2012年04月29日

欲望という名の電車

欲望という名の電車 映画 DVD

 富豪の娘だったブランチは没落して妹夫婦の家へころがりこみます。妹に会うなり、こんなボロ家に住んでいるのかとか、あんたはデブになったとか、ひどいことを平気で口にします。妹はとうの昔に金持ち暮らしと決別して庶民の生活を送っています。妹の旦那はクレイジーで、映画の前半は彼の乱暴さにほんろうされます。妹の夫スタンレーはふたりの姉妹に殺されるのではなかという筋立てが思い浮かびました。ドメスティックバイオレンスへの対抗です。ところが、映画の後半は、姉ブランチの嘘つきぶりが暴露されていきます。「富」から「貧」へ転落する中で、姉は発狂していきます。アルコール依存、ニコチン中毒です。金銭的なものに加えて、加齢による美顔の衰退化がとりざたされます。女の魅力が低下してゆくのです。冒頭で登場するブランチは、若いのか歳をとっているのかわかりません。オールド・ミスというひとことでくくられています。彼女のひとり芝居の根底には庶民をさげすむ身分差別があります。哀れです。太宰治作品にもこのような思考がありました。お金持ちの経験をした人が貧困に転落すると「死」を選択するしかないという運命(さだめ)を表現したものでした。
 愛しあう妹夫婦の家にホームレスとなった妻の姉が住み始める。あかちゃんができて幸せだった夫婦仲は壊されます。グループに異質な人物が入ると調和が壊れるむずかしさがあります。最終的に夫婦は姉を排除する選択をしますが、妹は深く後悔します。上の階に住む女性は「元気をだして生きなきゃだめよ」と妹を励まします。情に流されれば自分や家族も共倒れになる。貧富と病気をとりあげながら、この世の無情を描いた映画でした。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t78275
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい