2013年07月27日

(再読)まるまるまるのほん たにがわしゅんたろう訳

(再読)まるまるまるのほん エルヴェ・テュレ たにがわしゅんたろう訳

 冒頭は、「これは、よむほんではありません」から始まります。
 「まるっきりあたらしいあそびのほんです」で締まります。
 知恵の泉を湧かせることがポイントのひとつです。
 本のようで本ではない。本の形をした実験器具です。
 数学的でもあります。足し算、掛け算があります。
 物理っぽい。
 空間移動の映像は動画です。
 創造力を広げ、かつ伸ばします。
 遊びながらストレス解消です。
 美的感覚を導き出す芸術作品です。
 明暗は心理状態(心理学)を表わします。
 まるをクリック、クリック、クリック
 変化はとまりません。
 回転が始まりました。
 ジェット気流にのりました。
 宇宙までいっちゃえ!
 地球へ帰還するために
 大気圏へ突入
 作者のフランス人気質がよくあらわれた秀作絵本でした。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t92636
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい