2017年09月22日

うつ病休職 中嶋聡

うつ病休職 中嶋聡 新潮新書

 「連鎖」、うつ病になった社員がいて、その人の仕事をかぶった社員にうつ病が連鎖して、困ったというようなことが書いてないかと期待して読みましたが、書いてありませんでした。

 労使紛争・対立は、病気ではなく、労務管理の問題ではないかということが筆者の主張です。
 
 40年ぐらい前、250人の社員のうち1人ぐらいがメンタル病でした。だんだん増加してきて、今では、15人にひとりぐらいいる感覚です。
 書中では、増加は診断基準のストライクの範囲が広がったためとあります。
 ただ、病気ではないけれど、フツーの感じじゃない人も増加した感じがあります。

 上司とのことがたくさんのページをあてて記述されています。
 労務管理問題、最終的には、退職、裁判対応までいきます。「うつ病」という病名がその原因ではなく、労務管理の問題との問題提起があります。

 「五体満足でも働けない人はいる」というのが、社会人になってからの新発見でした。
 学力優秀、ペーパーテスト完ぺきでも、狭い分野のなかでしか使えない人がいることも知りました。
 
 教員、公務員、介護職、医療職、自衛官、一流民間会社勤務、頭のいい人たちの事例が続きます。そして、医師でもこわれている人もいる。
 企業の安全衛生担当部署の困惑と対応しきれない苦労が伝わってきます。

 長時間労働(サービス残業とか)、昔は、あたりまえの労働慣例でした。仕事が趣味という部分もありました。あの時代に生まれ育った人たちにとっては長い労働時間が楽しみの部分もありました。社員が家族だったし、仕事場が家でした。
 努力と根性と忍耐。それらが美徳とされていました。
 
 心因反応、(性格要因、環境要因による)、この辺の医学的なことは読んでも自分には理解できません。

 企業は、診断書(医師)に、判断転嫁、責任転嫁したい。
 損害賠償請求訴訟があります。
 
 うつ病はストレスで起こるものではない。
 ストレスにどう対応するかは、本人の責任。
 業務は誘因、病気は素因

調べた意味として、「オンデマンド:要望に応じて」

時代も人も変わりました。
「働き方改革」というのが必要なのでしょう。  

Posted by 熊太郎 at 11:48Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2017年09月20日

下衆の極み 林真理子

下衆の極み 林真理子 文藝春秋

 下衆(げす)。下品。人として、最低。
 
 書店で手に取りました。おもしろいエッセイ集です。

 庶民の生活とはかけ離れた別世界で暮らしている違う世界の人のお話を聞くようでした。

 人の表と裏を、無難に書いてあっておもしろい。

 本を読むための集中力がない人が増えた。(これは、同一人物でも加齢とかスマホ化なんかでいえる)
 よかった表現趣旨として、餌を与えられるニワトリ。流れてくる餌をみんなでいっせいにつつく。

 人間って、自分の頭の中にある他人像のパターン数をはるかに超えて、いろんな言動の人がいる。

 単語の意味として、「艶福家:えんぷくか。もてる男」  

Posted by 熊太郎 at 19:01Comments(0)TrackBack(0)読書感想文
アキラとあきら 池井戸潤 徳間文庫

 昔、王子と貧乏人が入れ替わる物語を読んだことを思い出しました。
 内容はもう覚えていません。

 ドラマの原作だそうですが、ドラマは見ません。

 出始めから、昭和の匂いがプンプンとただよってきました。
 (もういいかなあ)
 平成の時代も30年で終わりになりそうです。
 その前の昭和の時代の出来事は、もういいかなあ。
 「昭和」には、人のぬくもり(人情)はあった。それと対比して同じくらいの「非情」もあった。
 
 200ページぐらいまできました。
 ふたりのあきらの対決とか、比較のシーンはほとんどありません。
 舞台は静岡です。伊豆から磐田市へ移りました。
 運動は、野球です。

 読んでいると仕事を思い出すので憂鬱な気持ちになります。
 「スーパーだって淘汰される」
 「結局父さんはだまされていた」
 「お金がからむと人は変わる」
 「頭が固いのは、考えようとしないから」
 
(つづく)

 構造が変わった。
 働く場所とか、雇用形態とか…
 その点で、これは、思い出の記です。

 健康あってこそ(命あってこそ)
 
 採用した人材には膨大なコストがかかる(なのに、簡単に辞めていく。止めることもできない)

 銀行は社会の縮図だ(これも過去のこと)

 短時間で300ページ過ぎまできました。

(つづく)

 もうこの手の小説は読まない。

 企業売却の話です。
 西暦2000年代、そのしばらく前からの、バブル景気、そして、破たん、再構築の30年間がありました。ホテル経営は、廉価版のホテルが増えました。

 なんとかして、生き残る。
 ホテル(法人)としての人生です。

 父は66歳で死去。経営者の寿命は短い。
 それでも、会社は生き続けていく。

 つぶすのか、生かすのか、ホテルです。
 厳しい。
 借金の返済があります。利益を出しながら返済を続ける。それが、できないシーズンもある。全シーズン儲けを出せないこともある。どうやって、個性をつくって、生き残っていくのか。いろいろ考えました。
  

Posted by 熊太郎 at 15:53Comments(0)TrackBack(0)読書感想文
ウツボカズラの夢 乃南アサ 双葉文庫

 久しぶりに乃南アサ作品を読みます。以前、のめりこんでいた時期がありました。今回は、テレビドラマの原作で、記事を見て読みたくなりました。

 ウツボカズラというのは、食虫植物だと思うのです。

 まだ70ページ付近です。
 高校を出たばかりの主人公斉藤未芙由は、母親病死、父親は若い女と再婚(さらに父親の子を身ごもっている)、行き場がなく、母親のいとこ鹿島田尚子(見た目30代だが44歳)のところ、東京渋谷区の高級住宅地にある2世帯向け住宅へ長野県中野市から行きます。
 
 鶴岡杏子31歳は、鹿島田雄太郎(鹿島田家の長男、鹿島田尚子の夫50歳ぐらい)の愛人で、さらに杏子のヒモみたいな男秀幸25歳がいます。

(つづく)

 同作者の初期作品だろうか。(2008年作品でした。)
 仮面家族がもつ裏生活を描いてありますが、持ち味のどろどろ雰囲気までには至っていません。説明に近い表現です。

(つづく)

 読み終えました。
 ウツボカズラは、主人公の未芙由でした。女の武器を使って、平凡で恵まれない女性が高額な不動産や財産を自分のものにする。さらに、不要な人物を排除する。だから、食虫植物なのでしょう。

 ストレートです。強さは本よりも弱めでも、現実には類似例がありそうです。
 だから、深夜の放送なのかと気づきましたが、小説ではきつい描写はありません。家族というものは信頼関係がないと簡単に崩れてしまうという暗示もあります。きずなもいりますし、愛情もいります。

 主人公の未芙由像は、人形のようです。キャラクターを植物的にしてあります。

 印象に残った部分の趣旨として、「この世は、辛抱することのほうが多い。辛抱し続けて、少しずつ階段をあがっていく」、「公務員は二日で終わる仕事を1週間かけてやる」

 いちおう、ハッピーエンドなのだろう。  

Posted by 熊太郎 at 23:14Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2017年08月23日

長いお別れ 中島京子

長いお別れ 中島京子(なかじま・きょうこ) 文藝春秋

 老衰、認知症、お別れの話かと思って手にした本です。
 短編8本がおさめられています。

「全地球測位システム」
 アルツハイマー型認知症の元中学校長男性とネグレクト(育児放棄)気味の姉妹とのふれあいです。
 文章運びがうまい。ベテランの味があります。
 いいなあ。

「私の心はサンフランシスコに」
 おもしろすぎる。今年読んでよかった1冊です。
 おもしろ、おかしい。
 妻72歳、夫はぼけている。

「おうちへ帰ろう」
 むずかしい漢字を読めるぼけ老人の祖父と、漢字が読めない十代男子孫とのやりとりがとてもおかしい。

「フレンズ」
 落語のようです。おもしろすぎる。
 いいセリフの趣旨として、「結婚とは、あきらめることです」
 話の運びがうまい。

「つながらないものたち」
 しあわせってなんだろう。どういう状態がしあわせというのだろう。
 それは、「標準」であることではないようで、実は、「標準」であることのような気がする。
 なんども、「家に帰る」というセリフが出てきます。自宅にいるのに、「家に帰る」というセリフを言われます。その「家」は、もう、この世には無い、過去のものとなった「(昔の雰囲気がある)自宅」なのでしょう。帰る家はもうこの世のどこにもないのです。泣けてくるような話です。

「入れ歯をめぐる冒険」
 アルツハイマー型認知症を患って9年が経過しました。夫婦ふたりともが認知になったら、家の中はどうなるのだろう。

「うつぶせ」
 読めなかった漢字として、「俄か:にわかに」、「喚く:わめく」
 短編の内容はまあ、めちゃくちゃです。介護の様子で、不謹慎ですが、(おもしろい)

「QOL」
 アメリカにいる孫たちのことから導入するパターンがいい。
 距離感があっていい。

 ケアマネジャーという職業のたいへんさ、重要さ、高い位置がわかります。なかなかできない。志が必要です。
 
 QOLとは、人間らしく生きることらしい。
 主人公は、自分で決めたわけではないけれど、こう言います。
 「もう、いい」
 長い10年間でした。  

Posted by 熊太郎 at 18:44Comments(0)TrackBack(0)読書感想文
父「永六輔」を看取る 永千絵 宝島社

 書店で手に取って、救急車の中から、永六輔さんが、「今どこにいると思う?」と娘さんに電話をかけてきたという文節を見て購入しました。

 まだ、読み始めですが、地域包括ケア(病院や施設ではなく、自宅で看取る)について書かれているようです。
 また、ふたつの名前をもつアーチストのこどもとして生まれ、どんなだったかが書いてあるようです。

(つづく)

 全体で269ページのうち、100ページぐらいまで読みました。短文の固まり(メモ風)が続くので、場面展開が早く、理解して、イメージして、感慨をもつまでの時間が必要なので少々読みにくい。
ちからいっぱい、全力を出し切る書き方です。省略して読みやすくするのも手です。

 全国の愛聴者ファンが知る永六輔氏と生身の父親永孝雄氏との間にはかけ離れている距離感があります。ファンにとっての素敵な人は、彼がつくった人物像です。家庭人としてはわがままでがんこな部分が多い。
 本では、とくに、老後、病気になってからの苦労話とか、奇妙な症状・言動とかのお話です。本人は、2016年たなばたの日に、83歳で亡くなっています。

 父親は若いころから仕事優先でほとんど家にはいなかった。
 母親のほうが病気で先に逝った。2002年1月。
 父親が母親の介護をした。介護保険は2000年4月から。
 息子が母親を介護するイタリア映画があった。(このあたり、男性による介護の話)
 父親はパーキンソン病にかかった。

 永六輔氏は超越した部分があると感じました。仕事で使用する綿密で大量の記録。24時間、眠っているときも、常に何をしゃべろうかと考えている。仕事人間です。病状にも反映しているような気がします。それが良かったのか良くなかったのかは家族ではない部外者には判断できません。ただ、働きすぎではあった。

 印象に残った言葉として、(病室で家に)「帰る、帰る」と言っていた永六輔氏に対して、「帰りましょう」と声をかけたドクターがいます。
 
(つづく)

 せん妄という異常行動をしたことを本人はまったく覚えていない。それは、世話をする者にとっては、けっこうつらい。本人からは、謝罪も感謝の言葉もない。

 体重は軽くありたい。重いと長生きはできない。

 サラリーマンだと定年退職があるが、自営業だと、死ぬまで働かなければならないような慣例があります。体が元気なうちは働けますが、健康年齢を超えてからの労働は、いくら好きであっても、そこまでして働かなければならないのかと頭をかかえます。

 大腿骨の骨折に続いて、背骨の圧迫骨折(つぶれる?)が、一般的な故障の流れと受け止めました。

 介護保険制度の使いにくさが書かれていました。なんともいいようがないのですが、自ら調べる努力が必要そうです。

 有名人だからという特別扱いがあるような部分があります。お金はあるから自己負担という余裕もあります。
 
 介護者である娘さんの気持ちは大量に語られますが、死にゆく本人の気持ちはどうだったのだろう。親族に迷惑をかけてはいけないから本心を口にすることができなかったという雰囲気は伝わってきます。されど甘えたかった。
 ことに死の直前、自分はもう長くはないと悟ってからの気持ちは書かれていません。気持ちも体も弱ってきたときに死期が訪れる。そして、最後のろうそくのひと燃えの輝く瞬間がある。

 介護における「男手」について書いてあります。
 介護現場で「男手」がない。女性ばかり。おばさんばかり。
 これからは、男の役割が求められそうです。男がひとりいるとだいぶ違うそうです。腕力がいるそうです。
 
 3か月間、自宅で看取るまでの期間です。適度な期間です。介護側の体力と気力がもつ期間です。
 病院に戻すとせん妄が始まって、「あっち側の世界」に行ってしまう。そして、もう戻れない時期まできてしまった。
 深夜、1時半に、寝返りだけをうたせてくれる介護サービスを受ける。知らない人が来て、寝返りをさせて、帰っていく。
 (いろいろ読んでいてすごいなあ)、本人に声かけをしながら、実は、自分に対する応援で自分に声かけをしている。

 予定では、父親が先に死んで、次に母親を見送るつもりだったのが、母親のほうが68歳で、がんで逝ってしまった。父親の老後のめんどうをみる予定はなかったので、あたまの中が真っ白になった。実感がこもっていました。

 父はお酒を飲まなかった。案外、お酒を飲まない有名人って多い。

 亡くなった直後、みなが、「こんなにさびしい気持ちになるとは思わなかった」

 最後の手紙の部分は、ファンのみなさまへの感謝状です。永六輔さんの部分でのものです。

 ご親族にとっては、永孝雄さんという人物のことでした。  

Posted by 熊太郎 at 10:18Comments(0)TrackBack(0)読書感想文
女の子が生きていくときに、覚えておいてほしいこと 西原理恵子(さいばら・りえこ) 角川書店

 冒頭付近にある半世紀前の日本人の貧困暮らしは、作者自身特有のものではなく、作者と同世代を生きた人々にとっての共通体験ととらえます。それを踏まえて、感想を書き始めてみます。

 こどもに自分と同じ苦労を味合わせたくないという希望がその時代を生きた親にありました。
 自分の苦労話をしつつ、助言を与えるのですが、こどもにはなかなか伝わりません。生き方を固定しないでくれ。束縛をしないでくれと反発されてしまい、親は途方にくれます。
 実の娘さんとのことが書いてありますが、娘さんのことを考えると、本に書いていいのだろうかと心配したくなります。

 女子の生き方です。
「社長の奥さんになるより、社長になろう」、自立したいなら、女子も働いて自活すべきです。

「ディする:批判する。けなす」

「心のともしび」、「愛情だけでは子育てはできない」、「男でしくじる」、「糟糠の妻にはならない(男のための道具にはならないという意味ととらえました)」

 詩のような部分があります。
 最後半は、精神的に大丈夫かな、病的だなという記述です。不安定です。悩んでいます。

 子育て終了宣言なのですが、実際はそうでもありません。まだ、続きます。

 人生は60歳で終わりという感覚は、言われるとおり古い。
 60歳まで順風でも、その後ぼろぼろになることが多くなりました。  

Posted by 熊太郎 at 17:30Comments(0)TrackBack(0)読書感想文
過去記事