2014年02月04日

箱入り息子の恋 映画 DVD

箱入り息子の恋 映画 DVD

 秀作です。
 市役所歴13年のヒラ職員天雫健太郎(あましずくけんたろう)は、職場と家の往復、昼食は自宅でとる。趣味はテレビゲーム、ペットはカエル、酒もタバコもやらないといういい意味では真面目、そうでない意味では、面白みのない35歳男性です。恋人いない歴35年です。
 ひとり息子が結婚しないと天雫家の家系が途絶えてしまう。あせった両親が双方、両親だけの婚活に走ります。
 さだまさしさんの名曲「雨宿り」を思わせるふたりの出会いです。ただし、女性の今井菜穂子さんは視覚障害者でした。さらに、菜穂子さんの父親、会社社長は、ふたりの交際を認めてくれません。上昇志向のない無気力とも思える健太郎を娘の伴侶としての資格なしと断定します。ロミオとジュリエットのようでもあります。
 いいセリフがいくつかありました。健太郎「(自分に)障害はないけれど、欠点は山ほどある」、菜穂子「好きですを言葉にしてくれてウレシイ」。だれのセリフか忘れましたが「ぶざまでいいじゃん」
 手の平で真水をすくうような映画です。無音のシーンで主人公たちの気持ちが伝わってくる。ピアノ曲シューマンのトロイメライは、広島県尾道を舞台にした大林宣彦監督作品群を思い出させる。
「雨」の演出がいい。天からの雫だから天雫(あましずく)という主人公の苗字です。ペットはカエルなのです。伏線が充実していました。弦楽器の響きもよかった。誠実な音楽です。
 健太郎が自己否定をして、部屋の中で家庭内暴力のように暴れるシーンがよかった。彼は、自分の殻を自ら破った。ひきこもりの解消です。人を愛するということは、人を信じること。夫婦とはふたりでつくるもの。だれにでも生きる権利がある。いろいろなことを考えた映画でした。
 蛇足ですが、芸術ホールで八代亜紀さんの歌謡コンサートを聴いたあと、牛丼の吉野家で食事をしてから帰宅した夜に、このDVDを観ました。劇中、吉野家のシーンが長時間登場していて楽しかった。安くて、早くて、うまいのです。満足しました。

(その後1週間が経って)
 特典DVDを観ました。ほのぼのしていました。女優さんは男性的です。しっかりしています。
 映画のロケの大変さが伝わってきました。
 出演者はじめ従事する人たちの熱意も感じました。
 今後もこのような誠意ある日本映画の登場を期待します。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t97202
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい