2013年10月01日

転々 映画 DVD

転々 映画 DVD

 奇妙な筋書きですが、とても楽しめました。「転々」とは、東京都内を転々と散歩することを指します。散歩するのは、三浦友和さんとオダギリジョーさんです。福原愛一郎を演じる三浦さんは、夫婦喧嘩の最中にカッときて、どうも奥さんを殺してしまったらしい。自首するために自宅賃貸マンションから霞ヶ関にある警視庁方向へ歩き出します。途中で拾った大学8年生のオダギリジョーさんが、道連れです。オダギリさんは、天涯孤独、感情をもたない人格設定で、涙を流すことがありません。
 道中、ふたりは、休憩したり、宿泊したりします。福原さんは、妻を愛していました。妻との思い出がある場所を再訪します。家族のぬくもりを感じる映画です。小泉今日子さんをはじめとした俳優陣がふたりの男性の周りを固めてくれます。庶民の暮らしぶりがリアルに再現されています。B級グルメであったり、古い商店街でのコミュニケーションであったりします。いい意味で力の抜けた佳作で、擬似家族のようすは、ほんわかとあたたかい。いいこともわるいことも夢の中です。ローカルな風景描写と狭い道、撮影場所がわかると楽しみは倍増するでしょう。
 三浦さんが出頭する前日、カレーライスを食べながら、オダギリさんが、涙をぼろぼろ流します。泣かない人が泣く人に変わります。オダギリさんは、人の気持ちがわかるようになりました。
 「道草」を推奨する映画です。目的を目指して一直線で行けばすぐ着いてしまう。だけど人間はそうしない。回り道をするのです。三浦さんの奥さんの職場の同僚たちは、奥さんが出勤しないことを心配して家庭訪問しようとしますが、いつも方向を違えてしまいます。「道草」の中にささやかなしあわせがあります。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t94128
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい