2012年06月10日

東京R不動産 real tokyo estate アスペクト


東京R不動産 real tokyo estate アスペクト

 インターネットによる不動産紹介ホームページの書籍化です。特徴は、あまり顧客に勧めない物件を集約してあることです。標準化された物件ではなく、個性的な物件です。本を読み込んでいくと、不動産あっせんというよりも「芸術」とか「文化」の紹介であったりもします。
 どちらかといえば、家族で住むのではなく、孤独な人向け、あるいは若い人、若い人たちのグループ向けという特定少数のための居場所です。自分で室内を手作りしていい物件もあり、自分好みに仕上げて、愛着をもって居住することを楽しむようです。
 最初は、家賃の高さと住居の狭さにびっくりしました。東京の住宅事情は地方とはかけ離れています。地方であれば一戸建てが買える家賃です。東京では「文化」を買うのでしょう。手塚治虫氏が住んでいた部屋が紹介されています。家主さんのインタビュー記事では、以前読んだ「ゲゲゲの娘、レレレの娘、らららの娘」漫画家の娘さんたちによる対談集を思い出しました。家主さんや娘さんたちが言っていたとおり、手塚氏は部屋で寝ずにマンガを描く人でした。
 紹介記事はほめ言葉ばかりです。デメリットについては語られていません。老朽化による不便さとか、緑が多ければ、虫がくるとか、狭ければ荷物が入らないとかあるのでしょうが、借りたい人は、それでもいいと思うのでしょう。文章よりも写真の比重が大きい。本気で借りるあるいは購入する人は、実物をちゃんと見てからのほうがいい。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t79813
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい