2012年10月08日

永遠に美しく 映画

永遠に美しく(とわにうつくしく) 映画 ケーブルTV録画

 92年のアメリカ映画です。メリルストリープ、ブルースウィルス、ゴールディフォーンの3人劇です。
 友人メリルストリープにフィアンセ(婚約者)ブルースウィルスを横取りされたゴーディフォーンがメリルに仕返しをするところから始まります。復讐されるメリルも負けてはいません。
 日本語タイトルは永遠に美しくですが、原題は”DEATH BECOMES HER”で、「死なない」ことを「不幸」としてとらえています。映画の内容は明るい。コメディのようなホラーのような仕上がりで、女性向けです。
 最初は「肥満」から始まります。次に若返りの秘薬が登場し、美の追求とか、恋愛とか、下ネタもたくさんからめながら、7年が過ぎ、さらに7年が過ぎ、そして10年が過ぎ、それから37年が経過するのです。若返りのクスリを飲むと30才ぐらい皮膚が若返ります。見ていて、最期は赤ちゃんになるのではないかと予想しましたが予想ははずれました。両手の甲を並べて、今の甲(右手)とクスリをつけた甲(左手)とを比較する画像は効果満点でした。
 ブルースウィルスの発言「(永遠の生命は夢がかなったのではなく)悪夢だ。」が心に残りました。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t84340
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい