2013年03月21日

定年からの旅行術 講談社現代新書

定年からの旅行術 講談社現代新書

 旅行の仕方について、いろいろな人たちの旅行術を集大成した内容です。
 たとえば、制覇する。江戸時代の旧街道を制覇する、四国四十八箇所を制覇する。同類のこととして、城を制覇する。山を制覇する。それは、仕事の延長です。勤務していた頃同様に、ノルマを決めて目標を達成する。仕事人間だった人たちの旅行の仕方です。仕事の代替が旅になっています。それで気持ちが充足するのなら否定はしません。
 思い出の場所を訪ねるときにはひとりで旅してほしい。連れの人間に本人の気持ちはわかりません。思い出はご自身だけのものです。夫婦や親子でも無理に誘わないでほしい。
 定年からというよりも高齢者の旅となっています。手ごろな場所から、自分で考える、記録を残してふりかえって楽しむ。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t89106
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい