2012年08月09日

英語のリスニングは発音力で決まる 鵜田豊


英語のリスニングは発音力で決まる ジャパンタイムズ 鵜田豊

発音記号に基づいた発音の術(すべ)がCDとともに展開されています。
英語の発音を、日本語で表記することはできない。
英語の音は、自然界の音と感じました。
風の音、火山が爆発する音、洞窟の響き、それらを口腔全体とお腹の筋肉を使って強く弱く、高く低く、海の波が打ち寄せるごとく排出してゆく。
自分なりに判断したのは、日本語は漢字、ひらがな、カタカナと多種多様の表記で事象を表すことができるから平坦な話し方で意味が通じる。
しかし、英語はアルファベットのみで伝達しなければならないから、そこに目には見えないリズム、アクセントが必要になるということです。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t81696
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい