2022年04月18日

太川&えび路線バス旅 三条大橋から出雲大社 動画配信サービス

太川陽介&えびすよしかずのローカル路線バス乗り継ぎ人情旅 第8弾 京都市三条大橋から島根県出雲大社 2011年(平成23年)放送 動画配信サービス

 ロケが、3月1日から4日の3泊4日です。同月11日に、東日本大震災が発災しており、神妙な気持ちで番組を見ました。(素直でおとなしくなるようす)
 早いもので、もう11年が経過しました。同じような場所で、今でもたまに大きな地震があります。
 ヨーロッパでは戦争が起きており、自分たちの世代は、いろんなものを観る世代になりました。

 番組では最初に、京都の映像が映ります。
 40代の頃は、仕事での悩みが多く、神仏にすがるように、京都へしょっちゅう行っていましたが、時は流れて足は京都から遠ざかりました。
 メンバーは、路線バスだけで、京都市内から島根県にある出雲大社(いずもたいしゃ)をめざします。
 途中、経由地として立ち寄った場所は、これまでに何度も見たこの路線バス乗り継ぎ旅の番組や「出川哲朗の充電バイクの旅」に出てきたところです。
 自分にとっては、なじみのある地名になりました。
 兵庫県の「八鹿(ようか)」とか「湯村温泉」とか。

 ゲストは、川上麻衣子さんです。
 スウェーデン生まれの半分外国人みたいな方です。むかし、テレビ番組の『3年B組金八先生』で、ちらりと見たことがあります。
 今回のバス旅では、太川陽介さんとえびすよしかずさんも含めて、3人ともかなり張り切っています。わいわいがやがや、にぎやかな、楽しいバス旅です。
 明るく元気な調子で前進して、チャレンジは、成功しています。

 前回の挑戦はえびすよしかずさんが、旅の途中でパチンコをやったらしく、パチンコでの時間消費が原因で、チャレンジは失敗したそうです。(記録を見ると、ゲストは、中山エミリさんで、青森駅から新潟県の万座シティバスセンターを目指しています。2010年8月のロケでした)
 前回の失敗の話になって、えびすよしかずさんが笑っていると、太川陽介さんが『(原因は)アンタだろ!!』と本気で怒っていました。それでも笑ってごまかすえびすよしかずさんです。

 川上麻衣子さんの紹介がおもしろかった。
 太川陽介さん『マイコに濁点をつけると、マイゴになる(迷子)』
 川上麻衣子さん『(自分は)方向オンチ。地図は読めません』
 太川陽介さん『(どうも川上麻衣子さんは離婚歴があるらしい。これから出雲大社まで行って)再び縁を結ばなきゃ』

 京都市内では、女性のバス運転手さんで、えびすよしかずさんがうれしそうで、かなり明るい。

 えびすさん語録として、
①(自分の職業について)マンガ家っていえるほどマンガを書いていない。何の職業かわからない。
②(故郷の長崎でご自身のマンガの展覧会をやる)太川さんが『入場料が1000円だったらお客さんは入らない』えびすさんが『1000円なんだよ』
③『いきあたりばったりだね(太川さんが綿密なプランを練(ね)っているのに。太川さんにケンカを売っている)』
④(えびすさんの言葉として)『但馬牛(たじまうし)の焼き肉を食べよう。それまでは、あと2日間、まずいものを食おう』

 川上麻衣子さんの意外な発言として、
『パチンコで、開店から閉店までいることがある。時間が過ぎるのを忘れる。1時間過ぎると、時間の感覚がなくなる』えびすさんから『ざわざわしたなかで、ひとりになれるのが安心する』というような同調する発言がありました。

 移動の途中で、川上麻衣子さんが『桂離宮』に立ち寄りたいと言い出します。バスを降りたけれど、事前予約の入場券が必要だったので中には入れませんでした。
 自分も宮内庁のインターネット予約申し込みをして桂離宮見学の抽選に当たったけれど、新型インフルエンザ(2009年ころ)の患者が京都で出て、家族の反対があって、見学を断念したことがあります。
 このあと、太川陽介さんの希望が島根県宍道湖(しんじこ)のシジミが食べたい。えびすよしかずさんが、鳥取砂丘を見たいという希望をかなえています。

 おでん5個400円を3人で分けて食べます。
 芸能人だからなのか、みなさん少食なのね。
 その後、生ものは食べられないというえびすよしかずさんが、ホタルイカを食べておいしいと言っていたのが意外でした。そうとうおいしかったのでしょう。

 途中で全国をヒッチハイクしている青年に出会いました。
 これまでに車70台に乗せてもらった。沖縄まで行き、今は本土に戻ってきて、北を目指しているそうです。
 彼の話です。コインラインドリーで寝た。目がさめて起きたら、そばに、手紙と500円玉が1枚置いてあった。手紙には、『がんばれ!』と書いてあって嬉しかったそうです。
 太川陽介さんも『若い時しかできないから、がんばって!』と励ましました。
 
 雪景色がすごい。3月のロケとはいえ、山陰地方は雪がたくさんふります。
 
 番組では、3泊4日の長い旅路を1時間半程度に、コンパクトに上手にまとめてあります。

 鳥取県で『赤碕(あかさき)』という地名が出ました。
 高校生だった時に、赤碕の海岸そば、堤防の手前にあった小さな平らな土地に、テントを張って一夜を過ごしたことがあります。もう半世紀近く前のことです。なつかしい。
 映像を観ていると、<ああ、旅に出たいなあ>という気持ちになります。コロナ禍の影響で、もう長いこと、がまんが続いています。ほかのかたたちも同様でしょう。
 先月は、3回目のコロナワクチンを打ちました。1回目、2回目同様に副反応が出てちょっとつらかった。4回目もあるんだろうなあ。しかたがありません。

 映像では、3人の横を、1両だけの電車が何度か走っていきました。
 電車があるということは、路線バスはないか、あっても本数が少ないということです。需要がないのですから仕方がありません。バスで空気だけ運んでいたら大赤字です。
 出雲大社まであと、たった40kmなのに、路線がありません。
 (乗用車なら1時間ぐらいで行けます)
 3人は歩き疲れます。
 えびすさん『休んだほうがいいかも。病気になりそうだもの』
 
 ようやく到着できた出雲大社は、いいお天気でした。
 川上麻衣子さん『まだ、おまえは甘いと言われたような気分がした』
 3人とも『達成感があるから、(路線バス旅の挑戦は)やめられない』  

2022年04月15日

青春の門 邦画

青春の門 邦画 動画配信サービス 原作 五木寛之

 高校生のころに原作のシリーズ本を読みました。
 映画は、昭和50年代に映画館で観た記憶があります。
 今回、動画配信サービスの案内を観ていて、半世紀ぐらい前に観たことのあるこれらの映画を手軽に観ることができることがわかって観てみました。
 同じ原作で、映画は何本かあります。自分が映画館で観た時には、吉永小百合さんとか、田中健さんとか、大竹しのぶさんが出ていました。
 とくに、芸能界の世界に姿を現したばかりぐらいの大竹しのぶさんの鮮烈な清らかさが今も記憶に鮮やかに(あざやかに)残っています。それほどの大きなショックがありました。
 大竹しのぶさんは、まだ、デビューしたばかりのころだったと思います。その後の同名映画作品では、杉田かおるさんが出ておられました。
 まさか、その後、杉田かおるさんがバラエティ番組で『魔王』と呼ばれるようになるとは予想もしませんでした。
 4本観て思ったのは、コンビとしては、佐藤浩市さんと杉田かおるさんが自分にとっては良かった。母親役は、吉永小百合さんが良かったというものでした。あと、桃井かおりさんの娼婦が良かった。

1975年作品(昭和50年) 青春の門「筑豊編(ちくほうへん)」
 田中健、大竹しのぶ、吉永小百合、仲代達也、小林旭、関根恵子
 ドキュメンタリー風で始まります。お話の案内人が、小沢昭一さんです。お若い。2012年に83歳でご逝去されています。
 始まりの出演者紹介の背景絵は、山本作兵衛さんによるものです。たまたまですが、今この原稿を打っているノートパソコンの左横にある本箱に山本作兵衛さんの本があります。『画文集 炭鉱に生きる(ヤマに生きる) 血の底の人生記録 山本作兵衛 講談社 1967年第一刷発行 2011年第三刷発行』です。1984年(昭和59年)に92歳で亡くなっておられます。

 コメディ物語みたいな雰囲気もあります。
 軍隊VS炭鉱夫です。
 韓国人を対象とした人種差別の描写があります。
 男尊女卑でもあります。
 資本家VS労働者の構図もあります。
 母と子の母子家庭の話でもあります。
 遠賀川(おんががわ)、川筋気質(遠賀川沿いの炭鉱労働者の荒い気質。かわすじ気質)時代は、大正7年夏から始まります。1918年です。
 以降、不思議なのですが、炭鉱を中心においた庶民の生活史、歴史風土記録映画のような流れになっています。まだ、テレビはない時代です。ラジオはありました。(ラジオ放送の開始が大正14年、1925年です)。大正12年9月1日(1923年)が関東大震災です。昭和3年が満州事変(1928年)。昭和11年(1936年)に主人公の伊吹信介が生まれています。昭和16年12月8日ハワイ真珠湾奇襲攻撃(1941年)。昭和20年終戦(1945年)。
 原作を読んだ時には、そのような趣旨ではなかったような気がします。青春時代の悩みとか、これからの伸びのある成長とかが描かれていた記憶です。人の生き方として、めげずに生き抜く。

 三時間ぐらいの長い映画です。途中で一度休憩をとる時間帯があります。
 自分は、上映されたときに、リアルタイムで、映画館で観ました。今、思い出しても、そんなに長い時間観ていたという覚えがありません。
 
 吉永小百合さんがきれいです。ため息が出るほどの美しさです。
 吉永小百合さんの良かったセリフとして『よかです。うちゃ(わたしは)こん人が(この人が)好きです』

 映像を楽しみます。どちらかといえば、背景の福岡県内の風景を楽しみます。英彦山(ひこさん)が見えます。カラス峠、犬鳴峠というのもあった。飯塚(いいづか)のボタ山、蒸気機関車が走っています。あの当時、実際にリアルタイムで蒸気機関車が走っていました。
 オート三輪、あったなあ。

 吉永小百合さんが天草(あまくさ)の子守唄を歌います。(熊本県の天草上島・下島(あまくさかみしま・しもじま。昔は天草五橋という橋もありませんでした。昭和41年開通。天草にも何度か行きました。なつかしい)
 吉永小百合さんの方言セリフとして『おらぶばい!(叫ぶわよ)』
 繰り返されるセリフが『ばかも、りこうも命はひとつばい』だから、男も女もたくましく生きる。

 昭和天皇の力というものが強大なものであったことが映像から伝わってきます。
 昭和29年当時の昭和天皇ご夫婦の白黒映像を久しぶりに見ました。

 まあ、性描写が多い映画です。映画を観に来てもらうための客引手法なのでしょう。

 お座敷小唄を歌っている女性が、歌が相当うまい。

 大竹しのぶさんの演技は、若い時から体当たりの全力投球です。
 大竹しのぶさんが亡くなった母親を偲ぶ(しのぶ)セリフとして『(自分のお母さん自身が言っていたこととして、自分は(お母さんは))顔も頭も悪かったが、体は丈夫だったから、一生懸命働いた』

 お金がない悲しみ、苦しみがあります。
 
 ラストシーンを観ながらの疑問として、伊吹信介は、ハーレーダビッドソン(バイク)で、福岡県から東京まで行ったのだろうか。行けないことはないけれど、昭和29年ごろのことだから、まだ高速道路も整備されていませんでした。


1977年作品(昭和52年) 青春の門「自立編」
 田中健、大竹しのぶ、いしだあゆみ、高橋悦史、高瀬春奈、梅宮辰夫
 4本観たなかでは、この映画が、一番表現力が弱かった印象が残りました。
 田中健さんと大竹しのぶさんの演技において、バランスがうまくつり合いがとれていませんでした。田中健さんが演じる伊吹信介が、頼りない男性像の設定であることもあって、大竹しのぶさんの演技が強すぎるというアンバランスさを感じました。田中健さんがこどもで、大竹しのぶさんがおとなです。この時代から大竹しのぶさんはがんばっていました。すごいなあ。
 学生役の人が、実年齢が高いようで、学生に見えない。あとは、前作の福岡県筑豊地域での(ちくほうちいきでの)回想中心のシーンが多い。加えて、前作同様、歴史記録映画的な表現でした。クラッシク音楽が緊張した雰囲気をつくりだして暗い内容の映画でした。
 原作の趣旨は、若いということは未熟ではあるけれど、成長が望めるということだったと思うのです。映画のメッセージは別物になっているような感じがしました。
 
 主役の伊吹信介(田中健)さんが、いつも学生服を着ていることが不思議でした。
 お金がなくて、着る物がないとはいえ、私服で行くであろうというところへも(飲食店のある繁華街、性風俗街)早稲田大学の学生であることを強調したいという製作者側の意図があって、主役には、つめえりで、真っ黒に金ボタンの学生服を着せたかったのでしょう。
 
 昔の風景があります。
 まんなかが板張りの廊下で、左右に4畳半か6畳程度の部屋が並んだアパートです。共同トイレ、共同台所もあるのでしょう。昔の人たちは、不便な環境でも、これはそういうものだと思い込んで生活していました。

 劇団の活動をして社会になにかをアピールする。
 そういう時代がありました。

 新宿二丁目も昭和29年の時代背景ですからまだ田舎っぽい。
 テレビ放送の開始が、1953年2月1日です。(昭和28年)
 酔っ払いのお酒飲みばかりです。
 なんだか、だらしないことがいいこととして表現してあります。
 「飲む・打つ・買う(飲酒・ギャンブル・売春)」がいいことだという男の考えは錯覚でした。
 以前、若い人と話をしたときに、「打つ」は、覚せい剤を打つことだと思っていたと言ったので笑ったことがあります。
 
 気に入ったセリフです。
 『学生はまわりくどいからキレエだよ(嫌いだよ)』


1981年作品(昭和56年) 青春の門「筑豊編」が下地
 佐藤浩市、松坂慶子、杉田かおる、若山富三郎、菅原文太、渡瀬恒彦、緒形拳、小林稔侍、鶴田浩二
 観始めてしばらくして考えたことです。演者のみなさんは、何を考えながらそれぞれの役を演じていたのだろう。
 おそらく、炭鉱地区暮らしをされたことがない人たちです。想像しながらの演技なのでしょう。(自分には数年間ですが体験があります)出だしの雰囲気として、リリー・フランキーさんの文学作品『東京タワー』に似ています。同じく福岡県内の炭鉱地区から始まっていたという記憶があります。炭鉱地区は、文学とか音楽とか、芸能文化の人材の宝庫でもありました。

 演者のみなさんがたは、とにかく、お若い。なかには、すでに他界された方もおられます。
 映像に出てくる香春岳(かわらだけ)というのは、たしか、セメントの原料になる石灰を採取する山で、映像では猛々しい容貌を示していますが、現在は、山は削られて、映像のときのような迫力はなくなっているのでしょう。山の変化とともに、人々が過ごす時代も変化しました。ボタ山を知る人も少なくなりました。
 主人公の伊吹信介が今生きていたら何歳だろうかと計算してみました。87歳でした。
 
 ポルノっぽいシーンもあります。反社会勢力(やくざ、暴力団)、人種差別(韓国人差別)、風俗、今思えば、規制がゆるい時代でもありました。こういった映像を、お金を払って、おおぜいで同時に館内で観ていました。

 映画の内容は暗いです。
 原野のような広っぱでのドタバタシーンが多い。
 仮面ライダーとショッカーの対決のようなシーンです。
 暴力があります。
 昔は、親分が『ついてこい』というば、子分たちがみんなついていきました。
 今は、ボスは、『ついてこい』とも言わないし、言っても、全部が全部はついてこなくなりました。
 昔も今も、やっぱり最後は、血縁、地縁なのかと再確認できました。

 まあ、つくりものの内容です。
 娯楽作品です。
 男も女もとんがっています。
 炭坑とはいえ、なんであんなに労働者の顔が真っ黒すぎるのだろうか。
 もう炭鉱という産業自体がなくなってしまいました。
 半世紀を経て、今度は、ガソリンスタンドがなくなりそうです。
 
 心に残った杉田かおるさんが演じる織江さんのセリフです。
 『人の命なんて、あってないようなものよ』

 主人公の個性は、情けない男というしかありません。意志が弱い。自分で決められないことが多い男です。

 後半部は、セリフがかみあっていなかった。
 お世話になった人には、ちゃんとあいさつをして、家を出てほしかった。

 自分はまだこどもでしたが、昭和30年代から40年代のあの当時、九州の地で暮らす人にとって、東京とか、大阪が、日本のどのあたりにあるのかよくわからなかったようすでした。
 まあ、どこにあろうが気にすることでもなかったともいえます。とにかく、働いて、収入を得て、生活していければよかった。
 これは、おそらく、世界でも同じで、日本という国が世界地図の、あるいは、地球儀の、どこにあるのかわからない外国の人って、けっこう多いような気がします。


1982年(昭和57年) 青春の門「自立編」
 佐藤浩市、杉田かおる、桃井かおり、風間杜夫、平田満、渡瀬恒夫、木戸真亜子、萬屋錦之助、火野正平、西川峰子、加賀まりこ
 早稲田大学(大隈重信公設立)に入学した主人公の伊吹信介です。
 砂川闘争というのが、映画の最初と最後に出てきます。1955年(昭和30年)-1960年(昭和35年)東京にある在日米軍立川飛行場の拡張反対住民運動です。農民と警官隊の衝突で流血事件が起きています。計画は中止されています。

 献血ではなく、売血(ばいけつ。献血をしてお金をもらう)

 新宿二丁目に娼婦のカオル(桃井かおり)さんはいる。
 この映画では、桃井かおりさんの魅力が満載です。
 観ていて、桃井かおりさんの演技には、心が落ち着きます。
 映画だなぁという気分にひたれます。桃井かおりさんの映画です。
 『人間はだれでも灰色の魂をもっている』
 ゴーリキーのどん底にあるセリフが出てきます。

 差別用語は、ポロポロ出てきます。

 主人公の伊吹信介は、頼りない男です。
 観ていて、同じ男として、情けなくなります。
 どうしてこんな弱々しい男が主役の個性なのだろうか。
 優柔不断で、判断力はなく、女性に甘えて、実行力もあるようでありません。
 ドラえもんの、のび太みたいです。
 牧織江役の杉田かおるさんが、ドラえもんでのしずかちゃんのポジションです。
 杉田かおるさんの良かったセリフとして『結婚して、こどもを産んで育てて、人間ってそんなもんとちがうやろか』
 伊吹信介は、だれかのヒモ状態です。
 
 話の展開は、マンガのようでもあります。
 時代背景のせいでしょうが、物事を『勘(かん。第六感)』で決めるとか、根性・根性の『精神論』です。科学的、数値的な考察はみられません。
 義理人情、血縁、地縁で話が決まる世界です。

 男尊女卑の映画でもありますが、映像を観ているとそうでもないのです。
 娼館(しょうかん。売春店)で働く火野正平さんが、杉田かおるさんをいじめるのですが、杉田かおるさんのほうが、体格がいいので、杉田かおるさんが負けるようには見えないのです。がんばれ織江ちゃん! 本気で取っ組み合いをすれば、きみのほうが勝てる!と応援したくなるのです。やせっぽちの火野正平さんのほうがやっつけられそうです。

 ダイヤル式の黒電話を久しぶりに見ました。なつかしい。
 
 ロシア民謡『ともしび』の合唱が流れます。
 ロシアがウクライナに軍事侵攻をした今聴くと、複雑な気持ちになります。胸が痛みます。

 飲み屋で、杉田かおるさんが春歌(しゅんか。性風俗の歌)を歌います。物悲しい。
 そのシーンを観ながら、テレビドラマ『池中玄太80キロ』で杉田かおるさんが歌った『鳥の詩(とりのうた)』を思い出しました。

 映像は、劇団の人たちによる演劇を観ているようです。
 男と女の悲哀があります。

 ボクサーのくせに酒やたばこをやります。
 ほんとうのボクサーは、酒もたばこもやりません。

 心中(しんじゅう。男女の同時自殺)は、太宰治のようです。

 九州の方言を知らない人には、登場人物たちの方言はどう聞こえるのだろう。
 そんなことを考えながら映像を観ています。

 てづくり感が満載の映画です。
 まあ、めちゃくちゃな感じもあります。
 元気いっぱいです。
 
 青函連絡船の映像が出てきました。青森駅-函館駅
 トンネルが開通して、今はもう廃止されました。(1908年(明治41年)-1988年(昭和63年))
 別会社のフェリーは残っているようです。

 もう遠い思い出のなかの映画になってしまいました。  

2022年04月13日

運び屋 アメリカ映画

運び屋 アメリカ映画 1時間56分 2018年 動画配信サービス

 『死にたくない 一億総終活時代の人生観』 蛭子能収(えびす・よしかず) 角川新書のなかで、えびすよしかずさんが、いい映画ですと推薦されていたので、観てみました。
 映画を観たなあという気分に浸れました。(ひたれました)
 今年観て良かった一本です。

 主役のクリントイーストウッドさんは、お年を取られました。
 90歳の麻薬や銃の運び人としての役を演じておられます。たいしたものです。
 2022年5月で、92歳になられます。

 主人公であるクリントイーストウッドさんは、家族よりも仕事優先のクソオヤジだったという設定です。
 歳をとって、家族からは見放されて、孤独でカネなしです。
 彼が一人暮らしをしている家は、お金を払えなくて、差し押さえられました。

 伏線として『花』があります。
 映像は、花に始まり、花で終わる流れです。
 お花や緑の植物の映像がきれいでした。

 まともな父親でも夫でもなかった。(妻から責められます)
 仕事バカです。
 家族がたいへんな肝心(かんじん)なときに、仕事を優先して、家庭にいなかったのです。
 日本でも、どこにでもいそうなタイプの男性像ではあります。
 主人公は、親族一同から、冷たい視線を浴びせられます。
 あんたなんか、いなくていい。いなほうがいいという存在です。(職場での英雄は、家庭ではいなくてもいい存在です)
 親族の集まりでは、主人公の居場所がありません。
 
 主人公は反省しています。家族に対して申し訳なかったと心から思っています。
 だけど、お金がありません。
 『車で走るだけでいい。いい収入が入る』
 主人公は、無事故無違反のお年寄りです。
 警察からは目をつけられにくいタイプです。
 ギャングから悪事の誘いがあります。ものを運ぶだけで高収入の支払いを確約する。
 だけど、何を運ぶのかは教えてくれません。

 主人公は最後に気づきます。
 『お金』よりも『(家族と過ごす)時間』のほうが大事だった。

 主人公が大金を手にして、ポンコツトラックから買い替えた黒いトラックがかっこいい。
 
 どうなるのだろう。(まあ、最後は、逮捕されるのだろう)

 稼いだお金で家族に奉仕して、いいところを見せたい。いい人だと認められたい。賞賛されたい。
 ただ、ブツを運ぶだけで、1回当たり、100万円から300万円ぐらいの大金が、手に入っているようです。
 ふつうは、破産寸前だった人が、急に金回りがよくなると、なにかやらかしているなと疑われるのですが、まあ、映画ですからそういうことはありません。

 気に入ったセリフなどです。
 『戦場で(第二次世界大戦)で戦ったんだ。おまえなんか怖くない』
 怖いものはありません。もう超高齢です。いつ死んだってどうってことないという度胸があります。加えて、お気楽じいさんです。ギャングのほうが、あきれます。
 『人生を楽しめ! 俺みたいに』(これは、ギャングのボスの言葉です。この助言に対しての返答が)『あんたは、楽しみすぎだ』(主人公のじいさんの言葉です)
 
 映像を見ながら、お金持ちは、レベルの高い生活を続けるための維持費がかかると考察しました。

 (妻の言葉)『ここで何しているの?』
 (主人公である夫の言葉)『失った時間を取り戻そうとしている』
 
 主人公『まったく、(どこもかしこも)携帯電話ばかりだ。(携帯電話を手離して)ほかに人生を生きられないのか』

 主人公『家族のことを考えなきゃいけない。女は記念日が好きなんだ』

 主人公『娘が口をきいてくれない。娘と12年間、話をしていない』

 映画だなあと安心して観ていられます。

 奥さんが亡くなる少し前に夫にかけた言葉『あなたが家族に愛されるのに、お金持ちになる必要はなかった』
 ひどい父親だったと主人公は落ち込みます。
 妻は夫に、そばにいてくれるだけでよかったのに。
 あなたは、いつも、仕事だといって、家族のイベントに顔を出してくれなかった。

 映画です。胸にジーンとくるものがありました。

 主人公は、裁判所で立ち上がって『(自分は)有罪です(服役します)有罪です。やりました。』
 傍聴席に座っていたご家族が、主人公であるご主人を励まします。
 『(刑務所に)会いに行く!』
 『(これからさき)何度でも会いたい』
 『(孫の言葉として。祖父の)花畑の世話もする』  

2022年04月11日

太川&えびすの路線バス旅 函館から宗谷岬 2008年分

太川陽介&えびすよしかずのローカル路線バス乗り継ぎ人情旅 第3弾 北海道函館から宗谷岬 2008年(平成20年)ロケ分 動画配信サービス

 動画配信サービスで過去の回のいくつかを観ることができることを知り、観たことがない回だったので、観てみました。
 楽しかった。
 たいしたものです。函館から最北端の地、稚内の先にある宗谷岬まで、路線バスだけで到達されています。ほんとうにたいしたものです。

 えびすよしかずさんの言動がとにかくおもしろい。笑えました。
 ゲストは、伊藤かずえさんで、ざっくばらんな人でした。
 三泊四日の旅です。
 お疲れさまでした。

 えびすよしかずさん語録として、
①『(昔、池袋で)大きないなり寿司をほおばって、あごがはずれたことがある』
②(太川陽介さんが、気をきかして、イクラごはんを買って用意してくれたのに)『おれ、イクラだめなんだよ。イクラとウニは食えない!』
③(これを書いているわたしが思うに、たぶん)えびすよしかずさんは、じゃんけんのときに、最初にパーしか出さないような気がします。だから、そのことを知っている太川陽介さんにはじゃんけんではいつも負けるのだと思います。
④『どこにいっても、カレーはおいしい(えびすさんは、その土地の名物は食べない)』
⑤えびすよしかずさんはいつも、トイレに行ったあと、水道で洗ったあと濡れている両手をズボンでふいている。
⑥バス案内所でたいへんお世話になった女性職員さんに『お名前は一生忘れません』と言ったのに、数分後に太川陽介さんが、さっきの人の名前は? とえびすよしかずさんに聞くと間違った名前を言う。(もう忘れている)
⑦熱心にバスルートを調べてくれた人に対して『しつこく調べてくれてありがとう』と変な感謝の表現をする。
⑧太川陽介さんに指摘されて、時刻が間違っているえびすさんの腕時計の針を正しく直したら、以降、えびすさんは、時刻を間違えてばかりいた。(腕時計はもともと意図的に時刻を進めてあった)えびすさんは、さらに時間の感覚がおかしくなって、バスセンターの構内で、おそらく、観ていた一般の人たちも巻き込んで、爆笑の渦に包まれていました。一般の人たちの姿は映っていませんが、まわりにいるみなさんが大笑いされているようすが、映像から伝わってきました。えびすよしかずさんはおもしろい。

 海に沈む大きなオレンジ色の夕日がきれいでした。
 地球の大きさとか、丸い水平線で地球の形を感じることができて、さすが、北海道の景色だと感心しました。(枝幸町三笠山展望閣:えさちちょうみかさやまてんぼうかく)
 途中の食事が、あんぱん1個とか、おにぎり1個とかで、やはり芸能人の方は少食を心がけておられるのだろうと察しました。(えびすよしかずさんは除く)
 札幌市内はやはり都会で、映像で見るだけでいいと満足しました。歳をとってきたので、コンクリートやアスファルトに囲まれた世界での移動が、たいへんそうに感じました。

 ルート選択が大変そうでした。ルートが見つかったと思っても、北海道は、高速道路を走るバスが中心なので、路線バスルートで行くのはたいへんです。どちらかというと、ルートは直線的なものではなく、ジグザグで、東西を行ったり来たりしながら北上していく感じでした。

 伊藤かずえさんが、バスの待ち時間に20分程度ですが、マッサージに行かれて、そのときのことをお話しされているのを聞きましたが、マッサージは疲労をとる効果があるものだと再確認できました。

 どこで泊まるか、ルートはどうするかで、太川陽介さんとえびすよしかずさんが、かなり強いやりとり打合せをされていたのですが、(どちらも退かない(ひかない))シーンがありました。最後に、えびすよしかずさんが、最終的には太川陽介さんというリーダーに従いますよと発言されたのでほっとしました。
 
 すごいなあ。路線バスだけで、函館から北海道の北の果てにある宗谷岬まで移動できました。
 バンザーイ バンザーイ バンザーイの970kmでした。
 ジグザグルートでした。  

2022年04月08日

東野&岡村の旅猿 鹿児島県と熊本県の旅

東野&岡村の旅猿 鹿児島県と熊本県の旅 動画配信サービス

 この番組は、数回に分けて、1か月ぐらいかけて放送されていました。
 鹿児島空港の駐車場にある通路上で長いオープニングの会話です。
 同空港には行ったことがあるので、なつかしく思い出しながら映像を楽しみました。
 ゲストはキャイーンの天野ひろゆきさんで、三人とも仲がいいのか、ずっと笑顔で、笑い声が絶えません。かなりリラックスしていて、いい雰囲気です。
 天野ひろゆきさんは、番組『旅猿』に初参加だそうです。天野ひろゆきさんの相方のウド鈴木さんは、山形県の旅で『旅猿』に参加したことがありますが、同じ場所を訪れて同じ人に会ったのに、ウド鈴木さんは相手さんのことを忘れていて、相手さんからあきれられていました。本人と相手に恥をかかせないように、マネージャーなり、付き添いの人が気をつけたほうがいいです。

 今回の旅のテーマとして『白と黒』にこだわる旅にするそうです。
 白で思い出すのは、たしか焼酎で(しょうちゅうで)『しろ』という銘柄がありました。黒は『黒豚』があります。
 グルメ旅にしようという提案があります。肉がうまい。
 魚もさばこうという話になりました。以前の番組で岡村隆史さんが大阪府堺市内の専門店で購入した高級包丁もスタッフが持参したそうです。
 二泊三日の旅が始まりました。

 スタッフさんの苦労がしのばれます
 東野幸治さんが、演者はちゃんとしたところに泊まるけれど、スタッフはいっしょには泊れないので(たぶん予算的に)、以前やむなく、スタッフが男二人でラブホテルに泊まったことがあると紹介していました。
 スタッフの車中泊も多そうです。夜間車の中で編集作業をやっていそうです。
 出川哲朗さんの充電バイクの旅では、演者の撮影が終わったあと、スタッフだけで同じルートを通って、仕上げの撮影をしているそうです。
 お世話になった地元の人たちに、お礼のあいさつまわりもしていることでしょう。だからいいシーンが撮れるのです。裏方には苦労がつきものですが、やりがいもあります。見ている人はちゃんと裏方さんの動きも見ています。

 天野ひろゆきさんは、料理上手だそうです。この番組では、料理上手がたくさんいます。ジミー大西さんとメッセンジャーの黒田さんです。岡村隆史さんもバーベキューでの焼き上手です。

 天文館という鹿児島市内の繁華街が映りました。最初のうなぎ屋さんを見て、先日読んだ本を思い出しました。メーター検針員テゲテゲ日記 川島徹 三五館シンシャ フォレスト出版という本でした。天文館がある地域の電気メーターの検針は、街路や建物が整然としているのでやりやすかったと書いてあった記憶です。

 うなぎ食べたいなあと映像を観ながら思いました。
 最後に食べたのは、2018年千葉県成田市新勝寺のそばにあるうなぎ屋さんでした。そのあとは、店内が満員だったり、お休みだったりで、からぶりでした。そして、コロナ禍で外食を控えています。(この部分の文章を書いたあと、半月ぐらいがたったときに、かみさんに誘われて、繁華街にある百貨店の中にあるうなぎ屋さんで、入口で名前を書いて40分ぐらい待ったあと、ひつまぶしの昼食を食べることができました。おいしかったです。さらに半月ぐらいが過ぎたころに、愛知県知多半島の親せき宅へ行く途中のうなぎ屋さんで、うなぎ弁当を手に入れて持参して喜ばれました。こちらもおいしかったです)
 テレビの映像では、肝串焼き370円が、にがみがあってうまいそうです。白焼き2100円は、皮がパリパリ、ほどよい弾力だそうです。いいなー
 ウッチャンナンチャンの話が出ます。ビビアンスーさんの話もなつかしい。今ごろ台湾でタレント活動をされているのでしょう。
 もちろんうなぎの蒲焼がおいしい。ちびっこたちもうなぎが大好きです。柔らかい。香ばしい。ご飯と合う。そういえば、うなぎのかばやきがらみの絵本は見かけません。
 映像では、メシを食いながらの昔話が、ハハハという笑い声とともに続きます。

 その後のコーヒータイムでは、車の中で待っている東野さんに気を使わなかった天野さんです。
 天野さんには、いまだに少年の雰囲気があります。

 白くてでっかい鳥居がある照國神社(てるくにじんじゃ)を訪問しました。
 日本国の国旗の起源が島津家にあるということは初めて知りました。
 1855年島津藩の昇平丸という船が江戸の品川に入港した時に、日の丸を掲げて入港したそうです。(明治維新が、1868年)

 三人は、クビ折れサバとか、クエを市場で買いました。
 自分たちでさばいて、料理をします。偉い!
 メッセンジャーの黒田さんもスマホで登場しました。

 芋焼酎(いもじょうちゅう)で白麹(しろこうじ)を使った酒蔵が登場します。
 職人の手仕事があります。
 天野ひろゆきさんはお酒を飲めないので、レンタカーの運転に専念です。
 東野幸治さんと岡村隆史さんは、試飲で楽しそうです。

 映像を観ていて、コロナ禍ですが、ロケができて、旅行に行けてが、うらやましい。
 それでも、いずこもマスクを着用したマスクマンばかりです。
 もうずーっと遠出をがまんしています。
 新たなウィルス株は出てこないでねー

 白熊のアイスクリームのくだり(小芝居のような駆け引き)は、つまらなかった。アイスクリームを店で食べるか、テイクアウトをするかです。
 
 桜島が見えました。映像では、頂上付近が雲で隠れているように見えるのですが、白い噴煙だそうです。なるほど。

 スーパーマーケットに立ち寄って、袋入りうどんひと玉の値段にびっくりする三人です。見ていて、芸能人だなと思いました。
 ひと玉が13円です。かなり安い。自分が毎日のように買い物に行くスーパーは、一番安いのは、うどんもやきそばも、ひと袋が26円です。

 三人さんは、これから、クエ鍋、カキの炊き込みご飯、クビ折れサバの刺身をつくるそうです。
 楽しみです。
 お酒を飲んで、露天風呂に入って、白熊のアイスクリームを食べます。
 盛りだくさんの企画です。

 古民家のお宿は豪華です。
 こどものころに暮らしていた父方実家のある熊本県の農家を思い出します。囲炉裏が(いろりが)あって、正月になると、いとこたちとぐるりと囲炉裏を囲んで白黒記念写真を撮りました。

 自分達で夕食のお料理をするのはたいへんそうです。
 時間も手間もかかります。
 仕事とはいえ、妻帯者とはいえ、独身男性三人の集まりに見えます。

 おふろのあと、白熊のかき氷を食べます。
 凍っているかき氷を、いろりの横でとかすのは珍しい。
 
 夜が明けて、いろりの前であぐらをかいたり、横座りをしたりしての朝食はけっこうつらい。
 自分は、やはり、テーブル席がいい。

(つづく)
 
 熊本県で忍者屋敷です。
 漫画家、タレントの矢部太郎さんがびっくりゲストで隠れて登場しました。
 黒装束で顔を隠していたのに、声で簡単にばれてしまいました。
 手裏剣に挑戦は、スリルがありました。怖い。
 罰ゲームが、股間に風船をはさんでの風船割りです。
 ショーとして、おもしろかった。
 火打石で火を簡単に起こします。すばらしい。麻網が燃えだします。
 矢部太郎さんのやり方はあぶない。だめさをアピールする芸です。
 矢部太郎さんの『大家さんと僕』は、2017年(平成29年)に読んだことがあります。あまり強い印象は残っていません。ほのぼの話でした。されど、番組では、矢部太郎さんから、中国、台湾、韓国で出版されていて、今度、フランスでも出版されるそうです。びっくりしました。
 東野幸治さんは、金もうけのために矢部太郎さんに講演会を勧めますが、矢部太郎さんは乗り気ではありません。あと、矢部太郎さんは、芸人のほんこんさんが、苦手らしい。なんとなくわかります。

(つづく)
 
 みんなで、熊本ラーメンを食べに行きます。
 『黒』のラーメンだそうです。
 見た目と違って、あっさりした味です。
 ギトギトしていない。
 香ばしい(こうばしい)
 熊本へ来たという感じがするそうです。
 おいしそうでした。

 あいにくの雨天の中、黒にちなんだ黒川温泉へ行く途中で、元気チャレンジ館という肉体年齢を計測する施設に立ち寄りました。
 ステップテストはおもしろそうです。リングストレッチというのは、二分間の間、点灯したボタンを押すもので、かなり大変そうです。
 東野さん54歳が測定した結果、48歳でした。天野さん51歳が54歳。矢部さん44歳が54歳、笑いが出ました。漫画家は運動不足なのでしょう。岡村さん51歳が58歳でした。あんなにダンスがうまいのに意外でした。

(つづく)
 
 阿蘇の草千里はあいにくの雨天で残念でした。雨の時は景色もよくありません。
 されど、雨天の旅もあります。
 
 黒川温泉では、ふりちん丸出しで大騒ぎです。
 こどもたちの修学旅行のようです。
 ちょっと思いつきましたが、最近の修学旅行は、ホテルのツインルームで、大浴場には入らないのかもしれません。

 旅館の夕食が豪華です。
 馬刺しがおいしそう。
 カミカミして食べたら、元気が湧いてきそうです。
 談笑中に東野幸治さんが『嫁がこれだもんで』と、手で大きなおなかをつくって、嫁さんが妊娠しているジェスチャーをします。
 岡村隆史さんのお子さんが生まれたことを、東野幸治さんは、このロケの時に知っていたのかもしれません。

 景色やレジャーを楽しんで、ほどよく疲れて温泉に入って、おいしいものを食べて、いっぱいおしゃべりをして、日頃のストレスを発散します。旅の基本です。
 仕事の撮影とはいえ、いつも旅程の半分以上は、メンバーの楽しみです。観るほうも演じる方も気楽な番組です。  

2022年04月02日

メン・イン・ブラック アメリカ映画

メン・イン・ブラック アメリカ映画1997年 1時間37分 動画配信サービス

 古い映画ですが初めて観ました。
 ギャング映画だと思って観始めたら、全然違っていました。
 びっくりしました。

 メン・イン・ブラックは、闇に潜む(ひそむ)人間ということで、アメリカ合衆国の秘密組織と理解しました。組織名が『MIB』です。

 とんぼが、ずーっと飛んでいる始まりの映像です。
 虫がからんでいるのです。
 ゴキブリちゃんです。

 なんだ、この生き物は?! おもしろい! ET? この映画は、喜劇? コメディなのか。敵は、人間じゃない。
 そういえば、この映画を下地にできたテレビコマーシャルがありました。(観終えて、ようやくコマーシャル映像の意味がわかりました)
 次は、何が起こるのだ?!

 宇宙人か。ほら話か。
 アクションムービーです。
 やっぱり相手は、人間じゃない。
 まぶたが上下ではなくて、左右で開閉する。(呼吸のためのエラだそうです。目で呼吸をする)

 SFノンフィクションコメディ物語です。
 『砂糖、どば、がば』がおもしろかった。
 ところどころの映像は、アーチストの絵画を見ているようです。サルバドールダリとか、ピカソとか、ミロとか。

 ユニバーサル質店:地球上にいるエイリアンの活動を監視している秘密の場所。

 セトラ星人

 なんだか、なんでもありのほら話なのね。
 ときおりドタバタの怖いシーンあり。

 ジェームズ・エドワーズ刑事(ウィル・スミス)
 K(トミー・リー・ジョーンズ):代理人。メン・イン・ブラックの職員に見えます。
 このふたりのふたり芝居で進行し、そこに女優さんと、牧場のおっさんがからんでいきます。

 別世界です。スター・ウォーズみたい。
 『超小型CD』は、現代のSDカードなのでしょう。
 
 親子とか兄弟姉妹とか、家庭とかはありません。『個』があるのみです。
 メン・イン・ブラックの職員は、この世に存在しない。社会に帰属しない。
 闇の人です。

 農夫の体をのっとったエイリアンの動きは、お笑い芸人のおさむちゃんのようです。
 
 タコの足みたいなものがからまってきます。気持ち悪い。
 だけど、エイリアンの出産でした。
 宇宙人のあかちゃんです。タコではなく、イカ娘でした。かわいい。

 記憶を消す光があります。
 光がなくても、高齢者になると、認知症で自然にここ数日前の記憶が消えていることがあります。

 カーステレオは、大きなカセットを差し込んで使います。
 エルビスプレスリーの歌曲が流れます。
 トンネルの天井をスペシャルな車でさかさ走行するシーンは、この映画の見せ場でしょう。

 地球の破裂まで残り時間8分です。
 妖怪怪獣映画みたい。

 ああ、こういう映画だったのか。