2012年06月11日

足尾線の詩 写真集 斎藤利江

足尾線の詩(あしおせんのうた)写真集 斎藤利江 あかぎ出版

 写真のなかのこどもたちは、笑っています。昭和30年代のこどもたちです。今は中高年になった人たちの、なつかしいこども時代の姿がそこにあります。また、著者は写真家になりたかったが、父親が反対して、カメラもネガも取り上げた。長い時間が流れ、著者が60歳になったとき、捨てられたと思っていたネガが発見され、今回の写真集になったという製作のきっかけ話には感動しました。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t79871
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい