2012年04月22日

ギフト 日明恩(たちもりめぐみ)

ギフト 日明恩(たちもりめぐみ) 双葉文庫

 クリスマス・ギフトです。届けられるのは「思い出」と「真実」です。
 「氷室の館(ひむろのやかた)」では、庭の池で溺死した江島美沙7才が登場します。彼女の宝箱が見つからない。虐待を扱った作品です。「復讐」という文字が浮かび上がります。
 「サッド・バケイション・エンド」では、未解決のまま終わった「3億円事件」を思い出しました。犯人は警官のこどもと推測された映画を観たことがあります。
 全体的に人間心理にある明暗の暗の部分に光を当てた作品群です。事例は遠い過去のことです。菅原の役目は、浮かばれない霊たちをなぐさめて成仏させてあげることです。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t78057
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい