2011年01月24日

甘い人生 DVD

甘い人生 DVD

 韓国映画はほとんど知りません。2005年製作作品となっています。5年経つのは早いものです。これから少しずつ時代をとり戻していこう。
 昭和30年代の日本映画を見ているようです。やくざ、暴力、抗争、煙草、女、裏切り、復讐、プライドなどが要素です。
 携帯電話シーンの多用は、携帯電話のCMなのでしょう。残虐な部分があるかと思えば、コメディタッチもあります。西部劇のようなドンパチも多い。音楽は弱い。もっと明瞭な主旨の音楽がほしい。
 主役個人の魅力を引き出す映画なのでしょう。主役とやくざの親分の愛人との間にあるらしき恋愛感情は伝わってきませんでした。
 頭を下げない。ブルース・リーのような格闘技、表面的な全体像をいえば、大量殺人事件です。暴力は娯楽なのかと疑問が残りました。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t62349
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい