬 659点
 デート先で、ボウリングです。吉田さんの怒り芸です。かんかんに怒ります。小学生のけんかです。ああ言えばこう言う。最後は、「皮膚科の先生に相談する」がオチです。勢いの固まりです。

「品川庄司」 品川祐 庄司智春 626点
 コンビ結成10年。死にたくねーという芝居です。あまりピンときませんでした。

「タイムマシーン3号」 山本浩司 関太(せき・ふとし) 571点
 デブネタです。ぜったいすぐ死ぬがおもしろかった。デブ専用遊園地、両国、モリクミ、安西先生もよかった。珍しい漫才のパターンだと思いました。

「麒麟」 川島明 田村裕 646点
 プロ野球ネタです。川島さんの声がいい。アホ、家のリモコン、最後もバッチリ決まりました。おもしろい。

「千鳥」 大吾 ノブ 607点
 日本男児、幕末ごっこでした。勢いがありましたが、それほどおもしろくありませんでした。

〇決勝
「麒麟」
 4年前に別れた彼女がストーカーになったから、ファッションモデルの話になり、スーパーモデル田村となります。勢いはありましたが、のってない感じでした。

「笑い飯」
 誕生日、ハッピバースデイツーユーの歌を繰り返して歌います。口げんかになって、マリリン・モンローが登場して、ラストのクライマックスにつながっていきます。おもしろい。ただ、マリリン・モンローを知らない世代も増えてきました。

「ブラックマヨネーズ」
 街でからまれる。格闘技を習う。いつも行っている皮膚科の先生に助けてもらう。
(優勝したあと、小杉竜一さんが、自分は母子家庭で育ったので、母親に感謝しますというようなことを言われて、ほろりときました)
  

2019年12月03日

R-1ぐらんぷり2007 DVD

R-1ぐらんぷり2007 DVD

 タイムトラベル、過去への旅です。
 優勝者は、なだぎ武さんでした。

〇土肥ポン太(どひ・ぽんた) 35才
 新年会宴会での大ビンゴ大会です。道具を使ってぼけます。ヘッドフォン、トイレのすっぽん吸引棒、ヘルメット、鈴、刀、「祭りのハッピ∔バスの回数乗車券∔めんつゆ」で、ハッピバースディツーユーとつなけたのが軽いノリでおもしろかった。本人の職業として、八百屋さん。

〇徳井義実 32才
 おもしろかった。スリランカ人になりきって、最初の部分は下ネタですが十分な笑いをとっていました。動作と声色(こわいろ)でお客さんを笑わせます。田所おじさん、オムライス、明太子スパゲティ。ひとり芸で人を笑わせるのは大変だと思いました。今回は、準優勝でした。

〇大輪教授(おおわきょうじゅ) 32才
 数字と笑いのコラボレーションです。難しい部分もありますがおもしろい。ホワイトボードを置いて、書いて、ケーシー高峰さんみたい。

〇友近(ともちか) 34才
 ピザ屋さんの店員。あいかわらずおもしろかった。

〇ウメ 28才
 同じ紙芝居の絵で、何パターンもの物語を語ってくれました。ときには、逆めくりもありました。初めてそういう発想の芸を見ました。無理はありますが、おもしろかった。「だるまさんがころんだ」のところが愉快でした。

〇やまもとまさみ 33才
 小学校の先生役で、修学旅行のシーンです。顔や全身にマジックで落書きがしてあります。眠っているあいだにいたずらをされたという設定です。裸にまでなったので驚きました。日常生活で銭湯に行っているということを聞いてまた驚きました。大道芸を見るようでした。

〇バカリズム 32才
 蝶のお面をつけた歴史の先生らしい。イニシャルトークというらしい。頭文字をアルファベットに変えます。織田信長を「0だNなが(おーだえぬなが)」と言います。なにがおもしろいのかということになるのですが、なにかしら、不思議におもしろいのです。知識がないとちんぷんかんぷんでしょう。

〇なだぎ武 37才
 アメリカ人俳優を演じました。ビバリーヒルズなんとかでした。松崎しげるが肌の色が黒いというところがおもしろかった。日本人俳優と外国人俳優の似ているところの比較がおもしろかった。審査員は、「間(ま)」が良かったとほめていました。
 経歴を見てほろりとくるものがありました。中学でいじめにあってもがんばって学校へ行ったけれど、中学卒業後にひきこもりになって、17歳の正月に映画館で、映画「男はつらいよ」渥美清さんが演じるフーテンの寅さんを観て、あんないいかげんでも生きていけるのなら、自分でも生きていけると精神的に立ち直ったという部分でした。

*全体を通じてですが、ひとり芸なので、なにがそうさせるのか、なにか思いがあって、ひとりでやっているのだろうと理由を考えました。楽しそうにやっておられますが、特典映像を見るとけっこう苦しそうでした。  

2019年12月02日

きみはいい子 邦画DVD

きみはいい子 邦画DVD 2015年公開

 小説は読んだことがあります。母親が幼児を集合住宅の密室で虐待する内容でした。
 映像は、終始暗い雰囲気ですすんでいきます。観ているほうの気持ちも沈みます。
 家庭環境に恵まれない子どもばかりです。こどものために歯を食いしばって戦ってくれるおとながいない。児童相談所も頼りない。学校も事なかれ主義の人ばかり。こどもが逃げ込む場所がいります。
 そのうち、子どもは闘うことを覚えます。そして、親はこどもに負けるときがきます。子どもは学校を卒業すると家を合法的に出て行きます。
 荒れた教室の映像を観ていると、とりあえず、(子どもたちが)生きていればいいという気持ちになります。
 後半に近づくに従って、じーんと感動の波が近づいてきます。
 映画を観たなーという気分に浸れました。今年観て良かった1本です。
 ちっちゃな子どもが、「がんばって」とおとなの背中をとんとんしてくれる。
 母親の役目は、子どもに優しくすること。優しくすれば、子どもも優しい子になれる。
 クライマックスのシーン、宿題として、家族に抱きしめられてくることの報告会が良かった。ハグの体験を、ひとりひとりから聞く。小学4年生の設定でした。
 近所のおばあさんの言葉が尊い。自分にはこどもができなかった。こどもを預かると、「すぐに迎えに来ますから」と言われる。すぐに来なくていいのに。
 こどもの頃に虐待を受けていた母親が、同じようにこどものときに虐待を受けていて、いまは自分の娘を虐待している別の母親の虐待行為を止めます。ふたりとも、こどものときは、虐待の被害者です。虐待することを止められて、ほっと安心した母親が言います。「こんなに(人から)ほめられたのは初めて。どこにいっても謝ってばかりだった」
 暗くなっていた気持ちに勇気を与えてくれる映画でした。
 映像で、大きな窓から見える山の斜面に並ぶ家々の風景が温かい。「きみはいい子」というタイトルは、こどものときに虐待を受けて、気持ちがゆがんで、自分が産んだこどもに虐待行為をするようになった母親に送る励ましのメッセージなのです。きみはいい子だから、もうわが子を虐待するのはやめようねという優しいメッセージなのです。


読書感想文 2013年2月23日 きみはいい子 中脇初枝 ポプラ社
 本屋大賞候補作10作品目の読書です。
 読み始めはなんとも暗い気持ちになりました。「きみはいい子」-「ぼくは悪い子」-だからママはぼくを叩く。児童虐待が素材のお話でした。頼るべき親から暴力をふるわれるかよわき女児・男児の暮らしぶりです。自分も親から虐待されていたから自分も自分の子どもを虐待するというあきらめを肯定する心の弱い親たちには、怒りをとおりこして、どうしてという疑問にかられ、だからといって、どうもしてあげられない無力感にさいなまれました。
 舞台は横浜の近くの最近宅地造成が進められた「烏ヶ谷(うがや)」、新興住宅地という設定です。冒頭付近ではそこに住む人たちを「寄せ集めの住人たち」と称しています。街に歴史がありません。人につながりがありません。これからです。これからですが、先行きは明るくありません。5編の短編に関連性があります。
「サンタさんの来ない家」悲しくなってくる物語です。教師になりたての男性岡野匡(ただし)が気の毒です。親も親なら子どもも子どもです。現実と重なる部分もあり残念な気持ちになります。いじめを始めとした昔からある学校での陰湿な事例・事情の数々です。「学校」という、人生の一時的な通過点の場所であることが救いです。学校に通っているときは学校生活がすべてでした。卒業して学校から徐々に遠ざかり社会人の生活を送っていった当時をふりかえると、「学校」は、狭苦しい一時的な滞在地であったことに気づきます。
 岡野先生に対しては、試行錯誤を繰り返して自らの教育スタイルを構築していく。読んでいると、ときには信仰の力も必要だと感じました。
「べっぴんさん」団地の砂場にデビューするママと幼子(おさなご)たちのやりとりです。ママ同志は、砂場では仲良しごっこを演じる。遊びが終わって、自宅のドアを開けて室内に入ると、ママは幼児に、叩く蹴るの暴力を行使する。人間心理の表と裏が描写されています。
 ママたちが「おしゃれ」に憩いを求めるのは、男性にはあまりない発想でした。それで、楽しんでなごめるのならいい。親から虐待されたから自分も虐待するようになったという連鎖の肯定には賛同、そして共感いたしかねます。乳幼児は欲望の固まりであり、自らで自制する能力をもちません。書中にあるほど、人前で気を使う必要はありません。こどもをちやほやする必要もありません。こどもはこどもです。
 読んでいると最終的には夫である男が悪いのだろうなあ。前の短編もこれもオチがオチになっていないので、救われない暗い気持ちにひたりました。
「うそつき」土地家屋調査士の父親の語りです。物語に登場する相談相手は隣家と境界線でもめています。
「こんにちは、さようなら」唄を読んでいるようです。この地でながらく暮らす80代ひとり暮らし女性と家の前を通学するこどもとのやりとりです。女性は認知症のなりかかり。子どもは障害をもつ子です。歳(とし)をとることは忘れていくこと。苦しかったことや悲しかったことも忘れて、今はしあわせ。
「うばすてやま」ポプラ社らしい本です。これまでに読んだ同社の本と傾向が似ています。人間心理の裏面とか、暗い部分に光をあてようとする姿勢がうかがえます。幼い頃、母に虐待されたのに、認知症になった母の介護をしなければならなくなった。受容が表現されています。そこまで、耐えなければならないとは思えません。そこまで譲歩するのは、人として苦しい。マゾヒズムです。(肉体的・精神的苦痛が快感)

 最後まで読み終えて、再び1ページに戻って、人物相関図をつくり始めました。
 神奈川県烏ヶ谷(うがや)は新興住宅地で、各地からの転入者で町が形成され始めました。当然リーダーはいません。だれもが社長気分です。最初は互いに気を使いますが、そのうち本性が表れます。住民に上下関係はありません。対立しても調整役はいません。声の大きな人間、力の強い人間の意見が通っていきます。その陰で、弱者は泣きます。こんな町、出て行こうと決心します。
 やんちゃなこどもたちは片方の親がいなかったり、継母、内夫であったりします。かれらは、家で疎外(そがい、放置)されて、学校で弱者を標的にしていじめぬきます。教師や住民は、自分たちの対応のほうが悪いと考えて相手の言い分を通す方向で対応します。どう感想を表現していいのか迷うのですが、これは、作者からの問題提起ととらえます。
 平易な文章で書かれ短時間で読み終えることができる本です。しかし、奥行きは深い。読了後も数日間、内容について考えにふけっています。結局、自分のことは自分でやる。親を頼らない。きちんと育ててくれない親は捨てる。あきらめて、自分は自分で自分が望む家族をつくる。生きづらい時代です。こどもも親も冷めている。ほかの人の心を傷つけている人は、その人自身もほかの人から傷つけられている。