2018年08月22日

銀の匙(ぎんのさじ) 中勘助

銀の匙(ぎんのさじ) 中勘助(なか・かんすけ) ポプラ社

 児童文学の名作ですが読みはじめてみるとけっこう言葉がむずかしい。各ページに説明が付記されているので理解できます。江戸時代が終わり、明治18年以降頃の言葉です。

 偶然、茶箪笥(ちゃだんす)の引き出しから出てきたのが銀の匙である。母親がその銀の匙の由来を語ってくれる。場所は東京神田である。

 主人公は生誕後病弱だった。頭から顔からまつかさのようなできものがあった。母親の産後の状態も悪く、主人公は叔母に育てられることになる。叔母の夫は病死していた。

 語り唄を聴くような雰囲気で読書を続けています。文章にリズム感があります。主人公自身の経歴と東京の歴史が重なりながら進行します。
 主人公と叔母のサムライごっこは楽しい。いつの時代でも同じです。対戦ごっこです。加藤清正が出てきます。
 
 主人公であるこどもに対する叔母の愛情が深い。

 古い話なので、文章を読んでも光景をイメージできませんが、明治時代の街のにぎわいとか、人のありようが、生き生きと表現されています。ことに子どもの世界の豊かさがあります。日記がベースで書かれていると推定します。

 少年期の初恋のことが書いてありしみじみします。

 日清戦争、1894年7月、明治27年から1895年3月朝鮮半島を巡る大日本帝国と大清国の戦争

 主人公の思考に寄ればこの世で立派な人はいないというところまで到達するのですが、病弱だった自分のめんどうをみてくれた叔母には感謝します。叔母が主人公にいつも銀の匙(さじ)で薬を飲ませてくれた。叔母のおかげで今の自分がある。
 
 他者を非難しながら自立心が育っていきます。

 前編が「大正元年初稿(1912年、106年前)」、後編が「大正2年初稿」古いのですが今の子どもたちの心理にも共通します。これからもそうなのでしょう。

 印象に残ったこととして、「若い時、学問にこって本ばかり読んでいたら気がふれた人がいた」、「お寺の縁日におおぜいの乞食が出る」、「教師と気が合わない記述。同様に兄と気が合わない記述。そのほかのこともふくめて、『ふしあわあせ』という表現」、「主人公は憂鬱症」

 調べた単語などとして、「帷子:かたびら。夏の麻の着物」、「章魚坊主:たこぼうず。主人公の男の子9歳のこと」、「悍馬:かんば。暴れ馬」

 年齢を重ねていくごとに老いていく。育ての親である叔母との再会シーンがクライマックスでしょう。自分の世話をしてくれた人に感謝して、自分もまただれかの世話をして老いていく。しみじみします。  

Posted by 熊太郎 at 05:27Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2018年08月18日

本当の頑張らない育児 やまもとりえ

本当の頑張らない育児 やまもとりえ 集英社

 横断歩道を歩いていたら突然夕立みたいな豪雨になって、近くの本屋で雨宿り。なかなか雨がやまず書棚をながめていたらおもしろそうなマンガを見つけたので、雨宿りのお礼代わりに購入しました。

 だんなが育児を手伝ってくれなくてマイペースなのが悩みです。だんなもこどもみたいなものです。

 絵は優しいタッチで内容もほのぼのしています。ただ、絵はところどころわかりにくく描画が不十分な気がします。スマホが電話に見えませんでした。
 妻ひとりに仕事を押し付けると妻は壊れます。最悪児童虐待が始まります。こどもはかわいいばかりではありません。反抗的でめんどうなこともあります。

 手抜きとかズボラで子育ての大変さをのりきろうというメッセージ本です。

 最初のうち、作者は、ウジウジとして、旦那にはっきり意思表示をしません。同じ場所をグルグル回ってその範囲から外へ出ることができません。
 
 内容を観ていると奥さんも仕事を再開されます。共働きです。そこからがまた苦しいのですが親の代わりに保育士に育ててもらってもかまいません。

 こどもさんの「個性」が登場する場面が少なかった。  

Posted by 熊太郎 at 05:27Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2018年08月17日

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をす

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと 花田菜々子 河出書房新社

 珍しいタイトルの本です。とにかく、読み始めてみます。

 主人公は33歳女性書籍・雑貨店の店員。冒頭は主人公女子のホームレス状態から始まります。主人公は既婚者で、離婚はしていませんが、別居です。舞台は横浜。子どもはない。そして作者自身のノンフィクションで事実に基づいています。
 出会い系サイトで会った男性に肉体関係抜きでその人に合う本を紹介するという不思議な内容です。当初は健全さを出していますが、最終的な男性の目的は主人公の体です。実体験に基づくものとあるのですごい覚悟を感じます。本を書くため。お金のため。32ページまで読みました。主人公が相手に勧める本は、書名も作家も知らない人ばかりです。2013年(平成25年)1月からスタートして2017年(平成29年)までの期間のことが書いてあります。70人こなすとそれぐらいの期間がかかるのでしょう。(あとで気が付きますが、行動自体はタイトルにもあるとおり1年間のことでした)

(つづく)

 「X」のサイトを通じて男性と出会う。SNSの世界です。健全に集うように書いてあるのですが最近起きた誘拐殺人事件を連想し闇を感じます。
 
 相手は独身男性ばかりではありません。既婚者もいます。そして、女性もいます。

 作者はかなりユニークな人です。どうして、どのようにして、別居された男性と結婚したのかは書かれていませんが平凡な主婦ではありません。SNSでの自己アピール文が異様です。初期のときは「セクシー書店員」とあります。それを読んだほうは、あとあと、暴力を伴う男性が登場するとか、金銭要求があるかもしれないとか考えてしまいます。

 ヴィレッジヴァンガードという店で働いていて友人関係になった吉田さんとの交流がきっかけで、この本の内容が芽生えています。

 作者の勧める本を見かけたことがありません。ヴィレッジヴァンガードには何度か行ったことがあります。風変りな店だという印象があります。方向性が大衆向きではなくマニアックだと感じました。紹介があるこういう本の情報を作者がどこで手に入れるのかわかりません。

 半分ぐらい、111ページぐらいまできて、なんだか飽きてきました。書き方がワンパターンに近い。時系列的に説明が続きます。

 たくさんの本の紹介がありますが、わたしはそのうちの1冊しか読んだことがありません。サブカルチャー(独自な信条をもつ人々の独特な文化)が担当領域のような記述がありました。

 サイト「X」で、身分を明らかにして、30分間の出会いで、自分が相手から何かを得て、相手には何かを提供するシステムです。
 当初は数年間関与したと受け取りましたが読み終えてみると初期の目的を達成したということで、1年間で脱会されているようです。

 印象に残った部分として、「印象に残る1年後の自分」

 作者は若いので頭の中にある知識とか記憶が短時間で瞬間的に出てきます。歳を重ねるとそれができなくなります。忘れてしまいます。

 自らをさらけ出すのが、作家の宿命です。

 読みながら、途中、だれと会って、どんな本を勧めたのかを記録していましたが、220ページに一覧がありました。わかりやすくていい。

 調べた単語などとして、「マッドシティ:ファミコン用ソフトとか洋画のようですが、この本での使い方はよくわかりません。東京はおもしろマッドシティとあります」、「Sというバル:Sは店名の頭文字でしょう。バルは、食堂とバーが一緒になった飲食店」、「岡崎京子の漫画」、「ルノアール:喫茶店名。まじめで高級みたい」、「横浜のコワーキングスペース:IT機器持ち込みで、席で仕事ができる飲食店と理解しますが、書中では、レンタルオフィスのようです」、「人狼ゲーム:村人に化けたオオカミが出てくるゲーム」、「仕事のプライオリティ:優先度(重要度を優先するわけではない)」  

Posted by 熊太郎 at 05:59Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2018年08月14日

火のないところに煙は 芦沢央

火のないところに煙は 芦沢央(あしざわ・よう 女性) 新潮社

 6話短編です。

「第一話 染み」
 遠くから事象をみつめる読書です。
 冒頭と最後に作者が登場する不思議な出だしと終わり方です。
 
 アルコール依存と自殺願望を他者が止めることはむずかしい。自己責任、自己管理が基本です。中毒をやめるのは本人の意志です。

 良かった表現として、「人為的なものがある」。ミステリーです。

 間の作り方もいい。(行間2行あけ)

 おもしろい。

 調べた単語などとして、「接穂:とぎれた話を続けるてがかり。つぎほ」、「コールドリーディング:準備なしに(相手の心を)読む」


「第二話 お祓いを頼む女」
 出だしが現実と重なります。やはり珍しい。現実と言っても「仮想現実」です。
 この先、さきほどの作品「染み」が秘密の項目になっていくようです。
 この本は「怪談集」です。
 祟り(たたり)、謝罪、すさまじい展開になってきました。
 「染み」と同様に「痣(あざ)」

「第三話 妄言(もうげん)」
 ここで、「火のないところに煙はたたない」という文章が出てきます。
 さきほどの短編「お祓いを頼む女」と同じパターンです。この先を予想できるので失敗かと思いましたがそうではありませんでした。よく内容を練ってあります。

 調べた単語として、「微かに:かすかに。読めませんでした」

「第四話 助けてって言ったのに」
 家中に「御札」が貼ってあります。でもそれは夢です。
 深層心理を導き出して不安をあおる。
 智世(ともよ)と和典(かずのり)夫婦は、善人なのだろうか。読んでいてそうはみえない。
 途中作家が出てきます。臨場感があるのですが、読む人によってはふざけていると思うかもしれません。人によって、合う、合わないがある作品かもしれません。

「第五話 誰かの怪異」
 最後のほうがわかりにくかったので読み返します。
 ふーむ。ただ、どの短編もそうですが、現象の解明はしていない。それとも読みが不十分なのか。
 不動産物件がらみの階段が続きます。今回は木造2階建てアパートです。
 推理小説です。

 調べた単語として、「梵字:魔よけのお札の文字に使われることが多い。インドの文字」

「最終話 禁忌(きんき:してはいけないこと)」
 うーむ。よくわからない。腹に落ちませんでした。  

Posted by 熊太郎 at 05:50Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2018年08月12日

送り火 高橋弘希

送り火 高橋弘希(たかはし・ひろき) 文藝春秋

 同作者で以前読んだのは「指の骨」でした。戦地にて戦死者の指の骨を帰国後遺族に届ける内容でした。精密、緻密だった記憶があります。

 「送り火」というのは、死者を弔うためにともす灯りではなかろうか。という先入観をもって読み始めます。

(つづく)

 精霊流しを思い出す出だしです。転校生がへき地で一生忘れられない体験をする。父親は栄転前の転勤としているようですが、読むと左遷に思えます。
 エリートの頻繁な転勤だから子にとっては中学も3校目です。
 中学3年生1学年12人しかいなくて、どうして、市立第3中学校なのか(中学が3校もある)と思って読んでいたのですが、翌年3月までで廃校になるとあり理解します。昔の炭鉱みたいなものでなにか栄える産業があって今は衰退したと考えます。書中では農業ですが違うのではないか。

 最後の卒業生として6人の男子中学生がいる。少人数学級の良さを昔読んだことがありますが、それは苦痛以外のなにものでもありません。狭い世界、自分に合わない世界に長期間身を置くことになるとつらい。

 花札のような賭け事は読んでもわからない。

 内容は思い出、登場する人物は男子中学生たち。でも、児童文学ではない。

 どこへいってもいじめがあるいじめ社会日本です。世界でも同じか。

 たった数人の生徒のなかで、クラスの委員長とか、副委員長とか決めても形だけの気がします。

 素材は「暴力」です。SMのSの男の話かと思って読んでいます。

(つづく)

 読めない漢字が出てきます。芥川賞作品の特徴です。他の受賞作も含めて漢字検定ではないかと思うことが多い。そして、内容が「暗い」

 手法は手品です。意図してコトを為す。読み手はその手法に慣れると安心して暴力を見ます。

 お盆に飾るきゅうりの馬やなすの牛のことは、説明がないのですが、知らない人はそのまま読み過ぎていきます。

 古代ローマの格闘技観戦を思い浮かべます。人間の性質はその時代から変わっていない。

 ラスト付近は迫力あり。人は人を憎む。仕返しをする。先日の新幹線内の事件を思い出しました。

 良かった表現の主旨などとして、「母親は人づきあいが苦手」、「言葉のお化け」  

Posted by 熊太郎 at 05:12Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2018年08月11日

東京ウィンドオーケストラ 邦画

東京ウィンドオーケストラ 邦画 DVD

 鳥人間コンテストの映画を観ようとしましたがあいにく貸し出されていたため、隣に置いてあったこの映画を観ました。ちょっとびっくりしました。舞台は鹿児島県屋久島なのですが、内容的に島の人たちの反感をかったのではないか。

 感じの悪い役場女性職員が登場します。本当に感じが悪い。役場の人たちが見たら怒るだろうに。

 もやもやとしてはっきりしない「勘違い」です。

 組織が、うわべだけをとりつくろうことはあります。中身はぼろぼろです。組織の縮図を見るようでその点では関心がいきました。  

Posted by 熊太郎 at 05:42Comments(0)TrackBack(0)読書感想文