怪盗グルーの月泥棒 洋画DVD

怪盗グルーの月泥棒 洋画DVD 2010年公開

 先日観た「ミニオンズ」の最後あたりで、怪盗グルーがちらりと登場しました。観たくなり借りてきました。
 怪盗グルーが登場するだけだと思っていたら、たくさんのミニオンズが出てきたのでびっくりしました。かわいい。
 ミニオンズは悪党を崇拝します。悪党は、アンパンマンにおけるバイキンマンであり、ポケモンにおけるロケット団のポジションです。悪役を好きなこどもたちもけっこう多そうです。映画のなかのグルーとミニオンズは悪役のようでそうではありません。ベクターというメガネの少年が悪役です。孤児院施設のパパもママもいないこどもたち三人が怪盗グルーをパパ扱いします。子どもにはかなわない怪盗グルーです。優しい。パパみたい。「寝る前に本読んでくれる?」とこどもたちがねだる部分がいい。
 そのほか、画像と動きを楽しむ映画です。立体的なアニメです。頭がへこんでいるグルー、目・鼻・口がまんなかに寄っている博士。グルーが関西弁です。よく耳を澄ませたら、家族に乾杯の鶴瓶さんでした。
 タイトルに情報を寄せると、月をちっちゃくして盗むわけです。ミニオンズのチームワークがいい。怪盗グルーは、立派な親に成長します。

Posted by 熊太郎 at ◆2018年09月17日06:25DVD・映画

この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t130742
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい