2013年05月17日

鍵泥棒のメソッド 映画 DVD

鍵泥棒のメソッド 映画 DVD

 コミカルあんどサスペンス、そしてラブです。
 殺し屋が香川さん、売れない役者が堺さん、そして、相手がいないけれど早急に結婚しなくちゃいけないのが広末さんです。
 最後付近の堺さんは素(す)が出ていました。ふだんの演技とは別人です。香川さんは、銭湯でせっけん踏んづけちゃって頭を打って記憶喪失で、殺し屋から売れない役者堺さんになりかわります。映画全体が詐欺とかだましで成立しています。
 香川さんの真面目な個性設定がいい。香川さんと堺さんのふたりが、役者として演技に取り組くんだ映画です。香川さんは、どうにもならない人間である堺さんを育成していく努力を発揮します。
 広末さんの亡父中尾さんのビデオレターのような死後のあいさつ映像を楽しみました。父親として共感しました。
 映画のメッセージは、「人生のやり直し」です。非日常的な設定に日常をからめていきます。夜、寝ているときにみる「夢」です。
 なぜ、鍵泥棒なのか、ずっと思いを巡らせていました。銭湯のロッカーの鍵を盗んだから、鍵泥棒なのです。メソッドは英語で「手順」とか「手法」だったと思います。楽しめる映画でした。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t90679
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい