2009年02月21日

京都修学院離宮見学

京都修学院離宮見学

 昨年11月に予約がとれていた修学院離宮を見学してきました。昔の皇族の別荘です。350年ぐらい前に造営されたそうです。池に船を浮かべてお月見をしていたそうです。

















見学グループは20人ぐらいで、わたしたちのような中高年の夫婦ばかりです。
中国人とみられる数組のアジア人ご夫婦も何組かおられました。









見学日の前日に京都国立博物館で特別展覧会「京都御所ゆかりの至宝-蘇る宮廷文化の美」を見学しました。展示品として修学院離宮にまつわる襖絵や品物が展示されていました。この日は現地で襖絵を見ることができました。





京都駅前からバスに乗車して「修学院離宮道」停で下車すべきところを勘違いして、ひとつ手前の「修学院道」で下車してしまい、その後間違いに気づくまでに時間を要したためたいへんあせりました。通りがかりの人に道を教えてもらい早足で歩いたり駆けたりして、なんとか集合時刻前に到着することができました。昨年11月に予約して、それから鉄道やホテルも予約して、少しずつ積み上げてきたものが最後にひっくりかえると大変なショックを受けることになるので必死でした。見学できてよかったです。

































鹿とかイノシシが出て被害があるそうです。なかでも猿は、池で水浴びをして、茶室でくつろぐそうで笑ってしまいました。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t32661
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい