2018年07月18日

DESTINY 鎌倉ものがたり 邦画

DESTINY 鎌倉ものがたり 邦画 DVD

 自分には合わない映画でした。
 DESTINYは運命、宿命。
 映画の内容は、知らなかったのですが、原作がマンガで、映像は、空想幻想妖怪霊魂ファンタジーです。
 江ノ電を模した電車一両が空中に浮かぶ長い線路を走る姿は美しかった。

 理屈っぽかった気がします。

 特撮はすばらしい。
 鎌倉の文学館に行ったことがあります。主人公たちの家が文学館の雰囲気でした。

 調べた言葉として、埒が明かない:らちがあかない。事態が進展しない。

 堺雅人 高畑充希


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t129750
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい