2019年02月07日

空飛ぶタイヤ DVD

空飛ぶタイヤ DVD 2018年公開

 「正義」を考える映画でした。
 トラックの脱輪事故で歩いていた母子の母親がタイヤにぶつかって事故死するのはきつい。
 よくできた人間ドラマです。
 途中、胸に刺さった言葉として、運送会社責任者の笹野高史さんの「きれいごとだけではやっていけません」、それから、途中で退職届を出された男性の「限界です」
 犠牲者家族のことを考えると、できるものなら、時間を戻したい。
 
 今、並行して、相棒シリーズを最初から観ているので、六角精児さんとか、岸部一徳さん、寺脇康文さんなんかが出ているので、心象が重なります。

 内部告発で正常化する。コンプライアンス(法令順守)。今話題の統計不正が重なります。

 こうなるといいなという夢を映画が実現してくれます。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t133154
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい