東野・岡村の旅猿 カンボジア穴場リゾートの旅 ワクワク編とハラハラ編 DVD 2014年平成26年

 旅の目的は、「人魚になる」で、ビーチでスキューバダイビングを楽しむことです。
 アンコールワットに行きたくない東野さん、出川さんも行かないなら行かなくてもいい。岡村さんとつっつんさんは、カンボジアに来てアンコールワットに行かないなんてありえないと、そのあたりの対立が旅猿らしい。
 仕事とはいえ、いろいろな国に行けてうらやましい。
 東野さんの長ズボンジャージは、気温35℃には暑すぎる。1月から3月は暑いのでアンコールワット観光には向かないそうです。どうして三人とも買った帽子をかぶらないのだろう。
 出川さんは、もうガラガラのスーツケースはやめたほうがいい。
 会話のなかで、ほかのDVDでもそうですが、「世界の果てまでイッテQ」と「アナザースカイ」という旅番組がよく出てきます。どちらも観たことがありません。イッテQのほうは、やらせがあったようで、もめたニュースは読みました。
 カンボジアのビーチリゾートは日本では知られていませんがかなりいい環境のようです。
 アンコールワットは三人とも苦戦していて、言葉で「すごい」と三人は言うのですが、なにがすごいのか伝わってきませんでした。
 東野さんが、商店街の中でシャンプーをして、それを番組として、「ポテンホームラン」という位置づけがおもしろかった。

(ハラハラ編へつづく)

 のんびりゆったり、まったりの時間が経過して行って、なんだか、かえってつまらないと思いきや、いつものように波乱が襲ってきます。
 20代、30代の頃にきつい仕事をしていたからこそ、今はこうして優雅にできると話していた三人たちは大慌てになります。まず、岡村さんは急遽帰国です。本人には知らされていなかったようで、みんなショックを受けます。
 残ったふたりが宿泊するバンガローに行ったところ、暑いのにクーラーがない、シャワーの水の出が良くない。トイレは開放的。さらに、フィールドアスレチックでは、スタッフが本気で怒りだし、怒号が飛び、怒鳴られたスタッフは全身にじんましんが出て病院行きです。
 そんなこんなでいつもの旅猿の雰囲気に戻りましたが、離島のリゾートは開放的で、地球上のいたるところから若い人たちが遊びに来ていて意外です。とても内戦で苦労した国とは思えませんでした。

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい