ウォールフラワー 洋画DVD 2013年日本公開

 アメリカ合衆国高校生の高校生活です。主人公が男子高校生のチャーリー、彼を支えるのが兄パトリック、妹サムのきょうだい。
 高校生活をチャーリーがひとり語りします。彼は作家志望です。
 パーティ、恋愛、葉っぱ(ドラッグ)、ゲイ、下品なこともあからさまです。
 チャーリーはどうも幼児の頃に叔母から性的いたずらをされていたようで、叔母はその後交通事故死していて、チャーリーにとっては、そこが脳裏の奥底に埋もれていて、たまに発作のように脳の深い位置から記憶がよみがえります。フラッシュバックでしょう。けっこうきつい。
 人間の恥部をさらけだします。人間の根源は悪と肯定して、そこを克服しようとする試みがあります。始まって85分ぐらいが経過する頃に女子であるサムがチャーリーに、ちゃんと自分を愛して欲しいという主旨で話をします。その真剣な雰囲気がいい。
 妹のサムは、かわいくて美しい。ハリーポッターシリーズに出ている女優さんだそうです。シリーズはそのうち観てみます。観たことはありません。彼女のセリフで、「いっしょにばかなことをしよう」が良かった。

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい