2013年09月18日

オレたちバブル入行組 池井戸潤

オレたちバブル入行組 池井戸潤 文春文庫

 大ヒット中のテレビドラマの原作です。
 手にとって、読み始めて、しばらくたって、流し読みに入りました。ストーリーの展開は、テレビドラマで観て、すでに知っています。原作に忠実な流れでした。ドラマで観たシーンをなぞるようで、読む興味が薄れました。
 組織の話があって、人の話があります。対立と支援者がいます。テレビドラマにあって、小説にないものとして、「倍返し」の決めゼリフ、上戸彩さんの良妻賢母、壇蜜さんのお色気です。テレビドラマは、こうしてつくられるという脚色の効果を見た思いがしました。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t93806
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい