2021年05月12日

太川・村井のバスVS鉄道対決の旅 熊本城から長崎県平戸城

太川陽介・村井美樹の路線バス対鉄道乗り継ぎ対決の旅 熊本城から長崎県平戸城(ひらどじょう) テレビ番組

太川陽介鉄道チーム:高山一実(たかやま・かずみ 乃木坂46) とにかく明るい安村
村井美樹路線バスチーム:中井りか(NGT48) 岩橋良昌(プラスマイナス)

 いつもと違う雰囲気で進行しました。指摘があったようで、太川陽介さんも村井美樹さんも態度が柔らかい。
 最終的にはバラエティであり、楽しくやりましょうですから、心身を追い込んでケガをしたり、病気になりそうなほど、きつい仕事をされなくてもいいと思います。厳しさとは優しさです。ときにあきらめて一歩下がることも身を守るためには大事です。元気回復できたらまた攻めればいい。
 今回も十分楽しめました。太川陽介さんチームが勝って、五分五分の勝敗になりました。
 この番組は、健全なところが気に入っています。

 長崎の西海橋東口だったと思いますが、バス停で、おそらく六十代である同年輩の太川陽介さんと女性の方がLuilui(ルイルイ)と手を振ったシーンが良かった。リアルタイムで太川陽介さんの若い時を見ていた人にとっては心が温まりました。きっと、この仕事はやりがいがあると太川陽介さん自身も再認識されたと思います。六十代の人たちのこれまで歩んだ人生が伝わってきます。

 太川陽介さんは相変わらず強運をもっています。奇跡っぽい路線バスの乗り換えつながりがありました。1日に1本しかない路線バスにバス停に到着して、4分後に乗れたりもしました。太川陽介さん以外の人がリーダーだったら、村井美樹さんの圧勝だったでしょう。
 太川チーム岩橋良昌さんのバス停発見の気づきがすばらしかった。ヒットです。
 答えのない問題を解くような苦悩がありますが、太川陽介さんは、苦難を乗り越えていきます。

 村井美樹さんチームは、ちゃんとご飯を三食食べてくださいな。おなかがすいていたら頭は働かないし、体も元気よく動きませんよ。
 とはいえ、時間に追われるきつい空間のなかを移動するメンバーたちです。仕方がない面もあります。
 
 太っている人には不利な歩き旅です。ちゃんと両チームに、太っている安村さんと岩橋良昌さんをそろえてあります。それがいいのか、体格が細い人にすべきなのかは、微妙なところです。
 カヌー対決で、中井りかさんが太っている岩橋良昌さんに「あんなやつに負けたくない」と言ったところがおもしろかった。つくったキャラクターなのでしょうが、なんだか、がらが悪い若い女性でした。
 高山一実さんは、将来、貴金属である金(きん)の投資をやりたい夢があると話されていました。やはり人は外見と中身は違います。あと、彼女は、フェリーで船酔いが怖いそうで、わたしも、小学1年生のころに同じく有明海を渡る船に乗ってひどい船酔いをしたことがあるのを思い出しました。そのころの船が車も乗れるフェリーだったのかどうかは思い出せません。もう半世紀ぐらい前のことです。
 海がとても美しい。こどものころの思い出の中にある海の風景と今の海の風景に変わりはありません。美しくて豊かな自然を維持していきましょう。
 
 熊本のグリーンランドのシーンも楽しかった。恐怖系の乗り物によく挑戦されました。以前充電バイクの旅でも出川哲朗さんがここを訪れていました。

 途中の鉄道駅の風景で、ホームとホームをつなぐ人が歩くための古い橋(跨線橋こせんきょう)がありました。中学生のころに九州を鉄道で移動していた頃を思い出してなつかしかった。あのころはまだ蒸気機関車が走っていました。

 明るい安村さんが、だご汁を食べたいとしきりに訴えていました。自分はこどものころによく食べたので不思議でした。そこまでして食べたいものかと。すいとんのようなもので、親からは戦時中に食べ物がないときに食べたと教わりました。

 両チームの抜きつ抜かれつの展開にわくわくしました。途中でばったり両チームが出会うのもスリルがありました。風のように動く集団です。

 やはり、勝つためには「運」がいります。
 村井美樹さんは、天国から地獄に転落したような気分を味わいました。くやしいでしょう。毎回感動を与えてもらってありがとうございます。体に気をつけて仕事と子育てに励んでくださいな。  

2021年05月08日

出川哲朗充電バイクの旅 沖縄縦断古宇利から斎場御嶽

出川哲朗の充電バイクの旅 沖縄縦断 古宇利(こうりしま)から斎場御嶽(せーふぁーうたき)2018年3月放送分の再編集 テレビ番組

 沖縄は、若いころに一度だけ行ったことがあります。
 映像を見ていて、水族館とか万座毛(まんざもう)とか、訪れたことがある地名や場所も出て、なつかしく拝見しました。
 もう半世紀前ぐらいに訪問した時は、観光バスの中から空を見上げると、米軍の飛行機がたくさん飛んでいました。今回の映像を見ていて飛行機はあまり映っていませんでしたが、何年たっても変化は少ないのでしょう。きれいな道路が見えたので、道路整備はかなり進んだのだろうと観察しました。

 ゲストは唐沢寿明さんで、自分も同じような世代なので、出川哲朗さんとのおふたりの会話の内容が身近でした。
 榊原郁恵さんのファンだったそうです。自分も友人に誘われて2回コンサートを観に行ったことがあるのを思い出しました。
 唐沢寿明さんは、小学生のころに、洋画「ジョーズ」とか「エクソシスト」を映画館で観たそうです。自分は中学生のときにやはり映画館で観ました。館内は満員でした。
 映像のバックミュージックにアグネス・チャンさんの「ひなげしの花」が流れて、なにもかもがなつかしい。
 もうひとりのゲストはアンガールズの田中卓志さんでした。映像では、プロ野球ヤクルトスワローズキャンプ地訪問のようすが良かった。田中卓志さんは広島出身の広島ファンであり、適度な緊張感がただよっていたのが楽しめました。選手はたぶんトラブルを避けるために隔離されたような空間で過ごしているのだなと、ちょっとお気の毒に思いました。

 沖縄観光で、昔は実演でしたが、ハブとマングースのショーは、映像だけになっていました。調べたら、2000年から動物愛護法で禁止になったそうです。思えば、やりたい放題に近い自由な時代がありました。そのときは、なんとも思いませんでした。こんなものだと思っていました。いまはいろいろ細かくきつくなりました。あれもだめ、これもだめです。まあ、しかたがないのでしょう。

 映像に出てくる沖縄の人たちは、みなさんおおらかです。本土の人間とは違う雰囲気をもっていらっしゃいます。

 今日結婚式を挙げたという美男美女の若いカップルの雰囲気も良かった。結婚式の日に芸能人に出会えて、ふたりは運をもっています。
 あと、妊娠中の受付の女性も良かった。出川哲朗さんがいつものように安産祈願をされて、翌月に、元気な男の子が誕生しています。こどもは宝です。

 ちばりよー(がんばれー)
 めんそーれ(いらっしゃい。ようこそー(正確には、いらしてくださいだそうです))

 出川哲朗さんが、お湯が出るかと心配したホテルもおもしろかった。(お湯は出ました)
 石畳の道がある場所もいい雰囲気でした。こどもさんたちは妖精で、ただ、気が強そうな妖精で笑いました。

 「いいですよ」のおばあさんが良かった。近所のこどもたちが自分の留守に家に入って来て、家具に落書きを残していくという話もほほえましい。劇かドラマを観ているようでした。「(テレビに)映る たいへんさ!」「(田中卓志さんの)話が始まったらこわくないさ!」「さんぽ いきましょーね」語り口で聴き手の気持ちが落ち着きます。「海の向こうに(自分が)生まれた島がある」「斎場御嶽せーふぁーうたき(琉球神道の儀式を行う場所)」を「デイサービス」と聞き間違える。なにか悟りを開いていらっしゃるようでした。年齢的に戦争体験者の方だと思います。沖縄の年配の方には、特別な思いが生まれます。たいへんなご苦労があったことでしょう。  

2021年05月06日

グッバイ・リチャード アメリカ映画DVD

グッバイ・リチャード アメリカ映画DVD 2020日本公開

 前知識として、癌で短い余命を宣告された男性のお話と知り観ました。
 これまでの自分の人生で二十代のころから六十代の今までに、複数の人たちが癌の宣告を受けて志(こころざし)なかばで無念の涙を流しながら亡くなっていかれたことを思い出しつつ鑑賞しました。
 人間、五十代を迎えるといつ癌の宣告を受けてもおかしくない年齢に至ります。いくら平均寿命が延びたとはいえ個別に命の長短の事情は異なります。

 冒頭部を観ながら、人生は『時間』だと悟ります。大学で先生をしている主人公のリチャードは、癌の宣告を受けました。余命はいくばくもありません。(生きていられる時間がわずかしかありません)
 彼は、仕事を休んで、アメリカ文学史に残る名作を書くと周囲に意思表示をします。
 それなのに、虚しさが(むなしさが)ただよってくる内容が続きます。
 夫婦関係は破たんしていて、娘との親子関係もぎくしゃくしていておかしい。
 深刻な話なのに、下ネタばかりが続いて、喜劇っぽくなってきました。どういうわけか、主人公は、ナニの玉が3個あることにこだわり続けます。
 女同士、男同士の同性愛の話が出ます。
 お互いの心とか愛情よりも行為が前面に出て優先されることが不可解です。まずは愛情あってのことだと思うのです。これでは誤解を生みます。
 短期間で死んでしまうから、もう、やりたいほうだいなのだろうか。
 薬物使用もあります。

 良かったセリフとして「ひるむことなく自分を貫いている(つらぬいている)」
 主役のジョニー・デップさんのひとり芝居に近い演技が続きます。先日テレビ番組「月曜から夜ふかし」で、2013年に来日した時に、日本人素人さんとジョニー・デップさんが長いこと会話をされているシーンを観ました。ジョニー・デップさんは、相手をおもんばかる心温かい、いい人です。

 メッセージとして受け取ったこの映画の主題の部分です。
 『死を前にしてわかったことがある。人生のほとんどにおいてわたしは間違っていた。一生懸命生きてこなかった。だれかを愛していたとか、だれかに愛されていたとか、そういうことがあって、人生を楽しめる。自分が妻をしっかり愛していなかったから妻が不倫をした。自分が娘をしっかり愛していなかったから、娘の気持ちが自分から離れていった』
 この映画からそういうふうにメッセージを受け取りました。

 あいまいでぼんやりした部分が多かった映画ですが、ラストシーンの夜空に輝く星は、亡くなった人たちの魂の輝きだと感じとりました。
 主人公である彼にとって人生の終わりの時期なのに、どうして、三人家族がバラバラにならなくちゃならいのだろうかという悲しみが心に広がりました。  

2021年04月24日

浅田家 日本映画DVD

浅田家 日本映画DVD 2020年公開

 お父さんが亡くなったシーンから始まり、過去への回想シーンに戻り、最後にお父さんが亡くなったシーンに戻るという過程の中で、浅田家の家族の話が半分、そのあと東日本大震災に見舞われた東北のとある町の話が半分という構成です。

 始まってしばらくはなんだかなあという雰囲気です。
 だらしない二男の生活が起承転結の起の部分です。
 ありがちな家族の風景です。お互いの会話がない部分もあります。意思疎通不足です。
 喫煙シーンは不快です。もういいかげん日本映画は、喫煙シーンで感情表現することを卒業してほしい。日本映画界が、時代の流れから置き去りになった小さな社会のように見えます。

 「浅田家」という家族の看板を掲げて、写真家が「家族」のありかたについてこだわる映画です。

 伏線として、カメにコオロギを与える。それから、腕時計があります。そういえば、わたしも、子どもの頃に病気で死んだオヤジの形見が腕時計でした。家のどこかにあると思いますが、どこにあるのかもうわからなくなったほど歳月が過ぎました。

 二男が撮影した写真の写真集がなかなかうまく書籍化できないのは、固定観念(これはこうだという思い込み)や既成概念(一般的な考え)にとらわれて、出版社の担当者がヒットのチャンスに気づけないのでしょう。また、毎月給料がもらえるサラリーマン生活を送っている担当者の目にはとまらないのでしょう。ヒットする作品探しよりも、自分の給料安定のほうが優先です。異例なことをして、失敗はしたくないのでしょう。

 やはり苦労したあとには、成功があってほしい。
 うれし涙があってほしい。

 七十歳である父親のあいさつが良かった。「今日は息子を自慢したい」「昔も今も私の生きがいは家族であります」

 映画を観ながら『時間』のことを考えました。真実として、『時間』は、自分の命の終りに向けて、刻一刻(こくいっこく。一分一秒たちながら。しだいに)と進んでいます。自分のまわりにいる人たち全員についても同様です。そして、たとえば、二百年後には、いま存在している人たちは全員が地球上からいなくなります。だから生きている『時間』を大切にしたい。

 映像の中で父親役の平田満さんを見ながら、みんなが歳をとったなーと実感が湧きました。平田満さんが出演していた作品『蒲田行進曲』を若い頃に、繁華街にあった映画館で観たことを思い出しました。この映画に出ている母親役の風吹ジュンさんが若かった頃の映画も駅前の映画館で観ました。共演していた松田優作さんは、とうの昔に亡くなりました。街中にあった映画館もたくさん消えていきました。

 中盤は、シーンの積み上げ方がどうかと首をかしげました。観ている観客を泣かそうとする筋立てですが、うまくいっているようには思えませんでした。

 ラストに向けて、海です。
 もしかしたら津波の体験者は、海が怖いかもしれない。

 ラストはおもしろかった。笑いました。  

2021年04月18日

ローカル路線バス乗継対決旅陣取り合戦 茨城県取手市から水戸

ローカル路線バス乗継対決旅 陣取り合戦 茨城県取手市から水戸・偕楽園 テレビ番組

 太川陽介チーム:Dream Ami(ドリーム・アミちゃん。家族に聞いたら、エグザイルの女性チームにいた女性だということでした。歌とダンス) インディアンス(漫才)田渕章裕さん(太川陽介さんへのヨイショが適切で良かった。円滑な人間関係を築くためには大事です)
 河合郁人チーム(かわい・ふみと。A・B・C-Z。同じチームのメンバーである辰巳雄大さんとの売れなかった頃の苦労話として、河合郁人さんが売れないことで気持ちが沈んで、自宅の風呂の中で泣いていたという苦労話が良かった。今はテレビに出られるようになって幸せだそうです。ふたりとも二十年以上かかって、ようやくテレビに出られるようになったそうです):川崎麻世さん ふぉ~ゆ(ジャニーズのグループ)辰巳雄大さん

 にぎやかで明るくて、いつもだと深刻で苦しさがにじみ出る暗い雰囲気のときがあって、これはちょっとと思うときもあるのですが、今回はいつもよりも笑いどころも多く、安心して楽しめました。みなさん仲がいいからお互いに言いたいことを言える関係でした。
 なかなかいい勝負でした。太川陽介さんと河合郁人さんの師弟関係が始まっているように見えました。
 競技とは離れて、地方再生のための地方PRの目的もある番組としての位置づけが育ってきています。
 小学生のころに茨城県に住んでいたことがあって、土地勘があるので、番組内容がおもしろかった。地元のみなさんは親切で心が温かい。参加者からの面倒な質問が多いなか、丁寧に対応されていました。
 いくつか笑ったとこを列挙してみます。
 「茨城県の県庁所在地ってどこ?」という話が出て(これから両チームが行く目的地である県庁所在地水戸市の名称が出ませんでした。同様に三重県の県庁所在地はという質問で、漢字一文字(ひともじ)のヒントに対して「よ」という返答だったのでひっくりかえりました。「津」です)
 太川陽介さんが、からぶりしたはったり(嘘)と両チームが同じバスに乗車したなりゆき経過が愉快でした。人間の心理が重層に表現された重苦しい時間帯でした。(そのときの太川陽介さんのようすを物まねした辰巳雄大さんが、お上手で大笑いできました)
 太川陽介さんはみじめな思いをされましたが、最後は勝負に勝ちました。さすがです。
 タクシーの後部座席で、川崎麻世さんの自信たっぷりの今後のチェックポイント予想のあとの言葉「オレ賭け(かけ)に弱いんだよ」も笑いました。
 河合郁人チームのメンバーが、大きな橋のたもとでの撮影シーンができて、二か所いっぺんに陣地を手に入れたところは、うまくプランがつくってありました。城郷町(しろさとまち)+常陸大宮市(ひたちおおみやし)でした。
 太川陽介チームは、海鮮丼としじみラーメンを食べておいしい思いができて良かった。

 つくばみらい市での陣取りで、間宮林蔵さんはたしか1808年に間宮海峡を発見されました。最近歴史に興味が湧いてきてちょっと勉強しているので、数日前に見た間宮林蔵さんの記事と重なり嬉しかったです。そのころフランスではナポレオンが皇帝として活動していました。

 観終えての感想ですが、ひたすらあわただしい。もはやこれは旅ではないと感じました。だからといって、否定する気持ちはありません。
 偶然ですが、数日前の夜に、BSテレビ東京で2008年の番組太川・蛭子の路線バス乗継の旅、東京の日本橋から京都までを見ました。ゲストは相本久美子さんでした。みなさんお若い。蛭子さんの動きもいい。三泊四日で琵琶湖の南まで路線バスだけでたどり着いています。京都まではたどりつけませんでしたが、すごいなー とても真似できません。
 仕事中心の生活で二十年間ぐらいあまりテレビを見ませんでした。リタイアして今は過去の放送などを見て、ああこんなことがあったのかと楽しんでいます。過去の番組であっても自分にとっては初めて観るものなので新鮮です。
 初期の頃の太川陽介さんと蛭子能収さん(えびすよしかずさん)の路線バス乗継の旅では、バス路線のないところは、タクシーを使うことができたし、随時、観光地巡りもされています。のんびりしていました。今は競争です。蛭子能収(えびすよしかず)さんも去って、ずいぶん内容が様変わりしました。  

2021年04月16日

もしもぼくのせいがのびたら にしまきかやこ

もしもぼくのせいがのびたら にしまきかやこ こぐま社

 リサイクルショップでこの本を見ておもしろかったので、孫たちに読んで反応を見てみようと思い立ち購入しました。

 こどもですからいつかは背が伸びるわけですが、この本の場合は、新一年生ぐらいに見える「たろうくん」が巨大化します。

 たろうくんが、二階建ての家の階段を二段ずつのぼる絵がいい。ご両親に、最近背が伸びたんじゃないのと言われて、喜んで、いい気分になって、気持ちも背伸びをしています。

 こどもは将来への伸びしろがあっていい。
 おじいちゃんおばあちゃんの将来は、お墓や納骨堂に近づいていくだけです。

 たろうくんは、背が伸びて、家の中でおかあさんがこどもの手の届かない高い棚に隠しておいたチョコレートを見つけだして取って食べるのです。

 たろうくんは、その後、がんがん背が伸びて怪獣みたいに大きくなっていきます。
 いゃー 大きいなあ。
 すごい。豪快で気持ちがいい。
 いい絵本でした。

(追記 ちびっこたちに読んだときのこどもの反応です)
 ふつうにおもしろがってはくれたのですが、期待したほどの破裂するようなリアクション(反応)はありませんでした。おとながおもしろいと感じる絵本とこどもがとってもおもしろいと感じる絵本とには、若干感覚の差があるようです。