2018年05月24日

カラヴァル ステファニー・ガーバー

カラヴァル Caraval 深紅色の少女 ステファニー・ガーバー 西本かおる訳 キノブックス

 本屋大賞の翻訳部門の受賞作品です。毎年、この部門で選ばれる作品にははずれがありません。(ただ、今回のこの本は、わたしには合いませんでした。)

 カラヴァルというのは、年に1度開催される魔法のゲーム大会です。本作品はファンタジー(幻想)です。そこまでの事前情報を仕入れて読み始めました。

 姉がいて、妹がいます。姉は現在17歳で、10日後にどこかの伯爵と結婚する予定です。ファンタジーなので、子どもさん向けの作品かと思いましたが、内容は、エッチに興味が強い姉と妹であり(軽いアダルト)、父親は姉妹を虐待支配しているようだし、母親は、子どもを捨てて家を出ています。まあ、壊れた家庭です。

 カラヴァルで勝利すると、魔法で、夢をひとつかなえてもらえる。
 姉妹は、こっそり、いまいる島を出て、ロス・スエニョス島(夢の島)で開催されるカラヴァルに参加するべく移動しました。

 権力者の父親に支配されている島がトリスダ島、姉スカーレットは、結婚相手の伯爵が、父親から自分と妹ドナテラを解放してくれると期待している。(貴族は、他者依存で食べていく。できなくなれば、娼婦に身を落とすか、福祉の対象者になるというような記述があり、自活できない部類の人たちであることがわかります。)

 カラヴァル(魔法大会)でかなえたい夢とは、「(移動、職業選択、恋愛などの)自由」のような気がします。

 クリムゾン(深紅色)、スカーレット(緋色。黄色味のある赤)

(つづく)

 舞台になるロス・スエニョス島は、台湾北部にある「きゅうふん」のような雰囲気です。

(つづく)

 読み終えましたが、なんだか、よくわかりません。
 自分には合わない内容なのでしょう。読みこみ不足も否定できません。
 もう一度、速読で、読みなおしてみます。

 スカーレット・ドラグナ(スカー) ニックネーム クリムゾン(深紅色) は、20日に伯爵と結婚する。
 スカーレットの妹ドナテラ・ドラグラナ(テラ)が行方不明になった。スカーレットが妹を探し出すことが目的。テラは人魚になりたがっていた。
 内容が、遊園地の回転木馬とか、観覧車のような感じがします。1周して、元に戻る。これはゲームだ。現実の出来事ではない。だから、内容がないと、興味が失せます。結局、何も起こっていないのと一緒です。
 スカーレットの結婚相手は、ニコラス・ダルシー伯爵だが、スカーレットは彼に会ったことがない。(政略結婚か。人身売買のような記述もあり。)
 ダンテは、レジェンドと誤認されて殺された。ダンテは、前回のカラヴァルの優勝者なのに、カラヴァルの主催者であるレジェンドと誤認されるのだろうか。
 秘密事項が多くて、すっきりしない。

(つづく)

 父親マルチェロ・ドラグナと長女スカーレット・ドラグナの対立があって、母親パロマは、7年前、スカーレットが10歳のときに行方不明になった。
 スカーレットの妹ドナテラ・ドラグナがいる。彼女が、カラバル(魔法大会の主催者)のゲームマスターであるレジェンドにドラグナ姉妹の参加を依頼する。ふたりの案内人として、船乗りジュリアン・マレーロが登場する。
 姉妹は、ジュリアンの案内で、カラヴァルが開催されるロス・スエニョス島、カスティーリヨ・マルディート宮殿へ行く。途中、カサビアン時計店に寄る。店主アルジーに会う。また、一輪車乗りほか、複数の役を務めるジョバンに会う。(登場人物はみんな出し物の役者で、役を演じている。)
 シルクハットは、レジェンドの目印だが、だれが、レジェンドかはなかなかわからない。
 アイコ、ダニエル伯爵、カスパール、クリムゾン、アナリース、フェリペ、ニコラス・ダルシー伯爵、ダンテ、ヴァンティナ、ナイジェル、ローザ、たくさん出てきます。

 キスとか抱擁とか、エッチな雰囲気がただよう作品でした。

 ちょっと、わたしには、無理な世界でした。

調べた言葉として、「フロックコート:19世紀のヨーロッパで男子が着たコート」、「封蠟:ふうろう。封筒の封をするためのシールみたいなもの」、「黒真珠:黒蝶貝からとれる真珠。白はアコヤ貝」、「ターコイズブルー:緑がかった青」、「セージ:草。紫色の花が咲く。」、「ベルベット:生地。柔らかい。」、「デコルテを見せるデザイン:美容用語で首から胸元」

心に残ったフレーズとして、「人生には安全より大切なものがある。(歳をとるとそうは思えない。主人公は若い。)」、「始まりはいつも恋」、「おばあさまのお話が目の前で現実になっていく。」、「結婚は幸せいっぱいのものじゃない」、「母パロマは家族を捨てた。」、「自分の子供の部分はよろこんでいるが、おとなの部分は戸惑っている。」、「駒として、ゲーム盤にのせられているような気がする。」、「1時間、声を貸す。」、「ガラスの鍵」


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t128831
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい