2012年08月05日

だれかのいとしいひと 角田光代


だれかのいとしいひと 角田光代 文春文庫

 旅先の京都駅構内で購入して少しずつ読みました。タイトルをテーマーとして、8つのショートストーリーが展開されています。
 若い女性の淋しさが、ひしひしと伝わってきます。友達の恋人と寝たら誰とでも寝る女と評判がたったとか、恋愛から遠ざかるために規則正しい生活を送るとか。私は「誕生日休暇」が心に残りました。
 前半にある登場人物が男性なのか女性なのかわからない中性化、幼児なのか若者なのかわからない年齢不詳、色彩を文章で表すなどは、私はちょっとついていけませんでした。後半の話になるにつれて、内容を理解できるようになりました。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t81582
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい