2019年04月01日

もしも宇宙でくらしたら 山本省三

もしも宇宙でくらしたら 山本省三 WAVE出版

 優れた絵本です。ためになります。おもしろい。
 小学生を含む家族が宇宙ステーションで暮らして、天野光くんがレポ―してくれます。
 読めば読むほど人間の英知はすごいと感心します。
 各ページに時計の絵があって、今何時かを示しています。午前6時30分からスタートです。6時40分におトイレと歯みがき、着替えをします。水が使えないので洗濯はしない。着替えは地球から運んでくる。着替えは4~5日に1回です。驚きました。
 朝ご飯を食べて、ステーション内の学校へ行きます。トースターから食パンが飛び出して、その飛び出す勢いに笑っちゃいます。何かと不自由な宇宙暮らしです。
 水の中で浮いている感じ。
 宇宙ステーションは、1時間30分で地球を1周回ってしまう。驚きです。
 いい本でした。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t133969
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい