2017年07月23日

明るい夜に出かけて 佐藤多佳子

明るい夜に出かけて 佐藤多佳子 新潮社

 コンビニのお話ですが、富山(とみやま)という男性、20歳、大学休学中、心療内科通院中の語りが続く私小説のような形式です。

 ラップ音楽、サンバミュージックのように、リズミカルに文章が流れて、リズムが内容を引っ張っていきます。
 ときに説明が細かすぎて、そこまでの情報はいらないのにと思いつつ第一章を読み終えました。60ページぐらいが経過しました。ここまで読んでまだ、作品が何を言いたいのかわからない。自分自身の感受性が薄くなってきた。
 舞台は神奈川県、八景島シーパラダイスあたりです。時代設定は、2014年あたりです。
 「接触恐怖症」それが、富山くんの病名で、女性に触れられたくない。でも、ホモではない。性同一障害でもなさそうです。

調べた単語として、「晒した:さらした。読めませんでした」

(つづく)

 作者は試行錯誤をしています。それを楽しんでもいます。自分より少し上の世代の匂いを感じながら、現在の先端技術状況を合わせていきます。
 古い時代の深夜放送と、SNSをつなげようとしています。

 ラジオネーム「虹色ギャランドゥ」をもつ少女のキャラクターがおもしろい。佐古田愛といいます。
 登場人物たちは、ふたつの名前をもちます。ラジオネームです。ラジオのことをいっぱい書いてある本です。リスナーたちのやりとりです。
 ドラマか映画の台本の下地になりそうな作品です。
 ファッションの意味は自分に素養がないので、読んでも意味をとれません。SNSの知識もないので、135ページあたりからの記述も理解できません。
 漫才かコントの台本、芸人さんの世界のようです。

気にった表現として、「脳みそがセメント化した」
調べた言葉として、「HP:ゲーム、体力、ヒットポイント」、「DAY:昼間、毎日のこととして」

(読み終えました)
 
 正直、意味をとれませんでした。
 あとがきに、昔の未完了の作品に付け加えたというような内容が書いてありました。そのせいかもしれません。アンバランスです。  

Posted by 熊太郎 at 17:49Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2017年07月20日

あるかしら書店 ヨシタケシンノスケ

あるかしら書店 ヨシタケシンノスケ ポプラ社

 どこがおもしろいのだろうかと、漫画の絵をながめながら読み続けました。
 うしろのほうになっておもしろみがわかりました。
 最後は、充実でした。

 絵がキレイ
 アイデアが凝縮されています。
 本は、図書館で借りるばかりでなく、書店で買ってほしい。
 そのお金が、出版界の活性化と作者の育成につながるのです。

 気に入った項目は、
 「書店婚」と「本が好きな人々」でした。

 装丁は、外国の本みたい。  

Posted by 熊太郎 at 18:52Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2017年07月18日

星の子 今村夏子

星の子 今村夏子 朝日新聞出版

 83ページまで読みました。なかなかおもしろい。
 「コンビニ人間」とか、「しんせかい」、「苦役列車」、「サラバ!」の路線です。

 病弱に生まれた主人公林ちひろ(ちーちゃん)を救うために、「水」にからんだ信仰宗教らしき活動に積極的に関わる両親がいます。それが原因で、親族関係、親子関係(ちーちゃんの5歳上にまさみさん、まーちゃんがいる)が破たんしていきます。
 宗教小説は避けられる傾向にあるのですが、この小説の場合、成功しています。

 お茶の名前が「金星のみのり」
 
 項目番号「4」から、おもしろくなってきます。

 小学生ながら、女子のしたたかさとか、男子のばかばかしさが表現されています。
 孤独もあります。

 「すべては宇宙の意のままに」は、イスラム教アラーの「神の御心のままに(インシャラ―)」みたい。

 「さらけだす」小説です。16歳高校1年生のまーちゃんが、家出をしました。
 引きこもり男子の異様な行動があります。
 異常な世界となってきました。
 そして、両親は、毎日、祈り続けるのです。

(つづく)

 読み終えました。
 読後感として、実際にこういう世界もあって、否定はできない。

 無神論者が多い日本ではありますが、なんらかの宗教活動をしている個人もファミリーもいます。
 こんな感じの家族像になるのでしょう。

 印象に残ったこととして、「父も母もあまり食事をとらない。一日、一食か一食半」
 笑えるシーンはいくつかありました。素朴です。
 なんか、おもしろくて、悲しい、ときには、児童虐待にも思える。

 「親戚との付き合いが絶たれる」

 ラスト、両親は、娘を手放すことにしたのか、手元におくことにしたのか。なかなか推定と決定はむずかしい。
 決めるのは本人で、おそらく本人は、望まない。両親だけではなく、ファミリーを包む組織内にいるから。  

Posted by 熊太郎 at 19:14Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2017年07月17日

敵の名は、宮本武蔵 木下昌輝

敵の名は、宮本武蔵 木下昌輝(きのした・まさき) 角川書店

 短編7本です。宮本武蔵を彼に殺された側の人間から見た視点で書かれてあると本の帯に書かれています。

「有馬喜兵衛の童討ち」
 犠牲者は有馬喜兵衛27歳です。武蔵はまだ、こどもで、13歳ぐらいです。
 文章がうまい。読みやすく、わかりやすい。
 武蔵の父親が、宮本無二斎(みやもと・むにさい)。どういうわけか、彼の首にはキリシタンの十字架がかかっている。
 武蔵の幼名が、弁助(べんのすけ)。父子ともに剣豪の腕前です。
 調べた言葉として、「隻眼:せきがん。片目」

「クサリ鎌のシシド」
 犠牲者は、人買いによって連れてこられたインド人シシドです。鎖の付いた鎌が武器です。千春という女がからみます。
 こういう展開か。

「吉岡憲法の色」
 犠牲者は、吉岡憲法(よしおか・けんぽう)という人です。ただし、生かされます。染物業と剣術業のかけもちをしていましたが、いろいろあって、染物に専念されています。
 ここで、「宮本武蔵のじょう玄信(のじょうはるのぶ)」という名が出てきます。
 この章の内容は見事でした。

「皆伝の太刀」
 皆伝は、免許皆伝を指します。
 武蔵の人間としての心の成長がみられます。
 日本画描画がその成果です。
 気に入った表現として、「慌てて話の接ぎ穂を探す」
 武蔵の育ての父親が自らを「巌流小次郎」と名のることが不可解です。

ちょっと読んでいて、殺し合いが続くので、嫌になってきました。
このひとつ前の章で、「いずれ、剣の時代は終わる(他の武器にとってかわられる)」というような記述があるのですが、そのとおりです。

宮本武蔵:1587年-1645年

「巌流の剣」
 (佐々木)小次郎が登場しますが、佐々木ではありません。津田小次郎です。
 本位田外記(ほんいでん・げき)という人物の名前も登場します。
 人間関係が複雑になってきて、ちょっと読み飽きてきました。
 巌流島の決戦シーンが始まったのですが、これまで聞いていた内容とは違います。
 
「無二の十字架」
 無二は、武蔵の育ての親です。実親ではないと記事があります。
 宮本無二斎という人は、武蔵の育ての親なのですが、荒くれ者の剣豪として描かれているにもかかわらず、主君に対しては忠誠を誓っています。「主君には、犬のように忠僕たれ」とあります。そのへんが、現代人の感覚では理解しがたい。恩があるというようなこと、秩序を乱さないというようなことが書いてあった記憶です。身分の差は絶対ともあります。

 物語は20年ほど前の過去に戻ります。
 昔、親友だったものが、今は敵同士です。
 武蔵の人間らしい優しさが出てきますが、周囲には、剣に情が混じりつつあると否定的に受け取られます。

 調べた言葉として、「襁褓:(あかちゃんの)おしめ」、「裂帛:れっぱく。鋭い声」

 そういうことかと、がてんのいく章です。
 章の最終ページ、263ページ、何と言っていいのかわかりません。

「武蔵の絵」
 最後は、さわやかでした。  

Posted by 熊太郎 at 18:57Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2017年07月16日

BUTTERバター 柚木麻子

BUTTERバター 柚木麻子(ゆづき・あさこ) 新潮社

料理を素材にした小説を書かれる作家さんです。
これまでに、ランチのアッコちゃんシリーズのような明るい作品と、ナイルパーチの女子会のような犯罪ねちこい作品を読みました。
個性なので、これからもこの路線でいかれるのでしょう。
 
 町田里佳33歳、大手出版社男性週刊誌の女性記者が、結婚詐欺・連続殺人事件犯人の梶井真奈子35歳(太っている。美食家。彼女が許せないものとして、(フェミニスト:女性差別の解消を唱える人それから、マーガリン))を拘留中から取材します。

新聞の社会面から拾ったとみられるネタです。「バター不足」、「リベンジポルノ」、「援助交際」、「待機児童」

物語を支えているものとして、「<ちびくろ・さんぼ>さんぼが登った木の下でぐるぐる回っていた虎たちがバターになる」
さんぼが、連続殺人犯人梶井真奈子で、殺された男たちが虎。虎が自滅してバターになって、さんぼがそれを食べる。

 家族・親族・友人構成として、町田里佳の父親は離婚している。(さらに死去している。里佳は父親に対する何かをもっている)

 犠牲者として、
 1番目が、本松忠信73歳睡眠薬過剰摂取。資産家
 2番目が、新見久範ひさのり。浴室で溺死。68歳。
 3番目が、山村時夫42歳。電車にはねられ死亡。
 被害者たちの食卓は、容疑者梶井真奈子が用意したおいしい手料理か、ひとりぼっちのわびしい食事しかなかった。
 犯罪の物的証拠はない。

 バターの前ふりが続きます。

 作品は哲学的です。「なぜ生きるのか」、「生きているのに死んでいる状態」
 また、これまでの日本人女性像を突き詰めています。「我慢や努力や貞操を求められて、同時に、女らしさや、柔らかさを求められてきた。男性への世話も求められた。」

 作品中は、食べ物の話が続きます。ときに強引なこじつけに感ずるときもありますが、内容は、この作家さんの持ち味です。
 お料理好きの結婚詐欺師が、収監中の梶井真奈子ですが、殺人犯人の彼女は、本当は無罪の可能性があります。冤罪を受け入れているのか。
 田舎から、都会へ出てきた素朴な少女の男女関係があります。中年男性たちに「もの」として見られる。中年男性にもてあそばれた少女が逆転に転ずる。

 タバコを讃えるような記述は、ようやく禁煙できて数年が経過した者としては読むのはつらい。

 ダイエットとか、やせるとか、それは、女性らしくない。正しくない。男性はぽちゃぽちゃ体型が好きという主張があります。

 梶井真奈子は強烈です。「(友達はいらない。自分の)崇拝者だけがほしい」

 悪人「梶井真奈子」は、女性記者「町田里佳」の姿を借りて、犯罪を再現しようとしているかのように読めます。どろどろとしている。まさにバターの見た目とか触感です。

「(孤独だから)長生きしてもしかたがない」

 女性が読む小説です。

 同性愛(女性同士)的な雰囲気が作品の裏にあります。小児性愛者とか、男に父性を求める娘とか、暗い面もあります。なかなか苦しい生き方です。屈折した性癖があります。

 濃密な表現でした。力作です。
 読んでいて、どこで、休憩をとっていいのか、固まりが長く、その点では、読みづらかった。
 書き込みすぎということもあるかもしれません。

 あちらこちらに「孤独」が散りばめられています。
 手料理で、人が救われたり、死んだり、生きたりします。
 生きている状態、生きていても死んでいる状態があります。

 異性から選ばれる待つ女性。自らは選ぼうとはしない女性。
 メスだけの世界。
 女性のつかみどころのない態度、圧力のあるどう猛さ、主張がコロコロ変わる不気味さ、耐えられない。

 主人公は、からまわり、ふりまわされ、自滅方向への流れをたどりますが、やがて光明を見つけます。家族や友人を大切にして、孤独から脱する。なんとしても自分の居場所を探す。  

Posted by 熊太郎 at 18:31Comments(0)TrackBack(0)読書感想文

2017年07月10日

顔ニモマケズ 水野敬也

顔ニモマケズ 水野敬也 文響社

 病気で顔が変形している人たちです。
 作者自身も以前は自分がむくんでいると気にしていたということが、この本の製作の動機となっています。
 本にある写真の顔を見ると思わず目をそむけます。本人の責任ではないにしろ、身を引く思いです。
 
 見た目で中身まで決めつけることが多いのは日本人特有の思考だそうです。美人や可愛いから、あるいは、イケメンだから、人間性もいいとは限らないことはわかります。逆に、顔だちが良くないと、誤解することもあります。

 写真を見て、内出血のようにして、顔や腕に跡がある人を見たことはありますが、こういう顔をしている人がいるということは、初めて知りました。驚きました。

 みなさん、こどもの頃は、イジメにあっています。その後、ひきこもりの時期をすごした人もいます。悩むと思います。死んでしまいたいとも思うでしょう。
 みなさん、そういった時期を克服されています。尊い言葉が並んでいました。変顔ではなくても、救われる思いをする人も多いでしょう。

 一見男性かと見えた人が、女性だったりもしました。いっそう、人間の強さが伝わってきました。

 世界は広い。自分の存在を認めてくれる人は意外にたくさんいる。そうやって、みなさん、広い世界へ自分の身を出していかれました。

 インタビューは、長時間に及んだと思いますが、本は、コンパクトに上手にまとめてあります。良書です。今年読んで良かった1冊になりました。

「折り合っていく」、「家のなかにいると意識が自分に向いてしまう」、「マラソンがストレス解消になる」、「からかわれてつらかった」、「(医者にとって)良い患者になるな」、「割り切る」  

Posted by 熊太郎 at 19:41Comments(0)TrackBack(0)読書感想文