はじまりのうた 洋画DVD 2015年公開

 音楽映画でした。昨日見た「ラ・ラ・ランド」と合い通じるものがあります。

 冒頭の主人公はクソ野郎です。ニコチンとアルコール漬け、14歳の娘と一緒に無銭飲食の食い逃げ、ホームレス状態です。
欠陥のある主人公を登場させて、良い方向へ成長させていく。物語づくりのひとつの秘訣です。
 最初のシーンへ途中でバックして関連付けをする。見事です。
 音楽と歌が流れ続けます。二人芝居が延々と続くのはラ・ラ・ランドと同じです。
 ネット社会が始まった頃の音楽業界の問題点を指摘しています。
 CDを捨てることができますか。
 この曲はヒットさせるための曲じゃない。他人の反応を気にする曲じゃない。この曲の良さを生かすアレンジをするというようなところが気に入りました。

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい