2012年03月15日

青い山脈 映画

青い山脈 映画 DVD

 吉永小百合さんはおてんばです。美しい。後に(のちに)多岐川裕美さんとか古手川裕子さんが続く路線です。物語は石坂洋次郎作で、何度も映画化されています。みなさんハキハキしています。夏目漱石「坊ちゃん」を思い浮かべるのですが、劇中有名なラブレター「変しい変しい(恋しいの誤記)」シーンが登場します。俳優さんたちはだれもかれもが若くてなつかしい。もう亡くなっている方も多い。男女の恋愛と性が話の中心です。年をとるとどうでもいいとか、なんとでもしてくれ、どこからでも受けてたつ、というテーマです。青春群像を描くから「青い山脈」なのでしょう。
 さわやかでユーモラスである一方けっこう重い内容です。先人が残してくれたものに感謝します。小百合さんが原付バイクに乗ったのは思いがけない行為でした。楽しみました。「好きだー」と叫ぶことは大切です。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t76802
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい