2012年06月10日

日本人なら知っておきたい日本文学 蛇蔵&海野凪子


日本人なら知っておきたい日本文学 蛇蔵&海野凪子(なぎこ) 幻冬舎

 むずかしいです。古典の下地がないと理解できません。読んだことがあるのは、「源氏物語」の一部と徒然草(つれづれぐさ)、枕草子、今昔物語、古事記、方丈記ですが、この漫画は概要版ゆえか深みまでは感ずることができません。
 面白いのは合間にある四コマ漫画です。留学生がらみの記事は笑えます。
今も昔も人間の性質は変わらないし、親族間の内輪もめも同様です。
 読めないあるいは読みにくい漢字もあります。文章の言い回しは英語よりもむずかしい。同じ日本人なのに、平安時代の言葉はわかりません。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t79777
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい