2013年09月16日

ホノカアボーイ 映画 DVD

ホノカアボーイ 映画 DVD

 ハワイ島にある日系人の街「ホノカ」で、失恋した大学生男子が、大学を1年間休学して、ゆったりした気持ちで過ごすという内容で、原作者の体験がもとになっています。生活ぶりは50年ぐらい前の日本の田舎暮らしのようです。
 出てくる人たちは、それぞれ個性的で、軽い笑いに誘われます。
登場する車がいい。赤いオープンカーに始まって、緑の運搬兼レジャーカー、スーパーカーみたいな白いスポーティな車が魅力的でした。
 始まりは、蒼井優さん、終わりは、深津絵里さんで締めてあります。
 お料理は視覚的にとてもいい。
 ホノカは、夢の街です。建物があっても人の気配がないゴーストタウンのような風景から始まることから、「死後の人たちが憩う街」という空想もできます。「忙しい」シーンはひとつもありません。時間の流れが止まっています。ある人は、ぼんやり窓の外を眺め続け、またある人は、眠り続け、別の人は、料理に専念している。
 三角関係からくる女子の嫉妬がありますが、女性にはよく気持ちが伝わるのでしょう。
 手づくり感たっぷりのアロハで始まりアロハで終わる心がいやされる映画でした。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t93778
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい