2018年09月09日

ズートピア 洋画DVD

ズートピア 洋画DVD 2016年公開

 ズー(動物園)+ユートピア(楽園)=ズートピアなのでしょう。肉食動物が草食動物を食べない平和な社会です。

 警察官になりたいウサギさん女子がいるところから始まります。
 現実はユートピアのようにはいきません。
 ウサギは警察組織の中で差別されます。ここはウサギが就職するところではない。
 同様に社会ではキツネが差別されます。キツネはすべて詐欺師というレッテルあり。

 前半から中盤にかけては物語性が高く、さすがディズニー作品と感心しましたが、やがて理屈っぽくなり、後半の展開は尻すぼみでした。ギャングが出てきたあたり、警察署長のパワハラ、市行政の腐敗、リアルな大人社会でこどもさんには楽しめない内容です。あとは、時間が長すぎます。108分の映画ですが、20分ぐらいは短くできるような気がします。

 映像はきれいです。先日映画館で観た「ポケモン」とかDVDで観た「DESTINY 鎌倉物語」、「千と千寿の神隠し」などと共通する美しさがありますが、この映画はさらに立体的です。キャラクターの中に人間が入っているのではないと思えるものもあります。

 メッセージとして、平等な社会をつくる。人種差別をしない。

Posted by 熊太郎 at06:00

この記事へのトラックバックURL

※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい