2014年03月06日

東京 東京タワー

東京 東京タワー

間近で見るのは初めてです。



リリー・フランキーの名作「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の冒頭シーンを思い出しました。東京タワーをコマの軸にみたてて、東京が、さらには、日本が、「グルグルグルグル…」と回り続けるのです。記述に圧倒されました。



展望台から、スカイツリーが見えました。
新旧交代です。
東京タワー内の展示は「過去」でした。



展望台のベンチに腰かけながら街並みをながめました。
ずいぶん前に訪れたオーストラリア・シドニーの街並みに似ていると思いました。
写真の中心に国会議事堂の屋根が見えます。
次は、ルックダウンウィンドウです。
ちいさなこどもさんはガラス面にのってジャンプしていましたが、近づくのもおそろしい。



そのうち、ガラス面の上にカメラをおいて、シャッターを押せばよいことに気づきました。



東京タワーを下から見上げた画像です。
ひなたぼっこをしながらまったりできました。



初めて東京タワーを近くで見た感想です。
もっとアナログ(手づくり)なものと思っていました。(古くてレトロな感じ)
きれいにお化粧されていて美しい存在でした。
そのほか思ったことです。
展望台から見下ろすと、意外に道路を走っている車が少ない。
25年ぐらい前に東京に来たときは、どこの道も渋滞していました。
展望台からずいぶん前にのぼった六本木の森ビルを探しました。
最初はわからなくて、そのうち、正面にある巨大な青く輝くビルであることに気づきました。
近いということとその大きさに驚かされました。
あいにく写真は撮り忘れました。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t97840
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい