2018年04月21日

天龍院亜季子の日記 安檀美緒

天龍院亜季子の日記 安檀美緒 集英社

 邦画「鬼龍院花子のなんとか」 みたいなタイトルです。そこが、タイトルのヒントだろうか。(この件については、作中18ページで出てきます。)

 36ページぐらいまで読んだところで、感想を書き始めてみます。
 小学生の頃に、女子(天龍院さんを)いじめていた男子(田町譲たまち・ゆずる)が、大人になって、天龍院さんの毎日更新される日記ブログを読み始めるところまできました。(読み始めて3か月)

 導入部は、言葉遣いが乱暴です。「なんで」が、どうして? という疑問の意味だと思っていたら、「…だから…」の接続詞だったので、解読できてよかったとほっとしました。
 導入部はわかりにくい。だれが、主人公なのか(田町譲)、どんな会社に勤めているのか(人材派遣会社)、登場人物の性別、それから、岡崎さんという育休明け職場復帰社員さんのことが話題になるのは、子育てママへの困り者意識(子どものことですぐ休む。)が出てくるのはなぜなのかとか。(子育て本なのか。) 創作に当たり実例があって、それをぼかすためなのかと勘繰ります。

 16ページあたりから、ようやくまともな雰囲気の文章に変化します。
 いじめシーンでは、いじめられる者の恨みの雰囲気が伝わってきます。
 公務員志向が書いてあります。定時で帰れる職場ばかりではないでしょう。一定の枠内で忍耐を強いられる特殊な世界だと思います。
 
(つづく)

 作品内容として、「産休・育休職場復帰社員 対 そのまわりにいる迷惑をこうむる社員」 という構図があります。

 結婚しそうな相手がいるにも関わらず、主人公田町譲の気持ちは冷めている。

 出てくる元プロ野球選手は、サダオカとかキヨハラを想像してしまいます。

(つづく)

 日記の部分がほとんどないので、タイトルとの接合性がしっくりこない。
 
 静岡県美保の松原は行ったことがあるので、内容がよく理解できました。夕暮れ時の富士山はサイコーです。

 さりげなく作品「思い出トランプ」向田邦子作が入れてあります。知らない人は知らないでしょう。そのほか、略語とか、流行語が入れてあります。わかる人には味わいがあります。わからない人にはわからないでしょう。

 こんなふうで、結婚していいのだろうかという部分があります。わたしは、この人じゃなきゃだめだと決意して結婚したので、読んでいてなにかしら残念です。

 獺祭(だっさい)。かわうそのあそび。つかまえた死んださかなで遊ぶ。酒の名前

 フツー、職場の女子とは寝ないなあ。あとが怖いから。

 人と深くつきあわない、つきあえない、若い人たちがいます。傷つくことを避けている。おとなしく静かに生きている。ふれないでほしい。さわらないでほしい。そういった人たちが、生きがいをつかんでいく物語かと、途中考えました。

 素直な気持ちを表現した内容です。たとえば、「あ、俺、ばかにされているんだとわかります。(派遣社員に応募して)」とか、めんどくせえ人間は、ろくでもないみたいな表現

 品川担当で田町という苗字。うまくできています。

 底辺の話は、読んでいてけっこうつらい。

(つづく)

 結婚相手と本気で会話をすることができない男性主人公です。相手の女性もそこに気づいていて、不満です。

 男性は追い詰められた精神状態です。

 日常生活を淡々と描いて、幸せ感を出す書きかたです。
 しんどいときには、こうしたらいいとうアドバイスがあります。
 玄人(くろうと)はだしの文章でした。(専門家的)

 納豆と卵を混ぜないのが当たり前という記述があります。ふつー、混ぜるのではないか。混ぜないでどうするのだろう。

 ジャニオタの在宅って何だろう。ジャニーズのお宅で、在宅。「現場」は、コンサートとかに行く積極的かつお金あり、在宅は、家にこもって応援、ひきこもりぽい、グッズ買えない。

 退職していく人の連絡先を知らないという記述があります。世代の差を感じました。

調べた単語として、「摘まむ:つまむ。読めませんでした。」、「バックれた:無断で、アルバイトや会社を辞める。」、「ピラティス:ドイツ看護師が開発した健康維持のためのエクササイズ。ストレッチ」、「マイケル・サンデル:アメリカの哲学者」、「ハンター、ハンター:マンガ作品。希少価値のあるものをハンター(獲得)する。」、「LABI:ヤマダ電機のチェーン店。ラビ」、「品川のエキュート:品川駅中のショッピングゾーンですが、行ったことのない人にとっては何かわからない。」、「モーゼ:旧約聖書に登場する指導者」、「千疋屋:果物の輸入販売小売業者」、「シトラス:ミカン科の植物」、「メンインブラック:アメリカ映画」、「プレモル:プレミアムモルツ。ビール」、「デンモク:カラオケのリモコン。タッチパネル」、「ダウナー:気分落ち込む物事、雰囲気」、「(経理島) 島というのは、机の島でしょう。たとえば、4人の机と上司の机の固まり。」、「貶しめる:おとしめる。読めませんでした。」、「PV:ページビュー数。ブログ」、「タブ別:区切り別。作品中では、対して、ファイル別というのがあります。」

良かった表現として、「(社員が席を立つ様子として) 逆向きに打たれていく杭のようだ。」、「その人の善性」、「オチのない結論」、「頭数(あたまかず)が足りない。」、「台風18号」、「わからないことをわからないと言えると楽だ。」  

Posted by 熊太郎 at 11:19Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2018年04月20日

定年オヤジ改造計画 垣谷美雨

定年オヤジ改造計画 垣谷美雨(かきや・みう) 祥伝社

 第1章部分を読み終えて寂しい気持ちになりました。
 やはり、定年退職後のおじさんをいじめる内容でした。妻子から突き放されて、迷惑な存在、嫌悪施設みたいな扱いです。
 そうでしょう。そういうものなのでしょう。

 書店や喫茶店で、やることもなくぼーっとしている定年後らしい人をみかけ、この作品中で、主人公の庄司常雄さんも言うのですが、「ああいうふうにはなりたくない。」 結局、そういう風になってしまうのです。

(つづく)

 主人公の庄司常雄さんは大バカ者です。読んでいると腹が立ってくるのですが、そこが作者の思うつぼなのでしょう。(たくらんだとおり。)
 男尊女卑差別があります。

 定年退職後何もすることがない男はまず図書館へ行く。定番です。決まりきった行動です。無料で時間を過ごす。そこに生産性はありません。

 いびきをかくから奥さんはだんなと一緒に寝たくないは口実で、旦那のことが嫌いです。だから、夫源病とか、閉所恐怖症という病気にかかっています。

 旦那は命令するだけです。会社の管理職でした。命令・指示することが自分の仕事だと思いこんでいます。だから、自分ではなにもできません。

 そんな旦那が、3歳と1歳の孫のめんどうをひとりでみることになりました。さて、これからどんな展開になるのか予想がつきません。

 文章は、会話の連続で進行していきますが、対立内容の会話の連続なので、読んでいて疲れてきました。33歳の未婚娘が父親を「アンタ」 と呼ぶのは、よっぽど父親を憎んでいるのでしょう。

東京都民にとっては、「首都直下型地震」、中部地方の人間にとっては、「南海トラフ巨大地震」

 スヌーピー柄は、今は、アンパンマンだと思う。

 子育てテキストを読んでいるような部分あり。

 よく出てくる言葉が、「母性本能」。女性は生まれながらにそれをもっているという錯覚。

(つづく)

 主人公の姉76歳、兄71歳、2姉67歳と4人で語り合うふるさとでの会話は目からウロコが落ちる思いです。真実、本音が明らかになります。
 彼らの実母の本当の姿(育児嫌い)がいい。そうなんだと納得します。

 いっぽう定年退職した庄司常雄さんの理屈もわかります。(仕事の事務処理に関することで)精一杯だった。自分のことだけやらないと働き続けることはできなかった。

 タイムイズマネーと考えるサラリーマンの悪癖があります。「時(とき)」は、お金ではないし、お金よりも時(とき)のほうが大事だし、お金と時(とき)は、比較するものではない。時間があるということは、生きている証(あかし) 

 時代の変化に適応していこうという努力を放棄した年寄りは、周囲の者にとっては困り者

(つづく)

 読み終えました。今年読んで良かった1冊です。良書です。
 ラストは胸にジーンときました。主人公同様にわたしもこの春、退職を迎えました。また、物語の設定と同様に同じぐらいの年齢の孫たちがいます。状況がよく伝わってきました。

 男性がこの本を読むと、まあ、男性が女性に攻撃される内容なわけで、読んでいて苦しく思う点が多々あります。ご指摘は的を射ています。
 定年退職が話題というよりも、保育園での保育、共働きの保育がメインの話題に感じます。
 台湾人の子育ては、そうなのかと、ところ変われば、考え方も変わると新鮮でした。(自宅に台所不用、三食外食、女性は育児にしばられない。)
 日本の女性だと、せっぱつまって、児童虐待にまで至りそう。男性にイメージ付けされたいい母親を目指すと、子どもに危害を与えるママになりそうです。
 定年退職後の人間はもう「男」ではない。「ジジイ」 という姓別のない人間になるという解釈は、聞かされるとがっかりします。
 夫婦の平和のために、「家庭内別居」 を選択する。それは、しんどい選択です。

 ラストは最高に良かった。

調べた単語として、「ワンオペ:ひとりですべてやる担当仕事。コンビニ外食チェーンのひとり勤務」

良かった表現というか、ショックを受けた表現として、「神話の世界にいる。」、「夫源病ふげんびょう。主人在宅症候群」、「男の給料だけじゃきびしい(だから共働きをする。)」、「これからの15年間は毎日が日曜日、それは、45年分の日曜日の数」、「家賃12万円、昔の社宅は、3000円」、「一生独身をとおそうとすればお金が頼り。」  

Posted by 熊太郎 at 09:44Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2018年04月19日

ツツジ

ツツジ

さくらの時期が終わって、そろそろ、わたしたちの時代が始まりました。



これからゴールデンウイークに向けて、わたしたちの盛りが訪れます。



白も紫もピンクもあります。
あら、黄色のタンポポも顔を出しました。  

Posted by 熊太郎 at 10:05Comments(0)TrackBack(0)名古屋市

2018年04月18日

ヘンテコノミクス マガジンハウス

ヘンテコノミクス 佐藤正彦 菅俊一 高橋秀明 マガジンハウス

 アベノミクスみたいなタイトルです。経済の本で、行動経済学漫画という位置づけで表現してあります。良書です。
 23話あって、第7話まで読みました。短くてわかりやすい。感想を書き始めます。

 まず、厚い表紙に登場人物たくさんの顔に目がいきました。「中野光」 という人が主人公だと思いましたが、違っていました。うさぎ自動車社長がうさぎだったのが楽しかった。

 安いから買うわけでもなく、質がいいから買うわけでもない。そのあたりの人間心理についての考察があります。
 儲け方の指南書でもあります。時に詐欺的なのか。
 「非合理なふるまい」 という単語で説明があります。

(つづく)

 興味深かったのは、「モラルかお金か」、「国民栄誉賞を断ったイチロー」、「定価が高い商品ほど節約意識が薄らぐ。アンカリング効果:非合理な判断」、「ひとりでも話せば噂は広まる。(だからといってなにも言わなければ意思疎通はできません。)」、「文字だけのマンガ」、「おとり効果」、「アジェンダ:議題」、「50ページのクイズの答:意表を突かれました。(あっという瞬間あり。)」、「占い師のアドバイス」、「れんが亭の新メニュー」、「ハロー効果」、「週給どんぐり70個」、たくさんありました。
 
 最後の決まり文句は、人間はヘンテコだというものです。人間は矛盾に満ちた生き物です。

 真実をとらえてはいますが、それが、すべででもありません。

 好きな言葉です。「マネジメント」

 あみだくじの部分は、手品の種明かしを見たような気分で良かった。

 お金の貸し借りをする相手を、「親友」 とは呼びません。  

Posted by 熊太郎 at 16:33Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2018年04月16日

ナミヤ雑貨店の奇跡 邦画DVD

ナミヤ雑貨店の奇跡 邦画DVD 2017年9月公開

 以下に置いた6年前の記事を読んでから、この部分を書き始めます。作品の内容どおり、過去のことを未来となった今、読みました。感無量の部分があります。

 映画は、なかなかややこしい。本は読みましたが、もうだいぶ前のことで、感想文を書いた後は忘れる習性です。
 人生相談が創作発想の原点でしょう。
 登場するミュージシャン志望男性の扱いは厳しいけれど美しい。
 「意地だな。」のセリフが良かった。

 「手紙」の交流です。それが、今の時代にいいかどうかは疑問なところですが、過去においては、交流に効果を発揮していました。


2012年6月27日記事 ナミヤ雑貨店の奇蹟 東野圭吾 角川書店

 「ナミヤ」の由来は「悩み」で、主(あるじ)は浪矢雄治です。<ナミヤ雑貨店>が過去と現在をつなぐ舞台になって、お悩み相談の舞台となります。「過去」は、1970年代後半、ソ連がアフガニスタン侵攻をして、日本が米国に追随してモスクワオリンピックをボイコットした時期に向かっていく頃です。
 5つの章で構成されています。最初は短編集かと思いきや関連がありました。未来を知っている盗人(ぬすっと)3人の若者たちが悩みの相談に回答します。よくできた作品です。最初のつかみがいい。時空間移動はわたしの好むところです。
「第一章 回答は牛乳箱に」相談事の手紙はシャッターの郵便受けに入れる。回答は裏の牛乳箱に入れる。
「第二章 夜更けにハーモニカを」ミュージシャンをめざす松岡克郎が登場します。ギタリストです。音楽でメシがくえるかです。家族にそういう輩(やから)がいるので、たいへん楽しかった。雑貨店のほかに物語のもう一角をなすのが<児童養護施設丸光園>です。登場人物たちは恋愛ではない赤い糸でつながっています。因果関係があります。ダライラマのチベット仏教の世界です。読みながら松岡君、魚屋をしながらでも音楽はできると叱責していました。ナミヤ雑貨店の回答は「現実を見なさい」です。
「第三章 シビックで朝まで」70年代当時、友人のホンダシビックで四国を半周しました。よく走るいい車でした。全般的に今の中高年層が人生をふりかえる展開となっています。いいときもあった。わるいときもあった。なつかしい。そしてだんだん過去よりも未来のほうが短くなってきた。人生相談のほうは、「本人の心がけ」と「まっとうに生きる」が回答の柱になります。
「第四章 黙禱(もくとう)はビートルズで」涙で目頭が熱くなります。同一の映画フィルムの評価が同じ人間でも年齢によって極端に移動する。先がどうなるなどだれにもわからない。思いどおりに未来は運ばない。変わってほしくないもの、それが「愛」。人間は煩悩(ぼんのう、欲による迷い)の固まり。正解がわかっていても正解の行動をできない。
「第五章 空の上から祈りを」第一章と第五章は紙芝居の始まりと終わりのようでした。通常は第三章を第一章か第五章に配置するところですが、構成がうまい。タイムカプセルの掘り起しです。潔い(いさぎよい)男女の純愛が描かれています。いつか映像化されるのでしょう。いい作品でした。   

Posted by 熊太郎 at 18:29Comments(0)TrackBack(0)DVD・映画

2018年04月15日

ちょっと今から仕事やめてくる 邦画DVD

ちょっと今から仕事やめてくる 邦画DVD 2017年公開

 映画を観始めて、なんだか厳しすぎる。こんな内容の本だったかなと疑問をもちました。部長職の人がオソロシイ。会社のルールがおおげさに違法。ここは、言論弾圧の権力プレッシャー国家か。部長役の人の演技がひどい。(演じ方として平凡)。観ていて不快。工夫がほしい。
 後半3分の1ぐらいはいらないかな。そこまではいい出来です。今年観て良かった映画でした。
 信頼関係がなくなったら仕事は成立しません。内部の人間が悪意をもって制度やシステムを悪用したら防ぎきれません。
 
出演 福士蒼汰  工藤阿須加  黒木華 小池栄子


2015年11月の読書感想文 ちょっと今から仕事やめてくる 北川恵海(きたがわ・えみ) メディアワークス文庫

 若い人向けの「救い」の書です。
 自殺防止の願いがこめられています。
 主人公俺(青山隆)は仕事のことでとても悩んでいます。職場の人間関係であったり、長時間労働であったりです。そこへ「ヤマモト」が登場します。まるで、幽霊のような存在です。
 ガネーシャが登場した「夢をかなえるゾウ」パターンで、ヤマモトがいろいろアドバイスをしてくれるのかと思いきや違っていて、オチはなかなかいい。
 昭和40年代以降にあった「過労死」とか、バブル崩壊後の就職氷河期にあったなかなか仕事に就けなかった若者の自死とか、そして今は、労働基準法違反のブラック企業での労働問題を背景に置きながら、人が生きる意味をさぐります。
 9月26日から始まって、12月24日に終わる日記形式で、3か月間の経過です。中身は、11月21日のところで終わって完成されています。
 休みなしの長時間労働を、あたりまえのものと肯定できる読み手の自分がいて、読書が始まりました。24時間、365日、寝ている間も仕事の夢をみます。だから、目覚めても疲れています。一般的にサラリーマンは、住宅ローンや子どもの教育費、ちょっとした趣味、車の維持費とか、お金が必要です。忍耐です。ストレスがたまっています。
 社会構造が変わりました。団塊の世代がリタイアして、少子高齢化社会です。これまでの繁栄は衰退へと向かっています。年功序列も終身雇用も崩れました。書中では、正社員へのこだわりを扱った部分があります。全員が正社員はもう無理なのでしょう。
 推理小説っぽい面をもった内容で、読み手は、途中で、うすうすからくりに気づくのですが、構成はよくできています。
 なぜ、退職よりも先に自殺が先なのか。以前テレビ番組で、大卒後数年間就職活動をしたが正社員の職につけなかった息子が自殺した父親のインタビューを見ました。驚いたのは、父親が、ほっとした様子だったことです。ちょっと、考えられません。
 本書のなかでは、青山隆の両親が隆を温かく支えてくれます。自殺の原因は、企業だけではなく、親にも問題ありです。
 逃げ方を学ぶ。知る。がんばれ一辺倒(ひとつにかたよった考え)ではもたない。224ページにあった言葉として、みんなもがき苦しみながら生きていくというような表現が良かった。今年読んで良かった1冊です。   

Posted by 熊太郎 at 14:19Comments(0)TrackBack(0)DVD・映画

2018年04月13日

きみの膵臓を食べたい 邦画DVD

きみの膵臓を食べたい 邦画DVD 2017年公開

 ひとりで観たい映画です。多少くどい部分もあるので、そばにいる人に気を使って疲れたくない。
 本はずいぶん昔に読みました。
 女性が終始男性をリードしていく映画です。

 おとなになる前に死んでしまう命があります。
 人に食べてもらうとその人の中で魂が生き続ける。
 大切な人の中でわたしは生き続けたいという強くせつない女子の思いがあります。
 偶然でも運命でもない。お互いのこれまでの選択の結果(当然に、必然に)自分の意思で君と出会った。
 お互いに支え合って生きている。
 愛情に満ちたいい作品でした。今年観て良かった1本です。
 まじめな主人公でした。これから病死する女子のことを亡くなったあとも思い出としてひきずらないように、その女子と距離を保って会話をし続ける。
 物語において、なぜ、理不尽な最期という設定をしたのかは理解できません。
 バックに流れるピアノ演奏が良かった。


2015年9月16日記事 本の感想文 君の膵臓をたべたい 住野よる 双葉社

 グロテスクなタイトルで、意味は不明。だけど、よく売れている小説らしい。だけどやっぱり、タイトルは奇抜すぎる。
 読み始めました。今、100ページを過ぎたあたりです。病名は明記されていないけれど、彼女はすい臓がんらしい。助からない。助からないというか、冒頭は、彼女の葬式から始まります。女子高生山内桜良(さくら)17歳。なぜ、膵臓を食べたいかというと、悪い部分を食べると病気が治るという迷信。山内をサポートする主人公男子の名前はまだ明らかにされていない。図書委員、【秘密を知っているクラスメイト】・【地味なクラスメイト】→【仲良し】くん→【親友と不可解な関係のクラスメイト】→【噂されているクラスメイト】→【目立たないクラスメイト】→【許せない相手】→【ひどいクラスメイト】と表記される。この小説は、あれやこれやが明らかにされない。ふたりが新幹線で行ったさきは、福岡県であり、大宰府天満宮であり、博多中洲の屋台街、変わった外観のビルディングであるキャナルシティであろうことはわかるが固有名詞は登場させていない。
 章の区切りが長くて読みにくい。疲れます。
 自問自答のような時系列方式の記述が続きます。苦痛あり。読み手のことを考えてほしい。ときおり、どちらの人物が発したセリフかわかりにくい部分があります。あと、「流石(さすが)」という単語が多用されています。気になります。

 「君の膵臓を食べたい」と言ったのは、山内で、聞き手は男子の【仲良し】です。「カニバリズム」という聞いたことがない単語が男子【仲良し】の口から出ます。調べました。<人間が人間の肉を食べる行動>
 自分の内臓を食べるのではなく、他人の内臓を食べると、自分のその内臓が治るらしい。
 あと、わからない言葉として、うしろのほうで、「ソフビ人形」なる言葉が登場します。ソフトビニール製の人形、特撮もののキャラが多い。
 
 山内桜良がつけている記録が「共病文庫」という名称です。その部分で、高野悦子さんの「二十歳の原点」が思い浮かびました。むかし、京都で鉄道に飛び込み自殺をされた栃木県出身の女子大生の日記です。

 女子にリードしてもらいたい男子がいます。こんなふうになったらいいなという恋にあこがれる年齢です。彼は気弱です。傍観者でありたいと書中で、自分を評しています。

 映像化が意識してあるのかな。小説としての文章の描写力は弱いけれど、脚本としての場面展開はいい。

(つづく)

 もうあと数ページで読み終わりますが、ここで、感想を付け加えてみます。
 タイトルの由来は、「爪のあかをせんじて飲む」ということわざからきています。そうかと、腑に落ちました。
 主人公男子の氏名は最後まで出てこないようです。ほかにもあいまいな部分が多い。それが、この作家さんの持ち味なのでしょう。(最後近くに氏名が出てきたのでびっくり)
 主人公は、内にこもる性格です。なにか、心の障害があるような雰囲気です。周囲にいる人と適応できていない。
 最後のあたりのひっくりかえし(転換)は、読み手としては受け入れることができません。だまされた感があります。それまでの経過を否定しない方が素直でいい。

 「真実と挑戦」というゲームが出てきます。真実と挑戦とどちらかを選択します。「選択」という言葉が、この小説のキーワードでもあります。真実は、どうしても聴きたいことを質問するので嘘をつかずに答える。挑戦は、相手がどうしてもしてほしいことを相手に要求されて自分がする。

 後半近くまで、図書委員男子の心の中の表現ばかりです。肝心の女子の心理描写は薄い。最後半部になって、女子が書いた「共病日記」の記事を読む手法で、女子の気持ちが表面に出ます。女子の心、その部分の表現量が少ないのは不十分。
 なんだろう。病気で死ぬ本人の気持ちは始まりからうしろの部分までの間、ほとんど語られていません。彼女とつきあう男子の視点は傍観者で、彼女の死は自分に罪はないという心もちをしているようにも見えます。ふわーっとした意識があるだけ。読んでいて泣けません。世代とか育ち方の違いを感じます。
 213ページに男子の気持ちが入った文節があります。「ずっと、まわりのだれにも興味をもたないでおこうと思っていた」。なぜ? 要因となった体験があるはずです。

 とある行為を「仲直り」と表現したのはよかった。

 人はかよわい。

(つづく)

 意見はいろいろありますが、映像化されると売れる作品です。   

Posted by 熊太郎 at 15:57Comments(0)TrackBack(0)DVD・映画