2018年03月02日

どうすれば、売れるのか 木暮太一

どうすれば、売れるのか 木暮太一(こぐれ・たいち) ダイヤモンド社

 アイデア指南本なので、あまり内容を書くとまずいので、控えめに感想を出します。

 ものを売るためのコツ(秘けつ)です。

 営業職の人には役に立ちます。

 発想の転換があります。自分中心の視線ではなく、あなた中心の視線で見るから始まって、いろいろなアドバイスがあります。
 ごもっともです。経験によって培われた理論があります。

 商品の質が基準をクリア―していることはまず、当たり前のこと。
 相手が欲しいものを売る。(魅力)
 
 むずかしいのは、「資格」、そして、「信頼性」だと思いました。だれもが、医者や弁護士ではありません。

 見せ方ではなく、見え方。

調べた言葉として、「ニッチ:すき間」

 あなたの人生を変える1冊なのかもしれない。活用するのはあなたです。

目次を見て、 「おわりに」を最初に読みました。それから、内容を読みました。ふーむと考えさせられました。大きな利益を得るためには、同等に失うものがあるのかもしれません。


この記事へのトラックバックURL

http://kumataro.mediacat-blog.jp/t127385
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい