2019年02月02日

モリのいる場所 邦画DVD

モリのいる場所 邦画DVD 樹木希林 山崎努 2018年公開

 「これは、何歳のこどもが描いた絵ですか?」から始まります。
 有名画家・書家らしき人物役の山崎努さんは、昨日見た「世にも奇妙な物語」に出演当時は61歳ぐらいでしたが、今日観るこの映画では81歳ぐらいに達しておられます。外見にあまり変わりはありません。健康管理に気配りをされているのでしょう。

 映像は、写真のように止まったまま動かないことが多い。

 ジュリー(沢田研二の歌)、ダイヤル式黒電話、東海道新幹線開業のことを知らないらしき主人公のおじいさん、30年間家や家の庭から一歩も出たことがないという主人公はいわばひきこもりではないか。されど、客人は多い。絵や書が売れるから。
 
 庭には、植物、昆虫、白い猫、石、家にはたくさんの竹かごに入れられた鳥たち、そして、老いが近い人間たち、生きているものが、熊谷守一宅にはあります。

 庭には、地球を貫くような深い穴があいています。守一さんが30年間掘った成果です。穴は宇宙へつながったらしい。
 庭にある石は宇宙から飛んできたと思いたい。

 高層マンション建築による日陰被害の話が出るのですが、守一さんは建設を容認します。
 あきらめ、いつかは自分も死ぬ。自分のまわりにあるものも消失する。
 庭が広すぎる。かあちゃんが疲れてしまう。妻をいたわる愛情がありました。

 ところどころギャグめいたものがあり笑いました。

 きっと、何十年間も変わらない生活は疲れます。

(その後)
 実在の人物がモデルとは知りませんでした。1977年97歳で亡くなっています。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t133067
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい