長野県 富士見台高原

2013年11月10日

Posted by 熊太郎 at 13:46Comments(0)TrackBack(0)長野県
長野県 富士見台高原

2年前からこの景色を見たかった。
ようやく念願かないました。
でも、苦しかった。
横方向の平坦な道だと思っていました。
実際は、写真の左端方向にある上下、階段状のひたすら登る道から登ってきます。
息が切れました。
そのときは、思い違いだったとハアハア息を吐き、ヘトヘトでしたが
こうして今写真を見ると、行ってよかったという気になります。



山肌は一面クマザサにおおわれています。
昔は牛を放牧していたそうです。
山頂方向です。



休息していて気づいたことがあります。
手が届きそうなほど空が近い。
それから、音の無い、無音の世界でした。

途中、ロープウェイのゴンドラの中で別世界を味わいました。
紅葉に包まれて、極楽浄土にいるがごとしでした。











  

長野県伊那郡阿智村月川温泉 花桃まつり

2013年04月28日

Posted by 熊太郎 at 19:47Comments(0)TrackBack(0)長野県
長野県伊那郡阿智村月川温泉 花桃まつり

忙中閑あり(ぼうちゅうかんあり)
仕事の合間を縫って、花桃の群生を見学し、気晴らしをしました。









いいお天気でよかった。
あしたは、また仕事です。  

長野県阿智村富士見台高原

2011年10月24日

Posted by 熊太郎 at 06:18Comments(0)TrackBack(0)長野県
長野県阿智村(あち)富士見台高原

ひと月ほど前に来たとき、紅葉めあてに再訪を決めて、また来ました。
魅力的な別世界
白樺の樹皮は白く輝く。
























気温は9℃
このあと、ガスというか雲の中にいるような白い霧に包まれた。
雪が降りそうなくらい冷えてきて、片道90分の散策路を30分で引き返した。
そしてまた再訪問することにしました。今年は無理かもしれない。  

長野県阿智村信濃比叡

2011年10月23日

Posted by 熊太郎 at 03:38Comments(0)TrackBack(0)長野県
長野県阿智村(あち)信濃比叡

伝教大師(最澄)さまです。



山をながめておられます。
彼(か)の地に比叡山延暦寺があるのでしょう。



お供(とも)の者たちです。






これがわたくし。みなさん、ごきげんいかがですか。



こちらでは、谷間から吹き上がってくる風の音(ね)
湧き出(いずる)豊かな水の流れる音(ね)
山びこのごとく響き渡る鐘の音(ね)
鈴なりの柿の実と
別世界でござる。
都会での煩雑(はんざつ)な仕事を忘れてほっとひと息つきもうした。


  

長野県根羽村月瀬の大杉

2011年09月27日

Posted by 熊太郎 at 19:06Comments(0)TrackBack(0)長野県
長野県根羽村(ねば)月瀬の大杉

5月の連休のときに見学する予定でしたが愛知県方向から来て入口がわからず車で通り過ぎてしまいました。
今回は反対の長野県方向から進入を試みましたが、やはり通り過ぎてしまいました。
駐車スペースを利用してUターンし、ゆっくり戻って、ようやく緑色した橋を渡りました。
念願かなってとてもうれしい。樹木は巨大です。
杉の横が駐車スペースになっています。















樹齢1800年ですが、とてもお元気です。
もう1000年ぐらいはいけそうです。
力強い。元気をもらいました。
西暦200年頃芽が出たとして、その頃は、「邪馬台国(やまたいこく)」の時代です。
卑弥呼(ひみこ)の頃です。
その後、幾多もの歴史史実が積み重ねられていく。
幹の周りを何度も回りながら空想にふけりました。  

長野県阿智村(あちむら)ヘブンス園原

2011年09月26日

Posted by 熊太郎 at 18:56Comments(0)TrackBack(0)長野県
長野県阿智村(あちむら)ヘブンス園原

前日は、三重県御在所山ロープウェイに乗車していた。
今日は、長野県富士見台高原のロープウェイに乗車している。
気分は鳥さん
大空から見下ろす。
ちっぽけなお悩みは消えてゆく。



初めて来ました。
センニチコウのお花がきれいです。



雲の上にアルプスの頂(いただき)が見えます。
お空もきれい。手が届きそう。
ここの標高は1,602mです。



帰りに白いヘビがシンボルのお店でおそばをいただきました。
おいしかった。  

過去記事