2017年12月17日

ふたご 藤崎彩織

ふたご 藤崎彩織(ふじさき・さおり) 文藝春秋

 珍しい構成です。
 第一部、第二部。10ページずつくらいの固まりが18+16=34
 序章と後書きが付くつくりです。
 作者はミュージシャンのようですが、存じ上げません。
 325ページの作品です。

 彼:月島悠介が私:西山夏子のことを「(じぶんたちは)ふたごのようだ」と言っているのです。
 中学生時代のふたりから始まりました。彼がひとつ上、3年生です。
 リリー・フランキーの「東京タワー」方式の記述展開です。
 おとなになったふたりの背後にあるチューハイの缶のタワーには退廃を感じる。
 西山夏子が、「私」の一人称で進行のかじ取りをします。

 読者であるおとなにとっては、中学生の退屈な生活のシーンが続く。
 ともだちだと思っていたら、相手は自分を友達とは思っていなかった。それは、実社会では、貸したお金が戻ってこない体験をして実感する。
 
 ひとりぼっちになり始めたのは小学校2年生と主人公のなっちゃんは言う。案外、ひとりひとり全員が自分はひとりぼっちと思っていることをひとりひとりは知らない。決まりきったようにひとりぼっちの孤独感はいじめ行為につながっていく。

 自分は悪くない。悪いのは相手という人間の性(さが、本能、本質、性質)がある。

 「思春期の悩みがある」と、(生活費を)稼がなくてもいい立場に立ちながら彼らは虚空へ遠吠えをしている。

 文章にリズムがある。
なっちゃんは、女性として成長をし始めた。
 登場人物をふたりに特化してあります。ラブストーリーをつくるときの基本です。

 男性の苗字「月島」に抵抗感があります。どうしても、東京にある地名を思い浮かべてしまいます。

 セリフの連続で進行していきます。
 
 だれもかれもが頼りない。

 高校中退、本気の恋じゃない、アメリカ留学即帰国状態。(暮らしに厚みがない。生き生きとした気力がない)。ギターをもった金持ちの息子。
 読んでいると気分が沈んでいく文章です。男を捨てられない女の物語でもあります。
 ショパンのピアノ曲は知らない。
 
 132ページ、もう読むのをやめようか。不快です。流し読みに突入しました。
 154ページ、だらしない。155ページ、くだらない。
 昔、流行した、精神病だからうんぬんとか、薬物中毒みたいなこととか、もううんざり。古い。
 先日、小学生が書いた小説を読んだ。まっすぐで、成長していくエネルギーがあった。そっちのほうがいい。

 第二部へ進行

 読める文章に変化しました。184ページ、ていねいに文字を拾っていきます。
 大鳥居駅 地下1階 60畳 借り賃月10万5000円 元印刷工場 ここからバンド活動が始まる。
 整理整頓された文章の行(ぎょう)が続く。
 演奏はなかなか始まらない。スタジオ構造づくりの時間帯が長く続く。
 男のしぐさだった女性主人公が、別の女性の登場で自分が女子であることを自覚しました。嫉妬心の発生。読み手である男のわたしにはわからない女性心理が書いてあります。
 
 学び(生き方)として、自分のペースを崩さない。相手のペースにのらない。ペースとは、取り組みにかける進行時間をいう。

 音楽に関しては、楽譜が必要ない世界が書いてあります。秀でた能力を生まれながらにもっている人はそうなのでしょう。
 だけど、なかなか音楽だけでは食べていけない。
 
 月島悠介は二重人格です。魅力があるようでない。しかし、彼のような資質をもった音楽家は昔のヨーロッパにはいた。学校教育のなかった時代です。
 ここは法治国家じゃないのか。人の首に刃物を突き付けた彼月島は、警察に突き出すべきだし、精神病なら鍵のかかる病室へ入れるべきです。なぜこんなに甘やかすのか。本人のためにならない。周囲にいる人間の生命や身体を彼の暴力から守ることが最優先です。

 本気でやったから音楽で食べていけるというものではない。
 最後半部にチャンス(運)が登場します。
 グループの成り立ちの自画自賛という作品に受け取りました。

 月島の行動は、もういいかげんにしてほしい。また、もう読むのはやめようかという気持ちにさせられた241ページ付近でした。あなた(月島)の理屈はもう聞きたくない。とにかく前進優先で結果を叩き出していくのが労働社会の生業(なりわい。生活を営むための仕事)です。流し読みに入りました。

タイトル「ふたご」が内容と一致しませんでした。

イメージとして、四角い箱の中のベージュ色で塗られた内面の空間、狭い空間の中のぐるぐる回る世界。西山夏子は、月島悠介に遊ばれている。
音楽に寄りかかって生きるということにたどり着くのだろう。
なんだろう。並行して、もう1本のStoryがあります。もう1本この素材で小説を書けます。月島悠介からみた西山夏子の世界です。それが「ふたご」になる。

工場従業員を「ラジオ」と表記してありますが、読み手には、電気器具のラジオのイメージが強すぎて、とても人の名前とはピンとこない。

平成時代の小説でした。覇気がない。

印象に残った表現として、「どれだけ一人で泣いた夜があったか」、「彼が言う(ふたごのようを)否定する」、「めちゃくちゃにふりまわされた記憶しかない」、「意味をもたないように、そうですかと発音した」、「ピアノに救いを求めてしまう」、「推進力」

難しかった漢字として、「拗ねる:すねる」、「訝しそう:いぶかしそう」  

Posted by 熊太郎 at 17:26Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2017年12月15日

大家さんと僕 矢部太郎

大家さんと僕 矢部太郎 カラテカというタレントさん 新潮社

テレビで紹介されていたエッセイマンガです。
読んでみたいなーで、書店で見かけたので購入しました。

一風変わった生活です。普通ではありません。
二世帯向け戸建の二階に住む。二世帯というところでいろいろ考えてしまいますが、いまはまだ、数ページしか読んでいません。
前に住んでいた賃貸マンションらしきところは、テレビの撮影場所としていいかげんな使い方をしたので、追い出されたかっこうです。
父親が絵本作家というのもユニークです。
本人は、やせこけて貧弱に見える。遠慮がち。謙虚。腰が低い。

(つづく)

高齢の大家さんはまるで母親です。(ただし90歳近い)

矢部さん本人に対して「存在感がない」は、いいセリフでした。

 二世帯の理由が出てきますが、ここには書きません。

なんだろう。「学び」として、「常識にかちこちに固められた生活はしない」。自由だ―。幸せに暮らすために。

タイムトラベルとかタイムスリップしている不思議な快感と味わいがあります。

最初のうち、「長生きは幸せなのか」という疑問をもちますが、読み進んできて、「長生きは幸せだ」という終着駅に到着しました。

ほんわか、あったかな雰囲気が続きます。

65ページ、エスカレーターのお話には切なくなりました。

74ページの内容は理解できませんでした。

123ページのオチはよかった。  

Posted by 熊太郎 at 19:56Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2017年12月14日

大人の語彙力ノート 斎藤孝

大人の語彙力ノート 斎藤孝 SBCreaitive

先日同類の本を1冊読みました。(かんき出版大人の語彙力が…)
その後、書店の棚には、語彙力の本が増えました。ブームになるのだろうか。
かんき出版のものよりこちらのほうが使い勝手がよく類も多かった。

就活に使う。メールに使うとあります。
とりあえずの決まり文句を言えたら次につなげることができる。
 
異存ありません。
私の不手際です。
お蔵入り(中止)
ご足労おかけいたします
遺憾です(残念です)
以上は、さしあたって、目について、気に入ったフレーズでした。

確かにそうですね。(相手と同調して共感を得る)
いかにもそのとおりです。
ごもっともです。差し支えありません(さしつかえなければ…)
問題はありません。
ご心配はいりません。
率直にありのまま言うと
お知恵を拝借(助言がほしい)
お手の物ですね
気になさらないでください
おともさせていただきます
たびたびすいません
以上は、書いてあったことに、わたしの考えたことも加えた者です。

お力添えをお願いします。

忖度そんたく:相手の意向を汲み取ること
ご査収:確認
以上は言葉の意味調べです。

そりが合わない。
気が合わない。
そういうこともあります。

かなり役に立つ本です。会話が楽になり、楽しくなります。

水の泡、棒に振る

ご足労おかけします。
たいへんおいしくて舌つづみを打ちました。

ほかにもたくさんいいフレーズがあります。
後半には風情があります。
こたつの上にこの本を置いといて、3か月間ぐらい、暇なときにページをめくって、知識を身に付けるつもりです。
お勧めします。
学校教育で教えてほしかった。
今年読んで良かった1冊でした。  

Posted by 熊太郎 at 19:37Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2017年12月10日

さよなら、田中さん 鈴木るりか

さよなら、田中さん 鈴木るりか 小学館

 本屋大賞候補作になるらしい(本当になるかはわかりません)
 小学生が書いた短編群で、本人は現在中学2年生に成長しています。
 5本あるそれぞれの短編は関連があるのだろうか。(あとで本の帯に連作の表示があるのに気が付きました。)

 たとえば、4歳児がひらがなを書けるようになったからといって、それはできるようになる時期の早い遅いだけのことで、6年生になればできるようになる。小中学生が小説を書けることにあまり意味はない気がする。
文章は小中学生が書いたとは思えないほど大人びています。1億2000万人のなかの非凡な人なのでしょう。

「いつかどこかで」
 片親母子家庭、もしかしたら死別ではなく離別、あるいは、最初からシングルマザーで父親の名前はママしか知らないのかもしれない。
 ママはまるで、おっさんキャラで、女性とは思えない。(ただし痩身そうしん、やせている)だけど建設現場で土方仕事をしている。
 短編の内容は、大人の勝手が、子ども視線で書いてありました。
 ドリーミングランドとは、ディズニーランドのことでしょう。荒川遊々ランドはこないだテレビで見たような気がしますが気のせいかもしれません。(荒川遊園のことなのか)
主人公:花ちゃん。父は不明。死んだらしい。北町小学校6年生、田中花実
田中花実の設定はこの本の絵を描いてらっしゃる西原理恵子さんの子供時代に似ている。(内容や書き方も他の短編も含めて西原方式に似ている。)
友だち:栗山美希、私立中学校志望、もうひとり出てくる水谷真理絵も私立中学志望
級友:中野千早小4の父は交通事故死した。
担任:木戸先生。尺取虫みたいな姿で気持ち悪いらしい。
新任若い女先生:高岡先生

印象的だったのは「ふたりぼっちの家族(花ちゃんとママ)」
そういう家族は現実にいます。
田中家は、「富裕層ではない」

早川優香:離婚後母再婚、本人は連れ子の家庭

調べた単語として、「チノパン:作業着に使われることが多い綿・ポリエステルが素材のズボン」

*タイトル「さよなら、たなかさん」はインパクト(衝撃度)がありません。書いているのが鈴木さんではあまりに平凡な表記です。
おさめられている短編からタイトルを引っ張るのなら「Dランドは遠い」のほうがいい。ディズニーランドでしょう。

食器棚の奥の骸骨という最終ページの内容はとても良かった。


「花も実もある」
 花ちゃんの母親が自称する生い立ちは暗い。地獄で生まれて、親戚に預けられて、施設に入れられてと、物語の将来の展開に向けて、秘密めいた素材がふりまかれます。変わったおかあさん、  生き抜くお母さんです。彼女の挙動には「教育」があります。生き方の教えがあります。全編読んだあとに、今年読んで良かった1冊になりました。本当に本屋大賞をとるかもしれません。話題性があります。
 母親の言葉が生きています。生きた言葉やそのほかの良かった表現として、「想像を絶する孤独」、「財産があると人が育たないというというような表現」、「体を固くして眠ったふりをする」、「再婚するのに子どもの存在が邪魔」、「身の丈に合った」、「お互いをよく知って仲良くするために会話をすべき」、「平凡な素材なのに考えと答えが深い」、「おかあさんレート」
 文章はリズムにのってきました。このあと、全体をとおしてですが、とても小中学生が書いた文章とは思えません。編集者のサポートも入っているのでしょう。
「空蝉:うつせみ。ぬけがら。姿はあるけれど生きていない」、「シュシュ:装身具。髪飾り、ブレスレット」、「夜目遠目笠の内:遠くから(女性を)見ると美しく見える」、「ソルベ:洋酒と果汁のシャーベット」、「

 文章に切れ目がない長い固まりになっています。読み手に休息できる行間がほしい。
 母親の再婚話です。花ちゃんの立場に立つとせつなくなります。
 この短編の展開はなかなかいい。
 こどもが「成長」していく勢いがあります。つまり、未来に向かって「夢」があります。(最近、高齢者向けの本ばかり読んでいたせいかもしれません。)
 最終ページでは、以前訪れたことがある長野県の花桃まつりの現場を思い出しました。(書中では山梨県内です。)


「Dランドは遠い」
 やっぱりディズニーランドでした。
 貧乏は知恵を産むという内容でした。
 この短いお話が、あとの伏線になります。


「銀杏拾い(いちょうのぎんなんひろいのこと)」
 餓死するか、(毒のある)銀杏を大量に食べて死ぬかというテーマから入ります。
 

「さよなら、田中さん」
 ときに、冷静に考えると、「児童虐待」に属する話ではないかと、これまでの短編も含めて思いつく内容でした。
 全体をとおして、小学6年生の物語でした。これまでの語り手は、花ちゃんでしたが、この編だけは、私立中学受験生の三上信也くんでした。
 かなり力が入った作品でした。そして、こわい話でした。
 ありそうで、あってはならない話で、現実にはないと思いますが、小説のなかではありです。
 「クマ歩き:よくわかりませんが、受験のときの試験項目のようです。」、「デジャヴ:フランス語。なんだか以前経験したこと、見たことがあるという感覚」

 自分は花ちゃん側の人間(子供時代、貧乏で育ってきた)なので、三上君の家族の気持ちは理解できません。
大学を出ても人間力が低い人はいます。大学に行く意味は現代社会では薄い。
企業はもう(役に立たない)大卒はいらないという方向に舵を切り替えている気がします。
また、大学を出ても今は無職では、大学に行った意味もありません。

 犬のようにご飯を食べるのが伏線でした。  

Posted by 熊太郎 at 19:53Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2017年12月05日

ざんねんないきもの事典

ざんねんないきもの事典 今泉忠明監修 高橋書店

 話題になっている本です。
 最初はなんとなく嫌悪感があって読むことを避けていましたが(具体的理由は不明。大した内容ではないだろうという思い込み)、読んでみたら、かなりおもしろい。

 心に残ったのは、
 人間も滅びることはある。
 面白かったのは、カモノハシ、ホッキョクグマ、ワニ
 ヒットは、カツオの模様、足があるのにあるけない鳥、猛毒のユーカリを食べるコアラのその理由と寝てばかりいる理由はすさまじい。バクのトイレ姿勢
 へーっと思ったのは、ラッコの食事、もともと陸地にいたアザラシ、一匹オオカミは強くない、
 サイは絶滅の危機にある。
 象は歯がなくなると死ぬしかない。
 ホームランは、頭が甲羅に入らない亀、ミユビナマケモノの餓死、洗わないアライグマ、メンタルのゴリラ
 
 1番バッターが「ダチョウ」なのはどうかと。個人的見解。ダチョウに興味がない。
 「クリオネ」が、貝の仲間とは知りませんでした。
 初めて聞く動物名も多かった。「バビルサ」、「ユカタンビワハゴロモ」
 イルカの睡眠(初めて知りました)、チーターは残念なスプリンター

 問題提起が、人間が持ち込んだネコで、絶滅の危機に陥っている鳥
 メッセージは、いろんな生き物がいる。いろんな生き方がある。それらを肯定していく。そうして、共存していく。方向として、対立は避ける。

 さいごのさくいんを見ていたら、小学生の頃、飼育していた昆虫がいくつか出てました。そういえば、小学生の卒業文集には、動物園で働く人になりたいというようなことを書いたことを思い出しましたが、今は、昆虫も動物も苦手な大人になってしまいました。残念ないきものは案外、自分自身なのかもしれません。

 ことし読んで良かった1冊です。  

Posted by 熊太郎 at 21:47Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2017年12月04日

大人の語彙力が使える順できちんと身に付く本 吉田裕子

大人の語彙力が使える順できちんと身に付く本 吉田裕子 かんき出版

 書店でこの本ともう1冊大人の語彙力ノート斎藤孝SBcreaitiveが並んでいました。ほかの書店でも平積みで並んで売られていました。そういう売り方で相乗効果を狙っているのでしょう。

 ごい力:知っている単語の数

 こういう実用書は次の順で読んでいます。
 1枚ずつ全部のページをめくる。全ページに目を通す。(読むことはしない)
 2回目に、メモをとりながら7割~8割に目を通す。内容を分類するようにして、固まりごとにメモを取る。
 3回目以降は、必要時に必要なページを何度もめくってチェックする。

 使えそうな用語例として、おそれいります、心待ちにしています、はなむけ、おかげさまで、気を引き締めて、集中して、遠慮のない、なにとぞ、恥じ入る、ひとかたならぬ、有終の美、しがらみ、潮時、僭越ながら、厚情(親切、おもいやり)、花道

 使わないけれど身になったこととして、ご自愛は、ご自分の健康に気をつけて。矜持きょうじはプライド(矜持は嫌いな言葉です。プロはいません。そんな自信はありません。)。したり顔は得意顔。老婆心は必要以上の親切心、言わずもがなは言わなくていい。

 いささか古すぎるのではないか。使わないので、不要ではないか。「ご笑覧」、「謦咳に接する。けいがいにせっする」、「畏友:いゆう。尊敬している友人」、「言質:げんち。約束の言葉」、主に第五章にある言葉、それから、誤謬ごびゅう、ミス、懈怠けたい。なまける。

 第三章反省表現は憂鬱なフレーズが並びます。

 「マジ!」と「かわいい」だけでは、いい年をして恥ずかしいという冒頭付近にある言葉は的を射ています。

 強く心に残ったこととして、
 懐の深い上司になる(細かいミスには目をつぶる)。失敗や未熟さを含めて人間を受け入れる。
 清濁併せ呑む。善も悪も受け入れる。
 一身上の都合とは、企業や職場と関係ない個人的事情で退職する(なんだか、組織を守るための方便に聞こえます。方便:便宜上の手段。)

 後半は豆知識で役に立ちます。煮詰まるは、元は議論して十分な結論を出せるが、今は、行き詰まる。琴線に触れるは、昔は怒らせる。今は感動する。
 すべらからくはすべてではなく、当然に。すべからく~すべきだ。
 他山の石は、他者のよくない言動を自分のいい点につなげる。なおざりがいいかげん。ていよくがうわべだけ。フレキシブルは、柔軟。プライオリティが優先順位。サマリーが要約。シナジーが相乗効果。もうこのへんまでくるとなにがなんだか。蓋然性が「確率」  

Posted by 熊太郎 at 19:50Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2017年12月03日

えがないえほん 早川書房

えがないえほん 早川書房

 テレビ放映されていました。

 絵がないので、読み聞かせて、こどもを笑わせる本です。
 「なっとうのみそしる」のところがおもしろい。

 4歳以上が対象です。

 
 最初間違えて、アンデルセン作「絵のない絵本」をさがしました。
 その絵本のほうは本屋では在庫が見つかりませんでした。  

Posted by 熊太郎 at 15:47Comments(0)TrackBack(0)読書感想文
過去記事