2018年04月05日

しょせん幸せなんて、自己申告 綾小路きみまろ

しょせん幸せなんて、自己申告 綾小路きみまろ 朝日新聞出版

 まじめな本でした。今年読んで良かった1冊です。

 語り口調の文章です。笑いが漏れます。
 めげないで! という励ましがあります。
 「縁と運と努力」
 作者と類似体験があるので共感できます。
 縁で考えると著者の場合は、鹿児島出身という地縁が大きい。

 ネタがおもしろいことが最大の魅力ですが、本の中では、はじめのころはうけなかったとあります。不思議です。

 何事も、「メモ魔」 であることは、重要です。

 すべては、「模倣」 から始まる。

 最終学歴は、「自動車学校」 笑いました。
 「意地」 ばかにされたら、やりかえす。

 お金を追いかけることをやめる。目的は、別のことを挙げる。
 最初は、「無料で配る。」
 成功の秘訣が書いてあるテキストです。
 人のために働くという意識付けが大事

 いい言葉として、「形や大きさを比較するのではなく、器を満たすことに集中する。」
 歩みを止めない。
 とにかく走り出す。
 あの世へは何ももっていけない。
 
 夫婦関係の記述のあたりから、おもしろくなくなってきました。夫婦とはそういうものでしょう。他人には触れられない。説得力が低下します。
 女性が自立するためではなく、世帯の収入が低いから、妻も働く。働き出した女性は、経済的に自活できるから、離婚する。あるいは、結婚しない。

 妻をほめる。

 健康寿命を延ばす。男子、現在71歳。その先は、病人

 タイトルの「自己申告」は、気の持ちようと解釈しました。

 まじめに生きる。あいさつをする。悪いことはしない。

調べた単語として、「寛ぐ:くつろぐ。読めませんでした。」、「囚われる:とらわれる。同じく、読めませんでした。」、「馬喰:ばくろう。馬や牛の世話をする仕事」


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t127991
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい