2018年09月23日

オールドレンズの神のもとで 堀江敏幸

オールドレンズの神のもとで 堀江敏幸 文藝春秋

 短編集で、18本あります。「帰郷」がテーマのようです。パート1から3まであり、1を読み終えたところです。

 「オールドレンズ」とは何だろう。本では一番最後においてある作品です。調べたらフィルムカメラのマニュアルフォーカスレンズとありました。ひとつずつの作品は長い時代の一点に焦点を当てた小説と解釈します。

 先日読んだ本に「長編を創作するよりも短編を創作する方がむずかしい」とありました。

 ページについて、上下が広いレイアウトです。どうしてこんなに文字が小さいのだろう。

 調べた単語として、「生活の資とする:せいかつのもとで。資金」、「とねりこ:樹木の名称」

 フォードアセダンのサニー。もうつくっていないのではないか。50年の歴史に幕をおろしたとあります。

 短編「果樹園」で、なぞなぞ全問正解は×(ぺけ)は良かった。

 日常生活が静かに流れていく記述です。

 30代後半で帰郷した男性の話、香港から帰郷した女性の話、両親が亡くなって、叔母と私が遊んでいた話、帰郷して犬の散歩のバイトをしている男性の話

(つづく)

 「芥子色:からしいろ」、「軋み:きしみ」、「深い蒼:あお」、「柳生但馬守宗矩:やぎゅうたじまのかみむねのり」、「背反:はいはん。そむく」、「間遠になる:まどおになる。長い間隔」、「墓原:はかわら。墓場」、「寒念仏:かんねんぶつ。僧が寒い時期の30日間念仏を唱える」、「禄のある:給与」、「鉦:しょう。打楽器」、「ファサード:建築物の正面部分」、「褶曲:しゅうきょく。地層が力でねじ曲がった部分」、「マグリットの絵:ベルギーの画家。シュールレアリスム」

 どの物語もはっきりしない。ぼんやりしている。この薄っすらかげんがいいのか。

 短編「めぐらし屋」は面白い。隠れ家紹介業です。

 過去(アナログ社会)への郷愁あり。

 日常を描写する短編が続きます。骨格的記述方式です。短いので2回読むと内容を把握できます。結末がない物語もあります。いけにえとか、あと、宮澤賢治的です。異郷とか、死後の世界とか、死後の世界の一歩手前とか。

 全体的に詩的です。  

Posted by 熊太郎 at06:09

2018年09月22日

彼岸花

彼岸花

朝の散歩道で突然目の前に表れてその美しさに見とれ思わずシャッターを押しました。



  

Posted by 熊太郎 at06:18

2018年09月21日

スマホの使い方

スマホの使い方

 ガラ系の携帯電話の調子が悪くなったので、これを機会に、スマホに変えました。
 ショップでもらったマニュアルと、本屋で買った本を見ながら練習します。

はじめようスマホ NHKテキスト 2017-11
 パソコンはそこそこ操作できますが、携帯電話の操作は大の苦手でした。とくに、文字入力がだめで、四苦八苦しました。今回、あまり乗り気ではなかったのですが、しかたなくという面もあって、スマホに変えました。そして、相変わらず、使い方がわかりません。学びます。

〇文字入力
 意外にスムーズにできてびっくりしました。ガラ携のときは、ボタンを押し続け過ぎて、おめあての文字をとおりすぎることが多かった。ハイフン(-)とか、スペースの出し方がよくわからなかった。スマホはパソコン感覚で文字打ちができます。表示は、パソコンのキーボード形式にして使用しています。これなら、ハイフンもスペースも簡単に打てます。

〇アンドロイドとアイオーエス
 ウィンドーズとマックの違い(マイクロソフトとアップル社)と覚えました。

〇わからない言葉
スクリーンショット:スマホの画面を映像化する。やり方はわかったけれど、画像データがどこに保存されているのかがわからない。もうわからなくていい。(その後わかりました)

〇DIGNOとは
 京セラのスマホ。ディグノ。読めませんでした。

〇タップ、ダブルタップ、ドラッグ(スワイプ)、長押し(ロングタップ)、フリック(これが一番にがてです。)、ピンチイン・ピンチアウト。技術の進歩に感服します。
とくにかかってきた電話に出るときにうまく出ることができません。左から右になぞる。画面がオンのときは、応答とか拒否とか録音とかメッセージ発信とかでるのですが、なかなか瞬時の判断がむずかしい。

〇文字入力キーボードの動かし方
 大変苦労します。上部の黒い部分をロングタップして引っ張ればいいとわかったのですが、にがてです。

〇地図
 まあ、便利は便利です。それほど使いません。長年の経験と知識があります。
 立体表示になるのには感心しました。

〇音声検索
 便利でおもしろい。「明日の天気は」、「〇〇への行き方は」、「3分後にタイマーをセット」、「〇〇に電話」、「今何時」、あと、検索での調べものなどで活用しています。

〇カメラ
 撮るのも撮られるのも好きではありません。苦手です。だから、てきとーに撮影します。タップしてピントを合わせて撮る。連写はよくわかりません。
 記録として撮るとか、説明書を撮ったあと拡大して見ることができるのが便利です。

〇海外で使用するとき
 買ったときに携帯ショップにきてくださいと説明を受けました。

〇機内モード
 こわごわ設定してみたら簡単でした。

〇「設定」
 初心者向けの安価なスマホなので、あまり設定するものがありません。

〇壁紙
 なんだかよくわからないままいじっていたら、なんとなくできました。


次にショップでもらった数冊のマニュアルを読みこみました。

〇赤外線ポート
 なんのためにあるのか知らない。知らなくてもいい。

〇ホーム画面
 最初の画面ということだろうか。壁紙とは違うのか。ロック画面とは違うのか。まあどうでもいいです。

〇インターネット「Chrome」を読めない。
 くろーむ。グーグルのウェイブブラウザ(データを見るためのアプリケーション)

(上記を書いてから3か月が経過)

LINEというのをやってみましたが懲りました。あちゃこちゃとつながってしまい、最終的に家族と友人のひとりのみに絞りました。もうこりごりです。その他、最低限の設定で使用しています。

 本日、コンビニでこれはいい本じゃないかと購入した小さな本の感想を書き足します。

 500円で覚えるスマホ&タブレット基本ワザ全部! モバイル達人倶楽部 宝島文庫

 まず、全部のページをめくりつつ、これはというページに付箋を貼りました。あとは、貼ったページを実演します。

〇不要なアプリのアンインストール
 ページのやり方が自分のスマホにあてはまらないようなので、自分なりに「設定」→「アプリ」で、「アンインストール」とでるものについてアンインストールをしました。「無効にする」はさわりませんでした。
 「スポーツナビ」、「とく放題」、「ブック放題」、「メニューリスト」、「ロハコ」、「基本パック」、「GYAD」、「Netfile」、「Y!ショッピング」などをアンインストールしました。

〇大文字アルファベットを出す。
 パスワード入力のときに大文字アルファベットが出せなくて困ります。パソコンのようなキーボードを使用しています。本を読みましたが書いてありません。ネットで調べました。「↑」がシフトキーだとは知りませんでした。↑を押してからアルファベットの小文字を押す。

〇画面上のアイコンを整理する。
 ドラッグがうまくできませんでした。アプリのところで長押しすればいいことがわかりました。

〇画面のタテヨコ回転を固定する。
 本には、「クイック設定パネル」というものがあるとありますが、わたしのスマホにはそういう画面がありません。「設定」→「ディスプレイ」→「画面の自動回転オフ」で処理しました。

〇WiFiとかグーグルのアカウントとか
 グーグルのアカウントを以前設定しましたが、わけもわからずという感じでした。WiFiはいまのわたしには用がありませんが、先日、車を車検に出したとき、営業所内の待ち時間で営業所のWiFiを利用しました。それも、画面でいわれるがままに操作してできました。

〇ラジオとテレビ
 知りませんでした。やってみました。便利です。

〇使い終わったアプリをそのままにしておいても消費データは増えない。
 消費データが増えると思って、使い終わるといちいち終了させていました。めんどうでした。  

Posted by 熊太郎 at06:08

2018年09月20日

東山動物園 新しい類人猿舎にて

東山動物園 新しい類人猿舎にて

ゴリラのメンバー紹介です。



室内展示場。目の前で見ることができるようになりました。
















  

Posted by 熊太郎 at06:43

2018年09月19日

東山動物園 ごはんの時間 アフリカゾウ

東山動物園 ごはんの時間 アフリカゾウ

午前11時だ。ごはんの時間だ! ブルブルブル うれしくて身震いがする。



パオーン!! ごはんだぞー!



ごはん、くださーい!



お鼻をびゅーんと伸ばして、ヨイショ、飼育員さんが持つ木の枝に届きました。



このあと、飼育員さんからもらった大きな木の枝をむしゃむしゃと食べて、デザートに果物を何個か食べました。
  

Posted by 熊太郎 at06:09

2018年09月18日

かいじゅうたちのいるところ 洋画DVD

かいじゅうたちのいるところ 洋画DVD 2010年公開

 マックス、8才。彼がかいじゅうたちの島へ行きます。原因はママとの不和。どうもい父親は亡くなっていて、ママの彼氏に嫉妬して、ママを亡きパパの手前うらんでいるようです。

 かいじゅうは怪獣というよりも顔のお化けみたい。
 マックスは噛みつき屋です。反抗期。暴れたがる。物を投げたがる。物に当たりたがる。壊し屋です。
 マックスは島で、王様になって、かいじゅうたちと協力して「砦」を造り始めます。
 だけどうまくいきません。かいじゅうたちはかいじゅうなのにそれぞれ悩みをかかえています。王様のマックスはかれらを満足させてあげることができません。
 最後のマックスは言います。「僕うちに帰る」

 家族の中でひとり疎外感に悩むマックスがいます。孤独です。
 
 BGMが映像を支えています。

 スキンシップを推奨しています。  

Posted by 熊太郎 at05:32

2018年09月17日

怪盗グルーの月泥棒 洋画DVD

怪盗グルーの月泥棒 洋画DVD 2010年公開

 先日観た「ミニオンズ」の最後あたりで、怪盗グルーがちらりと登場しました。観たくなり借りてきました。
 怪盗グルーが登場するだけだと思っていたら、たくさんのミニオンズが出てきたのでびっくりしました。かわいい。
 ミニオンズは悪党を崇拝します。悪党は、アンパンマンにおけるバイキンマンであり、ポケモンにおけるロケット団のポジションです。悪役を好きなこどもたちもけっこう多そうです。映画のなかのグルーとミニオンズは悪役のようでそうではありません。ベクターというメガネの少年が悪役です。孤児院施設のパパもママもいないこどもたち三人が怪盗グルーをパパ扱いします。子どもにはかなわない怪盗グルーです。優しい。パパみたい。「寝る前に本読んでくれる?」とこどもたちがねだる部分がいい。
 そのほか、画像と動きを楽しむ映画です。立体的なアニメです。頭がへこんでいるグルー、目・鼻・口がまんなかに寄っている博士。グルーが関西弁です。よく耳を澄ませたら、家族に乾杯の鶴瓶さんでした。
 タイトルに情報を寄せると、月をちっちゃくして盗むわけです。ミニオンズのチームワークがいい。怪盗グルーは、立派な親に成長します。  

Posted by 熊太郎 at06:25