2013年09月29日

虹をつかむ男 映画 DVD

虹をつかむ男 映画 DVD

 故渥美清さんを讃える映画であり、映画製作に携わっている人、上映に関わっている全国映画館主を励まし慰める映画でもあります。
 映画の中で、映画が上映されます。見たことがある作品がいくつも登場しました。堅苦しい文芸作もあれば、楽しい娯楽作品もあります。西田敏行演じるかっちゃんは、映画バカです。そのそぶりや言い回しは、フテーンの寅さんこと渥美清さんの演技と重なります。
 96年、平成8年、年末に公開された映画です。バブル経済崩壊後の暗い時代をひきずり、就職難のなか、就職試験に失敗した青年が、親とけんかして家を出て、旅に出て、四国にあるオリオン座ではなく、オデオン座で映写技師助手として働き始めます。
 田中裕子さんがかわいらしい。かっちゃんの恋心は、はかなく消えてしまうわけですが、なぜ、かっちゃんは田中裕子にアピールできないのか。理由は、生活力が無いからに尽きます。このほか、庶民の泣き笑いに聴衆はほろりとさせられます。情に厚い。そういう出来事が減りました。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t94075
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい