2013年10月20日

極道の妻たち情炎 DVD

極道の妻たち(ごくどうのおんなたち) 情炎 映画 DVD

 有名な映画ですが、観たことがなかったので観ました。シリーズになっていることは、初めて知りました。岩下志麻さん、十朱幸代さん、三田佳子さん、そして今回観た作品では、高島礼子さんです。
 原作者家田荘子さんのエッセイは読んだことがあります。覚えているのは、小説の取材には何百万円もかかる。作家は割に合わない職業という部分だけです。
 内容は、復讐劇で、後半は血まみれです。実生活とはかけ離れています。見方は、製作手法とか、芝居のうまさに絞られます。セリフにリズムがあります。おそらくロケ地は広島で、実際に見たことがある川沿いの風景が目に浮かびます。いつ頃の時代設定だろう。昭和40年代を推測します。
 映画のシリーズとビデオのシリーズがあることを知りました。1990年代から20年間ぐらいは、生活に追われて忙しい日々の連続でした。からっぽの箱に過去を現在に代えて埋めていく作業をしています。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t94564
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい