2020年01月22日

たいせつなこと うちだややこ・やく

たいせつなこと マーガレット・ワイズ・ブラウン・さく レナード・ワイスガード・え うちだややこ・やく フレーベル館

 2001年9月の発行で、訳者は、内田也哉子さん、内田裕也さんと樹木希林さんの娘さんです。当時の年齢が、25歳ぐらいです。

 各自の個性を大切にするいうメッセージがあります。

 最初にコオロギが、「たいせつなのは、くろいこと」から始まります。

 立体的な絵です。
 グラスにとってたいせつなこと…
 スプーンにとってたいせつなこと…
 (この時点で、人間にはそれぞれ生まれながらに役割が割り当てられているということを思い浮かべました。)
 ひなぎくにとってたいせつなこと…
 あめにとってたいせつなこと…
 (人のためになることをする)
 くさにとってたいせつなこと…
 (物事を良い方向に考える)
 ゆきにとってたいせつなこと…
 (自然、季節、雪、本質(根本的なもの)に迫る)
 りんごにとってたいせつなこと…
 かぜにとってたいせつなこと…
 そらにとってたいせつなこと…
 (暗示、囲まれていて、囲まれているなかに存在している)
 くつにとってたいせつなもの…
 (啓示)
 人間の根っこ

 絵本の文章を書いた人は、もう110年ぐらい前に生まれた人です。68年前に亡くなっています。絵を描いた人も、104年前に生まれた人です。

 絵の色合いは濃く、ものの存在感を強調しています。

 内田也哉子さんのあとがきがあります。
 きれいな言葉がつづられています。絵本を「星」にたとえます。
 昔絵本を読んでもらった。今度は自分が読んであげる立場になった。そんなことが書いてありますが、最初に読んだ時は、なぜかしら、肌で「孤独」を感じました。自分は自分であるという強い意志をもっていないと、心が折れる。そういうメッセージが、絵本のなかにあるような気がしたからです。

 朝の散歩の前にこの本を読んだ日の夜に、たまたま樹木希林さんご夫婦と内田也哉子さんご家族に関するテレビ番組「樹木希林の天国からコンニチワ」がありました。そちらの感想も添えてみます。
 内田也哉子さんは、こどものころに、いじめにあっていたとお話しされました。母親は怒りっぽくがんこで、父親も短気、どちらも怖かった。ふたりがそろったときは最高に怖かったそうです。そういったことを聞いてから、この絵本を読むと、怖い環境のなかにあっても、自分は、強い心をもって、自分を信じて生きてゆくんだという意志が感じられるのです。
  

Posted by 熊太郎 at 06:43Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2020年01月21日

ぼくのぱん わたしのぱん 神沢敏子・ぶん 林明子・え

ぼくのぱん わたしのぱん 神沢敏子(かんざわ・としこ)ぶん 林明子・え

 ぱんづくりをおしえてくれる科学の絵本です。
 1978年発行のロングセラーです。
 ぱんを思わせる茶色の色調で続きます。きれいな絵です。
 ぱんやさんもこどもたちも外国人のイメージです。ぱんのにおいが絵本から出てくるようです。
 女の子と、男の子ふたりです。三人きょうだいなのでしょう。小6の女の子、小5の男の子、小2の男の子ぐらいに見えます。
 小麦粉、塩、砂糖、水、卵、バター、そして、イースト菌。
 10:10左上にかけ時計の絵があります。スタートです。
 ぱんをボールの中でこねるときの表現として、「あらしのなかのふねのよう」が気に入りました。
 上の男の子は歯を食いしばって、力が入っています。
 こんどは、たたきつけます。ぱんぱんぱん。
 おもちみたいにあついそうです。
 しばらくおいといて、1:15からぱんのかたちづくりをはじめました。動物をはじめとして、いろんなかたちができました。表面にたまごのきみをぬります。やくと、くりいろに光るそうです。ふーん。知りませんでした。
 そして、焼きます。
 5時間ぐらいかかりました。パンのできあがりです。
 自然の恵みを感じます。
 こども三人の食事風景がなにかさびしい。こどもだけです。おとながいません。まどのそとから、ねこちゃんが、こどもたちをながめています。  

Posted by 熊太郎 at 06:55Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2020年01月17日

14ひきのあさごはん いわむらかずお

14ひきのあさごはん いわむらかずお 童心社

(1回目の本読み)
 絵本です。
 14ひきののねずみがでてくる大家族のおはなしのようです。
 おじいさん、おばあさん、おとうさん、おかあさん、1・2・3…のじゅんばんで、いっくん、にっくん、さっちゃん、よっちゃん、ごうくん、ろっくん、なっちゃん、はっくん、くんちゃん、とっくん、ぜんいんあわせて、14ひきです。
 まずは、文字を読まずに、一枚ずつめくってながめてみました。
 絵がとても美しい。静止画なのに、動画に見えてきます。映画アニメの映像を見ているようです。色合いに華やかな彩りがあります。光が輝いています。豊かな色彩です。立体的でもあります。
 自然と物語があたまのなかに浮かんできます。今年読んで良かった1冊になりそうです。
 のねずみたちの生活感が伝わってきました。
 とんぼが可愛い。虫もいっぱいでてきます。

(2回目の本読み)
 1枚の絵を見ながら、読み手のおとなと聞き手のこどもさんが、たくさんおしゃべりできそうです。小鳥のさえずりが聞こえて来たり、おじいさんのねずみがあたっているたき火の火の燃える音が聞こえたりしてくるような絵本です。
 14ひきののねずみたちは、みんな同じような顔なので、だれがだれなのかわかりにくい。着ている洋服の柄とか色とか、各自の体の大きさでだれなのかがわかるようになっています。
 あさごはんは、すっと出てくるのではなく、みんなで準備するのです。のいちごをとりに行くところからはじまります。自然がいっぱいある山の中です。昆虫がたくさんいます。のいちごがおいしそう。ほたるぶくろのピンク色がきれい。おとうさん、おかあさん、おじいさん、おばあさんは、おうちでパンづくりをしています。10番目のこども「とっくん」もおとなといっしょに、きのこスープづくりです。
 パンとスープとのいちごで、おおぜいで食べるあさごはんです。ジュースとジャムもあります。
 ひとつの丸テーブルをみんなで囲んで、あたらしい一日のはじまりが、さわやかです。
 1983年発行のロングセラー絵本でした。今年読んで良かった1冊でした。
  

Posted by 熊太郎 at 09:16Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2020年01月16日

しょうがっこうへいこう 斉藤洋・作 田中六大・絵

しょうがっこうへいこう 斉藤洋・作 田中六大・絵 講談社

 今年読んで良かった1冊です。
 小学校へ入学するこどもさんの不安を解消するための絵本です。
 クイズ形式になっている楽しい本でした。
 いなかっぽい絵が、地方に住む子どもにとっては身近です。
 
 ようちえんのように、ようちえんバスのおむかえは来ません。登校班になって、じぶんで歩いていくのですから始まります。道のとちゅうにいるブタさんをはじめとして、いろんなどうぶつが可愛い。<いなかですなあ>

 朝礼が開かれている校庭には、児童がいっぱいです。
 へんな校長先生が登場しました。「じゅぎょうは、せんせいのおはなしをきかずに、みんなでおしゃべりしましょう」といいます。それは、うその校長先生です。本物の校長先生は、だれだ。

 国語の授業です。「いぬ」をひらがなで習います。ひらがなによる「迷路しりとり」のはじまりー さあ、ゴールをめざしてスタート!
 
 さんすうの授業です。「にー しー ろー はー」といいたくなります。
 
 おとなにとっては、なつかしい教室の風景です。音楽室、理科室、図工室、家庭科室、図書室など。

 体育の授業もあります。まちがいさがしゲームの始まりだよ。

 保健室は楽しいところ。

 給食の時間です。あれ、また、へんな校長先生が、ビールをのんでいます。

 校庭にもうひとり、あやしい人がしんにゅうしました。おまわりさんが来てくれました。
 気をつけて帰ろうね。

 夕食です。
 いまの時代、家族そろってばんごはんをとれる家は少なくなりました。残念です。

 裏表紙の絵もきれいです。じゅうぶん、楽しめました。孫たちにも好評でした。ありがとう。  

Posted by 熊太郎 at 06:33Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2020年01月15日

ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ

ぼくはあるいた まっすぐ まっすぐ マーガレット・ワイズ・ブラウン 坪井郁美・文 林明子・絵 ペンギン社

 家の白い電話が鳴りました。
 電話の呼び出し音が、この物語のはじまるきっかけです。
 5才ぐらいに見える男の子が家の中ではだしなのがいい。
 おばあちゃんが、あそびに来てねとさそっています。
 ひとりできてね。まっすぐ、まっすぐあるけば、おばあちゃんの家につくよ。
 絵がやさしい。窓の外に見える街の風景がきれいです。
 みちばたで咲いていた赤い花一輪が、おばあちゃんへのプレゼントになりました。やさしいお孫さんです。
 いちょうの葉っぱがちょうちょみたい。
 のいちごもプレゼントにくわえました。
 まっすぐなみちをまっすぐいくのですが、いろいろ苦労もあります。
 馬のおしりが見えます。男の子にとっては、おばあちゃんの家に行くまでが、冒険です。新しい体験があります。知識がふえます。
 ワンちゃんとの出会いもありました。
 みつばちさんに追いかけられました。
 あっ! 家のまどのむこうにおばあちゃんの顔が見えます。
 おいしそうなチョコレートケーキがごほうびでした。野イチゴと交換です。
 19見開きの絵本でした。  

Posted by 熊太郎 at 06:38Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2020年01月11日

挫折を経て猫は丸くなった。 天久聖一

挫折を経て猫は丸くなった。 天久聖一(あまひさ・まさかず)編 新潮社

 テレビ番組アメトークで、優良図書として紹介されていた本です。
 勘違いをしていました。古今東西の小説の書き出しだけを集めたものだと思っていました。
 内容は、ネットサイトの応募があったものから集約されています。勘違いしていたので、最初は、著作権の整理がたいへんだったろうにと思いましたが、本当に書きだしの一行のみの作品が続きます。常連さんもいるようです。川柳のようでもあります。サラリーマン川柳とか、お年寄りの川柳とか。それから、メールのタイトルとか、中身とか。
 二行目以降は、読み手が想像することになりますが、少々めんどうなので、なかなか続きません。
 1ページに3作品で、いいものは、1ページに1作品です。
 ここには、書けませんが、気に入った文章もあります。ただ、大半は、読んでもよくわかりません。
 主語の部分があって、意表を突く、述語(どうする。どんなふうだ)の部分がつながっています。
 一行完結小説の趣(おもむき)です。述語の部分が、落語やお笑いでいうところの「オチ」になっています。
 
 これはいいなと思うつくりかたは、「時空間移動」、「その場にそぐわない質問だけれど意味は通る」、「理屈よりも感覚を優先」、「実体験を誇大化」、「空想科学パターン」、「空想理論パターン」、「ふと、力を抜くパターン」、「認知症の高齢者ネタ」、「全力投球型」、「死んだ人の言葉、心の無い物体の言葉」、「社会通念なれど自由」、「ものの見方の多面性」

 2度・3度、繰り返し読むと、おもしろみの味わいが広がる本です。

 自由部門と規定部門があります。規定部門のお題「父」はどの作品も暗い。「歴史人物(国内編)」を読んでいるときに、遠い過去に、現実社会でもめていた年上の人たちを思い出しました。全員、今はもうあの世にいかれた人たちです。いったい何のためにあんなにもめたのだろう。合意点の無い対立は無益であり、無意味です。それなのに対立はなくなりません。

 ときおり、漢字が難しい。短文で表現したいがためなのか。
 いくら考えても意味がわからないものもありました。しかたありません。わかる人にしかわからない作品もあります。

 調べた単語などとして、「迂闊:うかつ」、「Ctrl+Z:元に戻す」、「笙:しょう。雅楽に使用する管楽器。息を吸ったり吐いたりして音を出す」、「迂闊:うかつ」、「虚無僧:こむそう。禅宗。尺八。深い編み笠をかぶる」、「抉られる:えぐられる」、「既鳩:不明」、「揉みたい:もみたい」、「梅田の地下ダンジョン:地下牢。複雑で迷子になる」、「ガーリー:女の子らしい、可愛い」、「裾:すそ」、「腐女子:男性同士の恋愛小説や漫画を好む女子」、「ケバブ:中東料理。肉、魚、野菜を焼く」、「レトリック:文章を良くするための技術」
  

Posted by 熊太郎 at 06:44Comments(0)TrackBack(0)読書感想文