2019年02月08日

七つの会議 映画館

七つの会議 映画館

 先日、DVDで「空飛ぶタイヤ」を観ましたが、同じような内容の映画です。
 会社の不祥事とか隠蔽(いんぺい)を問題視する中身です。
 数えてはいませんが、最初は劇中に会議が7つあるのだろうと推測しました。最後のほうの会議が、「御前会議」で、大企業トップ社長の前で開催する会議です。そのあと調査委員会の調査が最後でしょう。あとは、話のかたまりである章が7つあったのだろうと推測しました。
 いねむり六角(ろっかく)という係長が最初は感じが悪いのですが実は正義の味方というポジションで強敵に向かって行きます。
 群像劇です。人物をバトンタッチしながら真相に迫っていきます。
 なんだかんだと理屈をつけるけれども最終的に自分の地位と名誉を守るのが現実の責任者像になっています。
 危機管理を問う映画でもあります。
 歌舞伎役者さんが多いので、映画の雰囲気も歌舞伎風なところがあります。
 喜劇だと思って観た方が楽しい。真剣に観るとどうしたらいいのだろうかと悩みます。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t133170
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい