2018年08月15日

トリガール 邦画 DVD

トリガール 邦画 DVD

 人力飛行機で琵琶湖を飛ぶテレビ番組を昔は毎年観ていましたが今は観ていません。1時間半程度の映画で軽く観られそうだったので手に取りました。これからは、90分程度の作品を連続して観ようかと思っています。

 観る前は単純に若い人たちが夢を追う映画だろうと予想しました。琵琶湖の上空を人力飛行機がたくさん飛ぶ風景を見ることができると期待していましたがそうではありませんでした。その点が残念でした。
 練習時に滑走路に見立てた場所で飛行機の原動力となるペダルをこぐシーンがあります。先月見学した成田空港での飛行機離着陸風景を思い出しました。

 映画は、主演女優さんの熱演です。先日は8年間意識が戻らなかった花嫁さんを演じる映画を観ました。そちらも熱演でした。この映画では、もうひとりの男子とふたりで飛行機のペダルをこぐわけですが、両者喧嘩をしながら、それでも、息がぴったり合って飛んでいきます。
 正規のパイロットが出場しなくなるのは、病気かケガか事故だろうと、観ている途中で勘づくことができます。
 高校生時代片道20キロの通学路をママチャリをこいで通ったというエピソードはほろりときます。やはり人間、長期間の努力の積み重ねが最後に実を結びます。
 盛りだくさんのエピソードが連続していきます。

 コメディです。
 鳥人間コンテストが映画になるとこういう雰囲気になるのかと納得します。
 チェック柄のシャツを着る眼鏡軍団(オタク)はマンガチックですが、集団の統制がとれていておもしろい。徹底しているのもいい。理系ですが、スポーツ根性物語です。
 ひとり、語る人がいますが、言葉をよく聞き取れなくて聞きづらかった。

 大学生向けの映画ですが、大学ってなんだろうと考えました。時代によってその定義が変わるようです。
 最初は大声ばかりで、なんだかと思いましたが、そういうものだと割り切れば楽しい映画です。

 土屋太鳳、間宮祥太朗  

Posted by 熊太郎 at 06:22Comments(0)TrackBack(0)DVD・映画

2018年08月04日

劇場版ポケットモンスター みんなの物語

劇場版ポケットモンスター みんなの物語 映画館

 孫と一緒の鑑賞です。ポケモンのことはあまり知りません。

 冒頭はアメリカ・サンフランシスコを模した急な坂道とケーブルカーの景色です。海がきれい。
 全体的に油絵の風景のなかにマンガのキャラクターがいるような雰囲気です。
 色はきれいですし、鳥瞰図(ちょうかんず。鳥目線)的視野もいい。

 下地の知識がないために、筋立ての内容がわかりませんでした。観ている子どもたちにとっても筋立ては複雑な気がしますし、登場人物の言葉も大人の言葉です。しかし、それでいいのでしょう。こどもたちにとっては、知っているポケモンがたくさん出てきて、勧善懲悪でサトシとピカチュウチームがロケット団チームに勝てば胸がすっとするのでしょう。

 ルギア、バンギラス、ゼラオラ、イーブイ、ウソッキー、ソーナンス

 キーワードとして、「風」、「山火事」、「祭り」

 ピカチュウというポケモンはこんなに強いのかとびっくりしました。「電光石火」と言っていました。

 蛇足ですが、予告が30分ぐらい続いたので待ち長かった。  

Posted by 熊太郎 at 05:58Comments(0)TrackBack(0)DVD・映画

2018年08月03日

この世界の片隅に 邦画アニメ

この世界の片隅に 邦画アニメ DVD

 勘違いをしていました。以前マンガの本で読んだと思っていましたが、なんだか、ストーリーが違うなと確認したら、読んだのは、「夕凪の街、桜の国」でした。
 毎年この時期、平和を祈願する時期がきました。アニメは絵が優しい。広島弁とか背景に流れる歌がなつかしくもあります。
 すずさんを描きながら、日本人庶民の暮らしが流れていきます。だれがこんな戦争を引き起こして操作したのか、戦争反対、平和の維持を深く考える作品でした。  

Posted by 熊太郎 at 05:04Comments(0)TrackBack(0)DVD・映画

2018年07月27日

ラストレシピ DVD

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶 邦画 DVD

 「麒麟の舌」って、どういう意味だろう。一度食べた味を再現できる舌。そんな人、いないと思う。
 冒頭付近にそんなシーンがあり、そんな舌をもつ主人公のなんとか充(みつる)は、満州時代の山形直太郎の生まれ変わりであろうと鑑賞の途中でピンときます。思い出の料理を再現できる人です。

 設定にはいろいろと無理がありますが、気持ちを素直に流れにのせていきます。中国人俳優の料理人さんの演技が光ります。好みの職人タイプです。「ハオチー(中国語)が、おいしい(日本語)」
 
 宮崎あおいさんの役割って何だろうと観ていました。カメラマン。料理は科学と数学、記録が大事。薄かった存在感は中盤から後半にかけて色濃くなりました。

 きれいな料理がたくさん出てきます。

 料理のシーンにしぼって、そのシーンを連続で出して、そこに音楽をつけてという工程で、「素材を生かす」というヒントのようなアドバイスのような言葉が自分の頭に出てきました。

 料理は国境を超える。

 満州事変を料理に置き換えてあると考えました。
 
 メッセージは、「命のつながり」です。

 宿命は変えることができない。若干、古い映画「砂の器」を思い出しました。

 冒頭付近の空撮で、わたらせ渓谷鉄道2両編成だと思うのですが映像が流れて、20年ぐらい前に乗ったことがあるのでなつかしかった。

 二宮和也 綾野剛 宮崎あおい 西島秀俊  

Posted by 熊太郎 at 07:19Comments(0)TrackBack(0)DVD・映画

2018年07月18日

DESTINY 鎌倉ものがたり 邦画

DESTINY 鎌倉ものがたり 邦画 DVD

 自分には合わない映画でした。
 DESTINYは運命、宿命。
 映画の内容は、知らなかったのですが、原作がマンガで、映像は、空想幻想妖怪霊魂ファンタジーです。
 江ノ電を模した電車一両が空中に浮かぶ長い線路を走る姿は美しかった。

 理屈っぽかった気がします。

 特撮はすばらしい。
 鎌倉の文学館に行ったことがあります。主人公たちの家が文学館の雰囲気でした。

 調べた言葉として、埒が明かない:らちがあかない。事態が進展しない。

 堺雅人 高畑充希  

Posted by 熊太郎 at 06:37Comments(0)TrackBack(0)DVD・映画

2018年07月17日

8年越しの花嫁 邦画

8年越しの花嫁 邦画 DVD

 今年観て良かった映画の1本になりました。
 本は読んだことがあったので、どうやって、8年間の空白を埋めるのだろうかと想像がつきませんでした。ずっと昏睡状態であったのではなくて、最初は、左手がけいれんするように動き、右手が動き、まぶたが開き、若干記憶喪失状態で、車いす、歩行のリハビリと続いていきます。まいさんを演じた女優さんは熱演です。周囲の役者さんたちも立派な演技で感動しました。まじめな映画を観たい。

 観ていて、思い出が濃厚なほど別れはつらくなる。男性が追い求める姿はときにストーカーに近くなるのですが、気持ちはよくわかります。
 長い人生、だれもが、いつかは病気になって入院します。そのとき「克服」が必要になります。

 8年間は長いけれど、長い分、幸福感に満たされます。人間ってすばらしい。死んではだめです。

 ご家族が、もういい。ほかをあたってくれみたいになるのは仕方がありません。「君は家族じゃない。」71分過ぎからは舞台劇を観るようでした。なんて、やさしい男なんだろう。「もう一度」と言う女性と「(以前から)ずっと」という男性。

 冒頭付近のフェリー船内を観て、(このフェリー乗ったことがある。)旅行で行ったことがある小豆島でした。身近に感じました。

土屋太鳳 佐藤健 薬師丸ひろ子 


2017年11月11日付感想文
8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら 中原尚志・麻衣 主婦の友社
 小説、つくり話だと読み始めたら違っていました。びっくりしました。事実を伝えるドキュメンタリー形式の本でした。
 それまで健康に見えたのに、1月に心肺停止してしまった。8年は長い。とてつもなく長い。12月17日に結婚式場を予約した。挙式は、翌年3月11日の予定だった。
 脳の病気の原因は書かれていませんが、そういう病気があるのだとは納得しました。
 おもに夫の記録です。
 妻のほうは、記憶がありません。
 日記を戻りながら記事をひろっていきます。日記の強みです。
 ご両親が出てきます。両方のご両親は似ています。風貌も似ています。
 「世の中には神も仏もない」、「生きてるだけで、まる儲け」
 泥まみれになって、幸せをすくいだすような表現。
 どうしても親の立場で読んでしまいますが、ふたりを止めることはできません。   

Posted by 熊太郎 at 07:13Comments(0)TrackBack(0)DVD・映画