2013年11月29日

あせるのはやめました。 森下えみこ

あせるのはやめました。 森下えみこ メディアファクトリー

 自己紹介マンガです。30代なかば、独身、ショッピングセンターで働いている。家賃5万5000円の1DKに住んでいる。男っ気なし。
 あせるというは、結婚に対する気持ちです。山も谷もない内容です。珍しい本です。年をとっていく経過が淡々と記されています。
 読んで、いやされる人もいるのでしょうが、感想らしい感想を書けません。ここまでひとり暮らしが定着してしまうと、気を使う他者との共同生活はむずかしい。通常はこの生活から病気になったり、親の介護で苦労したりすることになるのですが、その気配はまだありません。色々な生活の過ごし方があると感じました。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t95765
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい