2013年03月02日

しがみつかない生き方 香山リカ

しがみつかない生き方 香山リカ 幻冬舎新書

 読み終えたときに、自分には合わない本の内容だと読後感をもちました。読んでいるとなんだか元気がなくなってゆくのです。この本のとおりにすれば安楽な生活を送ることができます。ただそれでは、刺激がなさすぎるのです。記憶に刻み込まれる喜怒哀楽のある生活を送りたい。
 精神科医である作者の患者さんの訴えを読んでいると、それらが病状ではなく、愚痴に聞こえます。病気ではないのではないか。性格ではなかろうか。
 ひとり暮らしだからひとりで落ち込む。同居の家族がいれば、愚痴を聞いてくれるでしょう。帰宅すれば、食事の支度もしてあるでしょう。話し相手がいないから携帯電話のメールに振り回される。ひとりでいることは、「自由」です。「自由」と「孤独」は同じ世界にあります。
 老いに関する記述では、「老い」に良いも悪いもない。「最高」も「最悪」もない。そのとおりだと納得しました。以前、広島県尾道市を訪れたとき、ロープウェイの中でおとしよりの女性が、「歳をとっていちばんつらいことは、ひとりになることです」とおっしゃっておられたことを思い出しました。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t88123
この記事へのトラックバック
尾道市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
ケノーベルからリンクのご案内(2013/03/03 08:57)【ケノーベル エージェント】at 2013年03月03日 08:51
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい