2008年11月01日

安芸の宮島(厳島神社いつくしま)

安芸の宮島(厳島神社いつくしま)



  わたしはいくつかの思い間違いをしていました。
 1 赤い鳥居は、本州側の海に建っている。
    フェリーで約10分、厳島の海岸に建っていました。
 2 鳥居の足は2本である。
    2本の鳥居に支えがあり、遠くから見ると6本に見えました。
 3 生牡蠣(なまがき)にはにおいがあって、食あたりになるときもある。
    こんなにおいしいものだったのかと考えを改めました。
    やわらかくて、ふくよか、とろんとして、もっちり、とてもおいしい。
    においもありませんでした。
 4 厳島神社の回廊はそれほど広くない。
    けっこう広い。見学のしがいがありました。
    1時間ちょっとかかりました。





























 フェリーから鳥居を眺めながら、平清盛とか源氏とか、850年ぐらい前にこの海をたくさんの船が行きかったのだなあと想いにふけりました。





 今度来るときには、厳島内で宿泊して、牡蠣(かき)づくしのお料理をいただいて、温泉につかり、夕陽を背景にした鳥居や社殿、回廊それから満潮時の神社のありようなどをながめたいものです。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t28149
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい