2018年04月04日

路上のX 桐野夏生

路上のX(エックス) 桐野夏生(きりの・なつき 女性66歳) 朝日新聞出版

 昭和時代のルポルタージュ風(報道)、世相を素材にした、この場合16歳女子高生の性ビジネスとか、両親破綻による育児放棄とか、暗いお話が始まりました。読んで、幸福感を味わうお話ではないので、いやになり、流し読みに入りました。

 魅力ある出だしです。真由の家がありません。両親行方不明、叔父宅は他人宅です。
 夢も希望もない。リアルです。

 信頼関係のない「お金」 だけの世界です。
 家族なんてという小説です。
 自分を貶めた者に対して「復讐」する。まあ、そういう展開になるという流れです。アルコールとかレイプとか、酒飲みの男、金銭管理のできない男とは、結婚しない方がいい。

(つづく)

 もう、この作家さんの作品は読まないと思う。
 読み終えました。
 読後感の良いものではありません。

 義父からのレイブ
 お金を盗む。
 妊娠、中絶、倒錯した世界
 16歳の頃はどうだったか、あまり記憶が残っていない。
 その先の成人してからの世界のほうが、はるかに永い。
 
 人間は、もっと豊かな気持ちで、まあるく暮らしている。日々の時間は流れている。なのに、作品内容は極端で、暗い決めつけがある。現実社会はそうじゃない。
 全部の男性が、女性の裸を一日中想像しているわけでもないし、女性のすべてが、エッチをいやがっているわけでもない。男女ともに、仕返しを常に頭に置いているわけでもない。

 なんでもかんでも、「ネット」 です。異常。
 
 資料を読んでいるような感じがあります。

印象に残った単語として、「(女性を)玩具(おもちゃ)」、そして、「お母さん」、「もう、もとのあたしには戻れない。」

 警察職員宅に非行少女が泊まるあたりから、構成が破たんしていく感じがありました。設定した場面が実際にあるとは思えない。

調べた単語として、「オール:一泊、店舗等で一夜を明かす。」


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t127974
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい