2012年06月26日

まるまるまるのほん エルヴェ・テュレさく 谷川俊太郎訳

まるまるまるのほん エルヴェ・テュレさく 谷川俊太郎訳 ポプラ社

 お勧めの絵本です。発想が豊かです。感嘆しました。作者は巻頭で「びっくりさせます」とメッセージをおくっています。びっくりしました。
 最初のまるはビー玉に見えます。次に青・黄・赤の信号機を思い浮かべます。1→2→3の順列数値を考え、黄色→赤色の変化があります。パソコンマウスの「クリック」がからんできます。点は線になりやがて図形が形成されます。本をゆすると意外な展開が広がります。物語が発生します。すごい!おもしろい!本を揺するこどもたちは大喜びでしょう。「無限」の世界を体感できます。しゃぼん玉も出てきました。いやこれはいい絵本だ!


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t80419
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい