2013年06月29日

踊る大捜査線 THE FINAL DVD

踊る大捜査線 THE FINAL 映画 DVD

 リズムというより、ビート(叩く、たたく)のきいたミュージック、そして流れるメロディー。人情味あふれた芝居がかったドラマ仕立て、上層部の組織保護のための不祥事にぎりつぶしと下っ端(所轄)の反抗、ときおり出てくるゆるい時間帯、ついでに映画の舞台裏紹介、映画仕立ての特徴です。
 内容は重い。えん罪(無実の人に罪をきせる)ぽいものもある。総括するとこぢんまりとしたドラマです。夕日が沈むような映像を思い浮かべながら映画を見終わりました。みなさん年齢を重ねました。
 チームという固まりがある。イコール、一家です。血縁関係はないけれど「家族」です。日本的です。庶民感覚の映画です。大半の人たちは青島刑事を応援したくなります。なぜなら日本国民の大半は庶民だからです。「自己判断で動いてください。責任は私がとります」室井さんの言葉は尊い(とうとい)。
 セリフ回しは古いけれど、仕立ては定型だけれど、観客の期待に応(こた)えています。安心があります。「使命感」がいい。「ただ、なんとなく生きている」の対角にある言葉です。
 また観ます。感想が変化するかもしれません。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t91848
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい