2020年01月20日

東野・岡村の旅猿 長崎県五島列島

東野・岡村の旅猿 シーズン15 長崎県五島列島 テレビ番組

 関東地区、2018年10月放送分

(前の週)
 見ていません。

(今週)
 ゲストは、ロッチの中岡創一さん。よく知りませんが、長髪でぼさぼさ頭なので、うさんくさい人だなあと見ていましたが、映像からは誠実そうな人柄が伝わってきました。
 
 海水浴場の海は透明度が高く、海底にある砂の文様が美しい。三人が海に入るまでのいざこざに近いような駆け引きがおもしろかった。テレビというのは、映像が、加工された作品であるという解釈で視聴しています。たいていは、仕組まれていると思って見ていますが、旅猿の場合は、とくに東野さんが仕込みを嫌うので、生の部分が多く、そこが気に入っています。

(次週)
 牛肉や豚肉料理がおいしそうです。映像を見ているだけでおいしさが伝わってきます。
 ただ、ちょっと飽きてきました。たくさんの旅番組を見て、きれいな海、おいしい食べ物、もう堪能しました。

 旅猿の場合は、事前にスタッフが宿泊場所を予約しています。太川&蛭子さんとか、出川さんの充電バイク場合は、予約せず、その場の飛び込みなので、そのおもしろさがあります。旅猿の場合は、すてきなお宿が確保されていますが、番組開始当時のインドや東南アジアでのぼろぼろのホテルでのすったもんだのおもしろさがなつかしい。

(次回に続く)
 見落としました。

(その後)
 ビデオ屋さんでDVDを借りて来て観ました。
 長崎県五島列島は、こどものころからその存在を知っていますが、行ったことはありません。今回の映像で、おいしい食べ物があること、美しい海の風景があること、そして、宗教の島(カトリックキリスト教)であることがよく伝わってきました。

 冒頭、今回のゲストはロングヘア―の人と紹介があり、だれもが、女性タレントさんと勘違いしました。最後にゲストの中岡さんが世界各地でシャンプーを買って集めることが楽しみというお話をされていました。長い髪と頭皮のお手入れのためなのでしょう。
 
 五島市おもてなしガイドの山口さんの説明がわかりやすかった。東野さんと噛み合わない会話でしたがなかなかおもしろいやりとりでした。岡村さんが、山口さんの説明中に、東野さんが、カメラバシャバシャとっている行動に怒ったのを見て、岡村さんは常識人ですが、神経質なところもあるのだなということがわかりました。
 教会は、以前東京で観たニコライ堂を思い出すような内部でした。
 すでに感想をアップしましたが、次回はロシアモスクワ訪問で、来週旅立つというような話をふたりがされていました。
 番組の流れをつくっているインスタ映えというのは自分にはよくわかりませんが、三人とも十分満足されていました。

(その後)
 別のテレビ番組で、タレントさんを変えて、同じ湾、灯台、レジャー場所・道具兼宿泊場所でのロケ放送がありました。予定調和の内容で淡々と過ぎて終わりました。単なる観光地の宣伝でした。真っ暗な中、滑車付きのひとりロープウェイにつかまって坂をくだっていって、巻き戻して上に戻って来た岡村さんでしたが、夜で風景はまったく見えなくても、旅猿のほうがおもしろい。
  

2020年01月19日

東野・岡村旅猿 ロシア・モスクワで観光の旅 DVD

東野・岡村旅猿 ロシア・モスクワで観光の旅 DVDワクワク編とルンルン編 2018年11月

 モスクワの赤の広場、クレムリン宮殿、大統領府、聖ワシリ大聖堂の回りを何度も回るルートで、二日間ぐらいの滞在です。
 東野さんがどうしてクレムリン宮殿(クレムリンは城塞という意味)が大好きなのかはわかりませんが、熱狂的でした。それに対して、岡村さんは、何度も同じ建物を時間帯や位置を変えて見るだけなのでついに嫌気がさしてしまいました。
 
 モスクワの人というのは、やはり、社会主義の国に住む人という印象をもちました。
 途中、ふたりと番組スタッフが、おおきな対立になるのですが、やらせを嫌う東野さんとコサックダンス教室を企画した現地ガイド・日本人スタッフの争いは、東野さんの意見のほうが正しい。いっけん、日本人とモスクワに住む人との友好シーン映像に見えるのですが、コサックダンスのメンバーは、報酬をもらって演技をしていたと推測するのです。
 社会主義、秘密主義、言論統制、報道の不自由などの要素がある社会組織の国です。東野さんがスパイ行為も含めていろいろ疑うのはやむをえません。スポーツにおけるドーピング疑惑とか、日本終戦時に満州や北方領土に進行してきたとか、いろいろ思い浮かびます。

 空港に行く列車の中で、現地のロシア人らしきおじさんに、撮影をしていたので、うるさい、静かにしろみたいに注意されます。緊張の時間帯でした。しかたがありません。日本の新幹線も同じ雰囲気です。
 
 モスクワでの食事は、みんなおいしいことが伝わってきました。お肉は、ビーフストロガノフ、ピロシキ、キャビアのパンケーキのせ、イクラ、ウクライナ料理(ブタのラードをパンにのせて食べる)、ジョージア料理(グルジア料理。オムレツ、水餃子)

 景色のいいところとしては、空が広い、夜のライトアップが美しい、大きい大砲、大きい鐘

 おみやげ屋では、マトリョーシカ(重ね人形)、防寒用帽子、プーチングッズ(Tシャツ、マグカップ、マトリョーシカ、タンブラー)、スタバ―のタンブラースモールサイズ

 2019年の未来予想のようになっている東野語録として、「沢尻エリカさんぐらいしかいない」、「ワンプーチンになろう。(プーチンが大好き)ラグビーのワンチームと同じ意味合い」
 岡村さん語録として、夜、ウォッカで酔っぱらって、「風俗に行きたい」

 旧ソ連の今の印象として、けして豊かではない。せいいっぱい。
 人の印象として、猜疑心(さいぎしん。疑い)をもっていないと利用されそう。

 おまけとして、糸切り方式のユーフォーキャッチャーゲーム、また、痛めつけられているようなサウナ(白樺の葉で15分間はだかの上半身をたたかれたあと、頭を押さえられて冷水に潜る)

 笑ったところとして、岡村さんが朝食にそばの実を頼んで食べていたら、東野さんが、「鳥のエサ食うてるんか」
 
 映像を見ているだけで行った気分になれました。

 行きは、中東カタール(サウジアラビアの東隣り。秋田県と同程度の面積。油田。首都はドーハ―)経由でモスクワまで16時間、帰りは、東野さんがヘルシンキ(フィンランドの首都。人口約56万人)経由名古屋で17時間、岡村さんが成田直行で10時間だそうです。ふたりは、これからの予定を直前ぐらいにしか知らされず、タレントさんのスケジュール管理には、恐ろしささえ感じられます。

 観光気分で、東京で、カメラをおふたりがそれぞれ購入した話を聞いて、動画撮影用ではなくて、本格的な写真撮影に興味があるのかとちょっと意外でした。

 あとは、寒そうでした。朝の気温が8℃ぐらい。
  

2020年01月18日

男はつらいよ50 お帰り寅さん 映画館

男はつらいよ50 お帰り寅さん 映画館

 親子関係を考える映画でした。そして、歴史をふりかえり、思い出をなつかしむ映画でもあります。出演者も観客も歳を重ねました。平日昼間の観客は70代すぎの人たちが多かった。同性の友だち連れや夫婦です。
 昭和時代に金字塔(後世に永く残る優れた業績を打ち立てた作品群)を打ち立てたシリーズです。昭和40年代後半から50年代前半に田舎の映画館でこの映画を観ていたころ、上映中に、チケットもぎりのおばちゃんが観客席に来て、大きな声で、「〇〇くん、家から電話だよ」とお客で来ている近所の人に声をかけたりしていました。映像の中の世界と現実の世界が一致していました。まだ、自宅に加入電話をひけていない家庭もままありました。
 劇中、寅さんを中心にして激しい口喧嘩がたびたびあるのですが、お互いに言いたいことを言い合って、ぶつかって、それでも、それぞれが少しずつ身を引いて妥協点に達して合意する経過は、核家族や単身世帯が増えた現在にあってはうらやましい。
 すでに亡くなってしまった出演者の映像からは、淋しさと、せつなさを感じます。とくに、事故死された女優さん、病死された女優さんや男優さんは、もっと長生きしてほしかった。長寿社会になったとはいえ、平均寿命まで生きることができない人もいます。
 感想をいくつか。
 寅さんのシーンがたくさん出てくると思っていましたが、それほどありませんでした。もっぱら、吉岡秀隆さんと後藤久美子さんのシーンです。おもにふたりが思い出す寅さんのシーンが映像で流れます。渥美清さんの映像はDVDで楽しめるので、これまでの本編はそちらで楽しみましょうということなのでしょう。昔の映像のなかの役者さんたちはみなさん若い。女性は美しくてきれいです。男性は生き生きとしていていい男です。
 吉岡秀隆さんの現在の子どもとしての女子高生は、父親にあんなに優しい女子高生は現実にはいないわけで、つくられた個性でした。それでもかまいませんが。
 映像も合成とわかるようなものもありました。しかたがありません。
 おもしろかったのは、「年をとって、耳が遠くなっても、悪口だけはよく聞こえる」というセリフ。耳も聞こえづらくなりますが、目もかすんで見えにくくなります。
 いまでは、ストーカー行為といわれるような昭和時代のいちずな恋愛は涙を誘います。
 女性編集者高野さん役の池脇千鶴さんは芸達者で演技上手です。感心しました。
 車寅次郎は善人ですが、わがままでいいかげんな悪役の面もあります。めんどくさい奴です。それでも愛されるのは、美しくて太い線が一本とおっているからです。たとえば、「人間は理屈だけで生きているんじゃない(気持ちとか、感情のほうが理屈よりも優先している)」、「(人間はなんのために生きているのかと吉岡秀隆さんにたずねられて)たまに、生まれてきて良かったなあと思えるときがあるからじゃないか」、「結婚は必要なことだ」、「いいじゃないか、まちがえても。若いんだから(心が広いときもある)」、「だめなところもあるけれど、それが伯父さんだ(心が狭いときもある)」、惚れっぽいのですが、望みがかないそうになって、その女性と一線を超えるチャンスが訪れたとたんに臆病になって身を引いてしまいます。永遠の少年です。そこが、健全であり、おかしくもあり、こどもからお年寄りまで、おおぜいでも安心して観ていられるのです。
 柴又駅のホームを隔てて、女子高生たちが会話をかわしているシーンが良かった。柴又駅の現地にいったことがあるし、若い頃自分が、別の場所で、じっさいそういう体験をしたことがあるので、ほんわかしました。
 ワンポイントでの、出川哲朗さん、立川志らくさん、カンニング竹山さん、笹野高史さん、橋爪功さんの登場も良かった。
 苦言としては、今の時代、映画での喫煙シーンは出さないほうがいいです。ましてや今回は病院での喫煙シーンです。時代は変わっているのに日本映画スタッフの意識は変われていません。ほかの日本映画でも喫煙シーンで感情表現をしようとする映像が多用されていますが時代遅れです。
 BGMとしての雨の降る音が良かった。バックミュージックの音楽で観客の感情を誘導するのではなく、自然の音、鳥のさえずりとか、風の吹く音で、映像に雰囲気をつくってほしい。
 歴史を感じる映画でした。昨年秋にNHKで観た寅次郎少年のドラマも思い出し、永い時の経過を味わうことができました。
  

2020年01月14日

杉原千畝 邦画DVD 

杉原千畝 邦画DVD 2015年公開

 岐阜県加茂郡八百津町にある杉原千畝記念館へは、20年ぐらい前に、観光バスに揺られた団体旅行で訪れたことがありますが、当時は本人のことをあまり知らず、施設の中をひととおり歩いた記憶があります。こじんまりとしたところでした。
 訪問当時は、ヨーロッパにあるとある国の領事館に勤務していて、ユダヤ人をドイツ軍の虐殺から守るために、自分の命をかえりみず、条件に合致していないユダヤ人にビザ(日本国への入国許可証)を発給した人という知識だけしかありませんでした。今回この映画を観てだいぶわかりました。
 ビザ発給の取り扱いは不正であるので、微妙な心理で鑑賞することになるのですが、命乞いをする人たちに対して、自らの命をかけて、たとえ不正とはいえ、命を助ける行為をしたことは、人道的には称賛に値します。そうでなければ、おおぜいの人たちが不当に虐殺の対象になっていました。
 ヨーロッパでの本人の呼び名は、スギウラチウネではなく、センポスギウラであったということは映画を観て初めて知りました。(チウネは発音しにくいから、通称センポ)
 リトアニアという国もよく知りませんでした。ソ連崩壊まで、強制的にソビエト連邦に含まれていたようです。
 ビザの発行については、いろいろ考えさせられました。しょせん紙切れという理屈もわかります。紙が有効なのは、国が存在しているという実態があってこそのものです。ドイツに占拠されてしまったオランダ国領事もからんでいたことでわかりました。
 外交官という名目のスパイ行為もあるのかと、複雑な心境になりますが、人間の行動と行為はもともと複雑です。
 外国侵略という不正には、ビザの不正発行でのりきる。対抗策です。
 杉浦千畝氏を追放した日本国外務省が、リトアニア国及び命を助けられたユダヤ人の人々からの抗議を受けて、名誉回復の措置をしたことは、驚きをもちつつ、いいことだと賛同します。
 良かったセリフなどとして、千畝がポーランド人スパイを雇用するときに「残っているのは、運転手の枠だけだ」、「(千畝に向かって)あなたは世界を変えたいと思っていますか→(千畝の返答として)常に思っている。すべてを失うことになってもそう思っている。(ビザを)できるだけたくさん発給する」、「お世話にならない。お世話をする。報いを求めない。(日本人の美徳とか、サムライの心意気を感じました)」、「(国籍が違っても同じ人間)私はかれらを(ユダヤ人を)救いたい」、「きみは最低の外交官だった。そして、最高の友人だった」
 戦争の愚かさが伝わってくる映画でした。軍人は丸腰の庶民、老若男女こどもにまでも、冷酷に、機械的に銃殺行為をします。人間は教育によって殺人マシーンにもなれてしまうのです。怖い。  

2020年01月13日

東野・岡村の旅猿15 北海道流氷ウォークの旅

東野・岡村の旅猿15 北海道流氷ウォークの旅 再放送 関東地区2019年4月10日放送分

(1回目の放送)
 ゲストはベッキーさんで、いつものメンバーなので落ち着きます。
 あんのじょう、レンタカーの運転はベッキーさんでした。ベッキーさんは、マニュアルか運転できないそうなのでしかたがありません。以前観たこの番組でレンタカーがマニュアルだったことがありました。
 今回のルートは途中まで、昔、自分もレンタカーで走ったことがあります。時間がなくて網走監獄には行けませんでした。その後、季節を変えて流氷の旅も行きたかったのですが、そちらも結局行けませんでした。いまは、映像で見ただけで行った気分になれるので、番組を見ながら楽しみます。

 お相手をよく知りませんが、ベッキーさんが結婚した話が出ます。2018年4月に旅猿伊勢神宮の旅にベッキーさんが出ていたのですが、そのあとだんなさんとの出会いがあったというようなことを運転しながら話しておられます。さすれば、伊勢神宮そばの猿田彦神社は縁結びの神ということになります。以前、猿田彦神社で森三中の方が式をあげたと、たしかこの番組で紹介があった記憶です。
 
 岡村隆史さんのほうは大河ドラマ「麒麟が来る」に出演が決まったというお話で、2020年になったので、いよいよドラマがスタートします。

 予定調和がないのがこの番組の良さですが、なかよしメンバーなので、ベッキーさんの運転、東野さんのベッキーさんいじめいじりは定番で、ちょっとおもしろみに欠けます。
 「かにや」さんのお料理はおいしそうで良かった。いっしょに食べた気分になれました。
 つづく。

(2回目の放送)
 ベッキーさんがSuicaスイカで網走監獄の入場料を払ったのでびっくりしました。交通系カードで支払いができるのですね。もう現金があまりいらない時代になりつつあります。
 網走監獄の独房で、岡村さんの「最近ぐちゃぐちゃいう吉本の芸人をここに入れよう」という提案がおもしろかった。岡村さんは最近おこりっぽくなったイメージがあります。
 監獄見学は、共同風呂の形態がわかりやすく、網走監獄を見学した気分になれました。放射状の建物配置である刑務所を観ていたら、洋画「グリーンマイル」を思い出しました。
 流氷の上でのはしゃぎまくりがおもしろかった。防水・防寒スーツを着用して、海に腰まで落ちたり、逆に上半身まで沈めて、同じ目線の高さで流氷をながめたり、アザラシ、クリオネの登場も良かった。なによりも、いいお天気で良かった。

(3回目の放送)
 東野さんがベッキーさんの食べ物をとったり、ベッキーさんの食べたいものを食べさせなかったりの意地悪をします。番組とはいえ、ベッキーさんの1個きりしかないおにぎりを奪ったことはよくありません。最後にホテルの部屋で、ベッキーさんに結婚おめでとうの装飾プレゼントをするわけですが、まず、ベッキーさんをへこませておいて、喜ばせるというストーリーは、DVドメスティックバイオレンスみたいで感心しない演出です。叩いたあと優しくなだめるパターンです。それでも、ベッキーさんのひとことが良かった。「やっとお祝いしてもらえた」

(4回目の放送 最終回)
 見逃しました。
  

2020年01月12日

M-1ぐらんぷり2015 DVD

M-1ぐらんぷり2015 DVD

 わたしの知らない漫才の世界です。しばらく前からこの番組をDVDでさかのぼって観ています。過去のことですが、自分にとっては新鮮です。
 番組は、5年ぶりの再開とあります。
 優勝は、トレンディエンジェルでした。
 先日、ナイツ塙宣之(はなわ・のぶゆき)さんの「言い訳 関東芸人はなぜM-1で勝てないのか」を読み終えたので、わかりやすかった。

「メイプル超合金」 安藤なつ カズレーザー 796点
 ひとり暮らしの淋しさをいやすために犬を飼うというところから始まりますが、話はあちこちに飛びます。つくり話とか、「ワイファイ飛んでるなー」のところがおもしろかった。やわらかい。なんともはや、たくましい。

「馬鹿よ貴方は」 新道竜巳 平井“ファラオ”光 791点
 自分には合わないのか、あまりおもしろくありませんでした。一風変わった芸風でした。「顔を菱形にしてやろうか」の部分がイヤでした。詰め込み漫才の反対のパターンでした。

「スーパーマラドーナ」 田中一彦 武智 813点
 交通事故などで、すでに死んでいる話。男も女も死ぬ話ばかり。奇妙。ふたりの息が合っていないような。それでも点数は良い。「奥歯にうんこがつく理由」など、前半の伏線を後半でいっきに回収する勢いがすばらしかった。

「和牛」 水田信二 川西賢志郎 806点
 うまい。老獪(ろうかい。経験を積んで賢い)です。がっちりした漫才が完成しています。恋愛に関するドラマ、映画で、おもしろい視点からしゃべくりです。映画「卒業」をひねった感じ。花嫁が結婚式場から男のところへ逃げて来たのですが、男が花嫁になぜという疑問をぶつけ続けます。

「ジャルジャル」 後藤淳平 福徳秀介 834点
 おもしろい。「幼き頃」、「ちやがう(ちゃうのこと)」、ほかにもいろいろ、「ひざの峠越え」、途中で、漫才の終わり、漫才の締めのような「もうええわ」の声と、動作のあと、また続けるなど、アクセント、イントネーション違いを素材にした言葉の研究漫才でした。審査員から、理想的な笑いのとり方という評価がありました。

「銀シャリ」 鰻和弘(うなぎ・かずひろ) 橋本直(はしもと・なお) 818点
 「壁どん=ベルリンの」から始まり。料理のさ・し・す・せ・そ(砂糖、塩、酢、醤油、味噌)を長くひっぱり、「たちつてと」へいき、すべて、「ソース」でまとめる。おもしろいけれど長かった。

「ハライチ」 岩井勇気 澤部佑 788点
 おもしろかったのに、点数は低かった。順位付けのためにしかたなく、そういう点になったとのこと。身代金目的の誘拐事件話ですが、誘拐されたのが、フェレット(いたちみたいな)から始まって、人間の誘拐になるけれど、身代金を払わないと人質に質の高い待遇をして、人間的にだめにしてやるという強迫内容。澤部さんがやさしい。ほかのコンビもふくめてですが、普通だったら、ちょっとカッ! とくるような怒れる変なことを題材にするのですが、けして、「攻撃は」しないのがパターンになっています。なんとかして受けて、それを笑いにもっていこうとします。

「タイムマシーン3号」 山本浩司 関太 816点
 世の中のありとあらゆるものを太らせる力を身につけた。「漫才→ぜんざい」、「お客さん→具だくさん」、「天空の城ラピュタ→天丼のふたなめた」、やがて、目的が逆転して、やせるのパターンに変化。言葉遊び。最強の言葉が、「タニタ」。おもしろかった。

「トレンディエンジェル」 たかし 斉藤司 825点
 爆発的な強さがありました。敗者復活からの勝ち上がりです。ハゲネタ。コントやギャグもからめながら、ラグビーボール、ハロウィン、進行が速い。スピード漫才でした。


〇決勝
「銀シャリ」
 悩み事ネタ。マンションの壁が細い(薄いではなく、細い)。隣人がうるさい。赤ちゃんの泣き声、ピアノなどを題材にして、言い間違い漫才です。マンションの上にコンビニがある。広がりがあっていい。

「トレンディエンジェル」
 決勝の3組が終わったときにトレンディエンジェルが優勝だろうと思いました。
 女の子にもてたい。匂い。ハゲネタ。シャンプー、ダイエット

「ジャルジャル」
 言い間違い漫才。「初めて→あつめて」、謙譲語、尊敬語、丁寧語の間違い、同級生ではなくて同窓生、国語の授業みたい。おもしろかった。