2012年03月03日

陰日向に咲く 映画

陰日向に咲く 映画 ケーブルTV録画

 ひとりの人間には、陰と日向(ひなた)があります。だれかの陰にだれかの日向(ひなた)が重なって、複数の人が連鎖でつながっていることを描いた映画であり物語です。小説は読みました。このタイプの物語展開はほかになく新鮮で、読んだときは作者の才能に感服しました。
 対立する親子の再生であり、好きな異性を一途に愛する物語でもあります。伏線は缶詰の桃缶と、浅草にある浅草寺のお守りです。
 この世に生まれた人間の大部分は大富豪になることもなく人生を終える。事件や事故に巻き込まれるし病気にもなる。物事はいつも最悪の方向へと流れていく。どうやってくい止めたらいいのか。くい止めることはできない。人生は何が起こるかではなく、何が起こっても対処できる心構えと適応能力を身につけてゆく努力を怠らないようにする。一度捨てたものをまた拾いなおす。やりなおす。夢は破れるけれど、夢をあきらめたときに夢はかなう。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t76370
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい