2012年05月30日

おばけでんしゃ 内田麟太郎


おばけでんしゃ 文 内田麟太郎(りんたろう) 絵 西村繁雄 童心社

 絵本です。おばけでんしゃは、いもむしのようです。こどもたちはおばけが大好きです。おばけたちをいっぱい乗せたおばけでんしゃは,ようかい駅を出発しました。
 おぞましい絵なのに楽しくなるのはなぜだろう。それは、パパやママやきょうだいたちと一緒にいるからです。みんななかよしの家族だからです。こどもの夢って、将来何になるとか、何かを買ってもらうとか、宇宙に行くとかいろいろあるけれど、一番の夢は家族みんなが、仲良しであってほしいことです。
 ページをめくるたびに、スポーツ、ダンス、遊び、そして、昼と夜、夏と冬、観光名所巡りがあり、ユーモアに満ちています。親しみやすい画調で、音楽すら聞こえてきます。
 凄み(すごみ)のあるラストでした。この絵本はいい。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t79388
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい