2022年05月14日

長野県松本市内散策

長野県松本市内散策

 5月の連休明け火曜日です。
 松本城内は、樹木の若葉が生き生きと輝いていて、すがすがしい空気が広がる光景でした。
 暑くもなく寒くもなく、すごしやすい、観光日和に恵まれました。
 散策しているのは、わたしたちのような現役をリタイアした年配の夫婦、中高年女性同士の旅行者が多い。




 背景に雪をかぶった岩壁の山々が連なるのは、信州松本城らしい風景です。
 お城は黒の城で、雪山は白い峰が続いています。
 まだ17歳のときに九州からの修学旅行で立ち寄りました。天守閣にも登った記憶があります。黒部立山(くろべたてやま)アルペンルートが修学旅行のコースでした。
 今はもう、天守閣のてっぺんまで登るだけの体力も、柔軟性も、気力もありません。お城は離れたところからながめて「美しい」とため息をつくだけで満足できます。




 次の写真で、お城の正面の緑の部分は、名古屋城でいうところの本丸御殿の位置でしょう。
 名古屋城の本丸御殿は再建されてだいぶ月日が経ちました。
 名古屋城は建て替えで、木造化して、この先何百年も維持管理していくことで、価値を高めるのでしょう。




 松本城を出たあと、歩いていたら、かえるサムライに出会いました。
 顔がこわい。
 どろろーんと、忍術でも使いそうです。




 草間彌生さん(くさま・やよりさん)の作品です。
 草間彌生さんが、ここ松本市の出身だとは知りませんでした。
 おうちが松本駅の近くにあったそうです。
 作品の色合いは、先日テレビ番組『徹子の部屋』にゲストで出ていたジミー大西さんの絵に似ています。
 独創的でカラフルです。




 𠮟られるかもしれませんが、下の絵の犬だと思うのですが、うちの幼稚園の孫(年長)が描く絵に似ているねぇとかみさんと話しました。
 草間彌生さんの芸術作品は、旅番組でときおり目にします。東北の十和田市現代美術館とか、瀬戸内海に浮かぶ直島(なおしま)の展示とか。





 北杜夫さん(きたもりおさん)の文学作品に心酔したのは高校生の時でした。
 北杜夫さんが学んでいた旧制松本高校(のちの信州大学)の校舎が残されているので見学しました。
 北杜夫さんに関する展示を楽しみに行きましたが、あいにく、新聞記事が一枚あるだけでした。
 それでも満足です。
 『どくとるマンボウシリーズ』とか『楡家の人々(にれけのひとびと)』などを読んで楽しみました。
 精神科医でありながら、自分も躁うつ病の患者で、ご家族がたいへんご苦労されたということは、ずいぶんあとになってから知りました。
 『楡家の人々(にれけのひとびと)』は、ご実家の精神病院のことが下地になっている作品だったと思います。入院病棟もあって、詳しいことは覚えていませんが、ユーモア作品だった記憶です。










  

Posted by 熊太郎 at 07:19Comments(0)TrackBack(0)長野県

2022年05月13日

長野県善光寺参拝

長野県善光寺参拝

 JR特急しなの号に乗って、名古屋市内の駅から長野駅まで行き、夫婦で善光寺にお参りをしてきました。
 島崎藤村の小説作品『夜明け前』にあるとおり『木曽路はすべて山の中にある』で、列車の左右の車窓には、緑の樹木が延々と続きました。

 善光寺は、60年以上生きてきて、まだ訪れたことがない有名観光地のひとつです。
 半年ぐらい前に、人生の心残りにならないように行こうと決心して、ようやくお参りしてくることができました。
 コロナ禍で身動きができない不自由なここ数年です。
 7年に1回の仏さまの公開のことは最近知りました。(三体の金ぴかに輝く小さな仏さまでした。前立本尊(まえたちほんぞん。まんなかに「阿弥陀如来:あみだにょらい」右に「観音菩薩:かんのんぼさつ」左に「勢至菩薩:せいしぼさつ」です)
 到着した日はあいにくの雨でしたが、お昼過ぎおそくだったこともあって、回向柱(えこうばしら)という背の高い大きな木の柱には、すんなり触れることができました。
 長野駅前のホテルで泊まって、翌日は快晴のすがすがしい空気の中、善光寺を再訪問して、再度、回向柱(えこうばしら)にさわって、本殿の奥まで入って、秘宝の仏さまも見て、そのあと、建物の床下部分の暗いところを歩きました。
 若い頃の旅行は、限られた時間内にできるだけたくさんの観光地を巡るようにプランを立てて、忙しく移動していましたが、歳をとってきて、若い頃のように、体がびゅんびゅん動いてくれなくなりました。
 移動を減らして、できるだけ同じ場所でじっとする旅のしかたに切り替えました。自分が動くのではなく、まわりが動く光景を見て楽しむことにしました。

 下の写真は、仁王門です(におうもん)。門の左右に怖そうで巨大な鬼のような形相をした木像が参拝に訪れる人たちをにらみつけています。




 次の写真は、山門(さんもん)です。かなり巨大です。二階にバルコニーのような部分があって、人が登って、眼下(がんか)を見渡すことができます。道は上り坂なので、長野市内の風景を見渡すことができるのでしょう。わたしは、上る(のぼる)のがなんぎ(体力的に苦しい。けがをしそう)なので上りませんでした。




 本堂(ほんどう)です。小雨がぱらぱら降っていました。翌日の朝は、快晴でした。




 本堂もかなり大きい。
 行く前は、愛知県豊川市にある『豊川稲荷』と似た建物だろうと想像していましたが、雰囲気は異なる建物でした。どちらがどうということもありませんが、どちらも立派な建物です。




 回向柱(えこうばしら)に、片手の手のひらを広げて当てながら『健康長寿、無病息災、家内安全。幸運でありますように』と祈願(きがん)しました。(今よりもっと歳(とし)をとったら「極楽往生(ごくらくおうじょう)」を祈ることでしょう)

 お寺の参道に、アニメ『すみっコぐらし』のキャラクター商品を売っているお店がありました。
 親戚のちびっこの女の子に『すみっコぐらし』のファンがいるので、20センチ四方(しほう)のハンカチを3枚買って、専用の手提げ紙袋もいただきました。
 このハンカチと『ねーねー』4・5月号(主婦と生活社)それから、くだもののバナナをもっていけば、ちびっこ女子は、きっと喜んでくれると思います。

 さらにお寺の参道を歩いていたら、奈良のマスコットキャラクターのせんとくんみたいな仏さまがおられたのでびっくりしました。気持ちがなごみます。
 タヌキは朝の散歩道でときどき見かけるので身近に感じます。平成ぽんぽこだぬきの邦画を思い出します。




 宿泊したホテルの温泉は気持ちよく、夕食で食べた近くの店の焼き肉もおいしかった。
 長野市の人口は37万人ぐらいですから、人口が何百万人もいる都会と比較すると少ない人口です。
 長野駅前のホテルに宿泊しましたが、新幹線も停まる(とまる)県庁所在地の駅なのに、夜は静かで意外でした。
 歴史の長い門前町(もんぜんまち。お寺さんで開けたまち)という印象が残りました。(このあと訪れた松本市は、人口はさらに少ない23万7000人ぐらいですが、芸術と文化の町でした。長野市よりも都会的な雰囲気がありました)

 善光寺の近くに小学校があるらしく、下校中の小学生たちが参道を横切っていきます。
 参道が小学校通学路の一部であることに風情を感じました。
 参道を歩いていると邦画「男はつらいよ」のフーテンの寅さん(渥美清)さんの呼び込みの声が聞こえてきそうでした。

 到着した翌日の朝早くに、パスターミナルでバス会社の若い女性スタッフさんたちが観光案内をしてくださったので助かりました。
 『城山公園』は、「しろやまこうえん」と読むのではなく「じょうやまこうえん」と読むことを知りました。びっくりしました。全国各地にある漢字の地名だと思うのですが、「じょうやまこうえん」と読むのは初めて聞きました。

 善光寺での二回目の参拝をすませたあと、松本城を見学しようとJR特急しなの号で松本駅へ向かいました。
 車窓から見える雪をかぶったアルプスの山々の風景がきれいでした。
 都会の街中ではなかなか見ることができない景色です。




 このあと訪れた松本市内で、偶然、ドラマ「相棒」の水谷豊さんと女優の檀れいさんをお見かけしました。ラッキーでした。水谷豊さんは「相棒」の杉下右京と同じ雰囲気のしゃべりかたで、高価な上着と靴とメガネをかけてかっこよく、檀れいさんは、小顔の美しい女性でした。おふたりが、キラキラと輝いて見えました。映画のトークショーみたいなことをされていました。
 愛知県への帰路の電車の中で、善光寺でお参りをしたかいがあったと、うれしい気持ちにひたりました。

(その数日後)
 街中で偶然、その日の夕方に久しぶりに電話をしてみようと思っていた友人に出会いました。
 コロナ禍で、入退院手術を繰り返していた彼なので、1年近く会えておらず、たまに電話で話すだけでした。
 大手銀行の10台ぐらいある大きくて広いATMコーナーの行列に並んでいたら、行列のうしろのほうから大きな声でわたしの名前を呼ぶ彼がいたのでびっくりしました。
 これもまた善光寺さんにお参りしたおかげでしょう。善光寺の仏さまの、人と人をつなぐ運の強さには恐れ入りました。善光寺の仏さまには、良縁をつなぐパワーがあられます。  

Posted by 熊太郎 at 07:14Comments(0)TrackBack(0)長野県

2018年04月11日

長野県飯田市元善光寺花桃

長野県飯田市元善光寺花桃

とてもきれいでした。






  

Posted by 熊太郎 at 18:05Comments(0)TrackBack(0)長野県

2013年11月10日

長野県 富士見台高原

長野県 富士見台高原

2年前からこの景色を見たかった。
ようやく念願かないました。
でも、苦しかった。
横方向の平坦な道だと思っていました。
実際は、写真の左端方向にある上下、階段状のひたすら登る道から登ってきます。
息が切れました。
そのときは、思い違いだったとハアハア息を吐き、ヘトヘトでしたが
こうして今写真を見ると、行ってよかったという気になります。



山肌は一面クマザサにおおわれています。
昔は牛を放牧していたそうです。
山頂方向です。



休息していて気づいたことがあります。
手が届きそうなほど空が近い。
それから、音の無い、無音の世界でした。

途中、ロープウェイのゴンドラの中で別世界を味わいました。
紅葉に包まれて、極楽浄土にいるがごとしでした。











  

Posted by 熊太郎 at 13:46Comments(0)TrackBack(0)長野県

2013年04月28日

長野県伊那郡阿智村月川温泉 花桃まつり

長野県伊那郡阿智村月川温泉 花桃まつり

忙中閑あり(ぼうちゅうかんあり)
仕事の合間を縫って、花桃の群生を見学し、気晴らしをしました。









いいお天気でよかった。
あしたは、また仕事です。  

Posted by 熊太郎 at 19:47Comments(0)TrackBack(0)長野県

2011年10月24日

長野県阿智村富士見台高原

長野県阿智村(あち)富士見台高原

ひと月ほど前に来たとき、紅葉めあてに再訪を決めて、また来ました。
魅力的な別世界
白樺の樹皮は白く輝く。
























気温は9℃
このあと、ガスというか雲の中にいるような白い霧に包まれた。
雪が降りそうなくらい冷えてきて、片道90分の散策路を30分で引き返した。
そしてまた再訪問することにしました。今年は無理かもしれない。  

Posted by 熊太郎 at 06:18Comments(0)TrackBack(0)長野県