2020年04月03日

太川&蛭子路線バス乗り継ぎの旅 三重県松阪駅から長野県松本城

太川&蛭子ローカル路線バス乗り継ぎの旅 第12弾 三重県松阪駅から長野県松本城 2012年(平成24年夏) テレビ番組再放送

 名作です。三泊四日ですが、かなりの距離を歩きました。成功しています。見たことのある街の風景がたくさん出てきます。路線バス、コミュニティバスだけで走破したのはミラクルです。地図でルートをふりかえってみましたが、すごいなあ。感嘆に尽きます。
 路線バスは廃止傾向にあるのですが、高齢者の運転が危ういいま、路線バスが見直されて復活するような気がしてなりません。

 8年前の映像です。えびすさんが若くてやるき満々です。ゲストは加藤紀子さんで、けんかをするふたりの仲介役をしたり、バス路線を新規開拓したりと大活躍でした。

①トンネルと抜けると豪雨じゃないと言っていたら、ものすごい豪雨の中で立ち往生する三人でした。
②(えびすさん)「(バス関係者の人たちの)言うことを聞いちゃダメ。無理と言われても無理じゃなかったことがこれまでに何回もある(バス関係者は自社のことしか知らないから)」
③えびすさんがはいている靴の先がぱっかり開いて、えびすさんが靴をキャラクターにみたてて腹話術をやります。加藤紀子さんが、靴先の開いた部分に藁(わら)を食べさせます。
④えびすさんが、名古屋市内のバス停に立っているのに、「名古屋まで行きたいんですけど」と何度も運転手に繰り返す。(名古屋のどのあたりに行きたいのですか)
⑤(えびすさんが道を聞きながら)「道はちゃんとあるのですか?」(国道ですからありますという返事)
⑥ふたりが目的地バス停(河合小橋)を記録しなかったので行き先がわからなくて大ゲンカになったとき、(太川)「(この番組は)もうこの回で終わりだ」(えびす)「仕事がなくなるからそれはだめ」(太川)「(えびすさんは本業のマンガ家で)絵で食べればいい」(えびす)「絵は売れない」その後、加藤紀子さんがルートをきちんとメモしていて、(えびす)「オレいらなくなっちゃう」
⑦長野県馬籠の宿あたりでフランス人観光客の若者に積極的に話しかけるえびすさんにフランス留学経験がある加藤紀子さんが、「ちゃんと話せないのに、どうして果敢に挑戦するの?!」
⑧(車窓から美しい色の池が見えて加藤紀子さんと太川さんが)「バーベキューをやりたい」(えびすさんが)「オレは室内の冷房がきいたところがいい」
⑨(バス停がないので歩くことになって)太川「歩きましょう」、えびす「毎日歩きだよ」、加藤紀子「またやせる。これって、路線バスの旅じゃなくて歩きの旅になってない!?」
⑩今、午後6時と聞いて、えびす「もう」、太川「まだ」と同時に発声。えびすさんは、早くホテルに行きたい。太川さんは、さらにバスに乗って距離を伸ばしたい。

 一日終えてのジョッキビールがおいしそう。
 旅は思い出の道しるべになります。
 瀬戸焼のお皿がきれいでした。
 いずこも駅周辺の市街地がきれいに整備されていたことが記憶に残りました。
 太川さんが選択した、行き詰まったら、バスルートを戻るという行為に感心しました。教訓があります。壁にぶつかったら無理をして前進するのではなく、勇気をもって後退することが、未来のためになるときもあると教えになりました。
 バス旅は、うれしい時もあるし、悲しい時もあります。まるで人生みたいです。
  

2020年04月02日

海よりもまだ深く 邦画DVD

海よりもまだ深く 邦画DVD 2016年公開

 今年観て良かった映画でした。最後は観た人にこの親族の未来を想像してもらう終わりかたです。それぞれ、こうなってほしいと思うところがあるのでしょう。家族関係の修復ができるとか、できないとか、一発なにか良いことで大当たりがないかとか、ハッピーエンドの未来を想像したい。

 最初のうちは、主人公の篠田良多(しのだりょうた。阿部寛さん、離婚して、13才の息子に養育費を支払う義務と面会の権利あり)のいいかげんな生活ぶりが熱演で、観ていて嫌気がさすのですが、それも監督の意図するところでしょう。
 後半、台風のために、祖母、長男、長男の元妻、孫の四人が、ひとり暮らしをしている祖母宅で一夜を過ごします。家族の「回復」を求める風景がかいま見られる優れた作品へと発展していきます。

 篠田良多は島尾敏夫賞を受賞して、その後、売れない小説家をしながら、興信所で人の弱みを握った写真で、不正なポケットマネーを手に入れつつ、その金を競輪につぎ込んで失うというような生活をしています。あわせて、ひとり暮らしをしている母親の部屋からもお金を盗んでばくちにつぎ込んで失います。まあ、いいかげんな男ですが、こういう人はいます。ものすごくひどいというわけではありません。暴力がないだけいい。篠田良多は息子をよく可愛がります。息子も父親になついています。父親本人も人格的にはこどもで、まだ、大人になりきれていない部分があるのでしょう。あるいは、本人も気づいていない状態で父親の深層心理として、大人になりたくないのかも。
 彼の受賞話を聞いて、島尾敏夫作品の内容は第二次世界大戦中の話で、高校生のころに読んだことがあるのを思い出しました。

 母親役の樹木希林さんが発信する言葉の意味が深い。樹木希林さんと長女役の小林聡美さんとのふたり芝居、同様に、希林さんと阿部寛さん、希林さんと真木よう子さん(長男の元妻)の各シーンで、希林さんのセリフが光っていました。
「(子どもの数が減って団地内の公園に子どもがいない)静かだね。もう遊ぶ子どもがいないからね」
「(花も実もつけない木に水をやりながら、息子に対して)あんたみたいだね」
「(だれでも)なにかの役には立っている」
(13才の息子が父親に向かって)「お金だいじょうぶ?」
(同じく孫が祖母に)「宝くじが当たったらいっしょに暮らそう」
13才の息子が、父親の篠田良多と連れションをするのですが、そのときのトイレでの父親の姿が情けない。
(孫が父親篠田良多が買ってくれた野球のスパイクを家ではいて、床が傷だらけ。祖母の樹木希林さんが)「おばあちゃんといっしょ。傷だらけ」
「(台風の)こんな日に、おばあちゃんをひとり残して帰っていくの?泊っていきなさいよ」(孫が泊ることになって)「ほら(わたしは)急に元気になっちゃった」
「文才はとってもステキなもの」
(元妻の言葉)「愛だけじゃ生きていけないのよ大人は」
(孫の言葉)「ヒーローはおばあちゃん」

 祖母宅でみんなが集まっているところで孫が作文を読むシーンを観て、そういえば、自分もそういうことがあったと、もう忘れていた小さいころの記憶が呼び起こされました。父が病死する少し前のことでした。

 不倫を盗撮されるのは芸能人やタレントばかりだと思っていたら、映画のなかでのことですが、興信所の職員がバンバンそういう写真を撮っているのを見て一般人もかと驚きました。

 BGMの口笛の音色に気持ちが落ち着きました。

 昭和40年代の大規模団地の生活の記憶がよみがえりました。タコのすべり台がなつかしい。

 父親になるってどういうことだろうと主人公が思うシーンがありました。
 母は子を産んだことから母親になれますが、父は父になる努力をしなければ父親にはなれないのです。

 相手の至らないところを許していっしょに生活していくのが家族

 先日NHKのテレビ番組で観た愛知県内で暮らす89才のひとり暮らし高齢者女性が決断した時の言葉を思い出しました。施設入所か、東京に住む娘さん夫婦と同居するのか迷うのですが、「人生の最後は、他人に迷惑をかけるのではなく、身内に迷惑をかけることにしました」という言葉が名言として心に残っています。  

2020年04月01日

うなぎ 邦画DVD

うなぎ 邦画DVD 1997年公開

 名作といわれますが、わたしには合わない作品でした。ストーリーが破たんしています。あわせて雰囲気が暗かった。
 
 冒頭で謎の女によって、奥さまが浮気をしているという密告の手紙が読まれますが、この時点で、「この女性はだれ?」という疑問が湧きました。

 何の事情も聴かずに夫が妻をいきなり刃物で刺すという設定はどうなのか。
 受刑者で仮釈放中の主人公である山下さんは、飼育するうなぎと話をするのですが、話をするシーンは少ない。うなぎと人間がしゃべるのは異様です。
 
 役所広司さんと清水美沙さんのふたり劇、役所広司さんと佐藤允(さとうまこと)さんのふたり劇、役所広司さんと柄本明さんのふたり劇です。柄本さんは若い。まるで柄本明さんの息子さんを見ているようでした。

 清水美沙さんが服薬自殺未遂するところが不可解。好きになってはいけない男(ひと)を好きになったようには、その後の経過からそう見えません。

 宇宙人を呼び寄せる話題は何を意味したのか。人間が苦手、人間がキライ、だから宇宙人と話す。同じようにうなぎと話すという理屈が紹介されますがピンときません。

 柄本明さん(山下と同様の刑務所での服役囚)の横入りの登場は、安易な展開

 市原悦子さんが怖かった。突き抜けていて、フラメンコを踊る姿が珍妙でもありました。

 仮釈放制度と保護司制度のことがあり、関係者が見たらいい気持ちがしないかも。

 (浮気をした妻を刺殺したのは)好きだから許せなかった。(愛が憎しみに変化した)
 
 しょせん「金(かね)」なのか。

 うなぎが人間を笑っているような。

 映画の一番の難点は、他人のこどもを自分の子としては、なかなか育てられないということ。  

2020年03月29日

スターウォーズ ジェダイの帰還 エピソード6 DVD

スターウォーズ ジェダイの帰還 エピソード6 DVD 1983年公開

 映像を楽しむ映画なのでしょう。今回は、宇宙を巡る戦いシーンと手づくり的な森の中での戦いシーンを交互に出すことによって、おもしろさが拡大されていました。
 宇宙戦闘機が飛び交う最新式な戦闘のシーンがあったかと思えば、原始林みたいなところで、餌につられて網につかまる罠が出てくるなど、対比のアンバランスがありました。未来都市と原始ジャングルの対比があります。
 あわせて、闇の国と闇ではない地域のふたつの世界があるということがなんとなくわかりました。
 宇宙空間での超高速の飛行機同士の戦闘は、一度すれ違ったら、また出会うまでにかなり時間がかかると思います。
 家族関係のいろいろな秘密が明かされていきます。少ない登場人物数のなかでやりくりがなされます。
 カエルや昆虫のような変な顔の宇宙人ばかりが出てきますが、少々気味が悪い。
 ダースベイダーが最高司令官だと勘違いしていました。皇帝がいて、ダースベイダーは皇帝の部下でした。なんだか、ドイツ軍がらみの戦争映画をみているみたいでした。
  

2020年03月28日

ハリーポッターとアズカバンの囚人 DVD

ハリーポッターとアズカバンの囚人 DVD 2004年公開

 話の中身はややこしくて、わかりにくい。本作品シリーズは、映像を楽しむ映画なのでしょう。
 空中にろうそくがたくさん浮いているシーンが好きです。
 移動手段としての、蒸気機関車、三階建てバス、翼が付いている四つ足の動物が良かった。
 空中からいきなり飛んできた雪玉にびっくりしました。ハリーポッターが透明マントを付けていました。
 さらし首みたいな生首がしゃべるのは気味が悪い。
 空を飛んだり移動したりは、映画館の大画面で見ると迫力があるのでしょう。

 魔法用語のようなわからない言葉がいっぱい出てきます。
 短い魔法の杖を手にもって呪文を唱えると魔法がかかる。
 魔法使いというものは、不老不死だと思っていましたが、ハリーポッターの両親は、陰謀だか策略だかで亡くなっています。劇中何度も「殺してやる」というセリフが出るのは、子どもさん向けなのでどうかと疑問をもちました。  

2020年03月25日

カッコーの巣の上で 洋画DVD

カッコーの巣の上で 洋画DVD 1976年公開

 有名な映画ですが初めて観ました。いい映画でした。今年観て良かった1本です。
 精神病院入院病棟が扱われています。昨年は邦画の「閉鎖病棟」を観ました。暗い内容でした。「カッコーの巣の上」では、みんなで魚釣りに行くあたりが心温まる喜劇で笑えましたが、最後のほうはやっぱり暗くなりました。もっとも、主人公は、懲役刑の労働をまぬがれるために、病気ではないのに病気のふりをしているわけですから制裁が下ってもしかたがないというあきらめもあります。ただ、その当時の時代を反映しているようで、今では許されないようなかなりきついお仕置きがありました。恐怖のホラー映画です。時代背景は、1963年頃となっています。映像はかなり古い。

「カッコーの巣の上で」というタイトルの意味:カッコーは托卵(たくらん)します。よその鳥の巣(映画では精神病院入院病棟)で自分の卵を産んで、よその鳥に卵を温めてもらい、かつ、子を育ててもらいます。今回の映画では、精神障害者の鳥の巣の中に、精神障害者のふりをした服役囚の主人公が入り込みます。

良かったセリフなどとして、
「役にも立たないが、害にもならない」
「努力はした。チャレンジはした」
「今は変人じゃなくて、釣り人だ」
船の操縦士という役割をあてがうことで喜びを感じてもらう。
「ぼくはちいさなこどもじゃない」
強制では、人間は言うことをきかない。
「こんな姿のままでは残してはいかない。いっしょに行こう」

 入院病棟の閉鎖社会に風穴を開けようとする精神障害者のふりをした主人公マック(登場人物名は、ランドル・パトリック・マクマーフィ)です。
 彼は病棟内に、「民主主義」を築こうと努力します。しかし、看護婦長を中心とした権力者たちの前に改革は行き詰まります。
 何もなかったことにされる。異端児ははじきとばされる。最後はあまりにも苦しくて、逆に、笑うしかありませんでした。主人公が消滅して、いっきに主題が脇役に飛びます。夢をみているようなお話でした。